甘味料、高果糖液糖・フルクトースコーンシロップには要注意


技術の進歩というのは、
非常に素晴らしいものですが、

食品業界における技術革新は、

時に消費者である私たちに
被害を与えることもあります。

もちろん、糖分というのは
体に必要な栄養素の一つですが、

その量と質が変われば、

体にデメリットを及ぼす
ようにもなるのです。

炭水化物に含まれる
ブドウ糖はタンパク質を糖化し、

AGEを生み出します。

これにより、人を老化に追い込む
「スローミイラ化」が始まる、

と以前紹介しましたが、

AGEは糖尿病の原因物質でもあります。

そのブドウ糖よりも、

更に危険な糖類があるので
ここで紹介しておきます。

それが、

「フルクトースコーンシロップ」

と呼ばれるものです。

裏のラベルをチェックしよう!

糖分を過多に摂取すれば、

もちろん体重が増えて
ダイエットは困難になりますが、

糖化という現象により
老化が加速するものです。

フルクトースコーンシロップ

というのは、ペットボトル飲料や
コーヒー飲料などに多く含まれる
甘味料なのです。

こうしたものを飲むときは、

商品ラベルの原材料名を
しっかり確認してください。

ラベルに、

「果糖ブドウ糖液糖」
「高果糖液糖」

などと書かれている場合、
注意が必要なのです。

砂糖、ブドウ糖というものが、

ダイエットや健康を害するリスクが
あると消費者は理解し始めたため、

ラベルに書きにくくなりました。

そこでメーカー側が新しく
作り出した甘味料なのです。

新しい甘味料は誰にとって便利?

フルクトースコーンシロップ

というのはどのような甘味料
なのでしょうか。

フルクトースコーンシロップは、

トウモロコシから抽出された
果糖のことで、

砂糖の6倍もの甘さがあります。

1970年代にアメリカで
砂糖の代用品として生産され始めました。

砂糖に比べて簡単に安く製造でき、
熱に強くて変質しにくいのが特徴です。

現在、日本ではペットボトル飲料や
コーヒー飲料だけでなく、

お菓子や焼肉のたれまで
幅広く使用されています。

辞められない止まらない…は危険!

なぜ新しい甘味料高果糖液糖・
フルクトースコーンシロップは、

砂糖より体に悪いのでしょうか。

実は、

この甘味料はブドウ糖に比べ、

AGE化するスピードが
10倍も早いと言われています。

依存性もブドウ糖よりも
強いことがわかっています。

一度摂取すれば、

脳がもっと欲しいと暴走
しやすいのです。

お菓子やジュースを取り始めると
なかなか辞められない、

ついつい食べ過ぎる
ことがありますが、

その要因の一つはこの新しい
糖分のせいかも知れません。

特に幼少期の味覚を覚える時期に
この甘味料に慣れると危険です。

今、子供達は、

この甘味料の入ったジュースなどを
幼い頃から頻繁に飲んでいます。

ジュースの味を一度知れば、

どこへ言ってもすぐに
「ジュースが欲しい」と
執拗に要求するようになります。

これが体や脳の成長に対して
どのような影響を与えるのか?

あるいは、習慣化して大人に
なっても辞められなくなれば
どうなってしまうのか?

想像すると恐ろしくなります。

こうした依存性が高果糖液糖・
フルクトースコーンシロップ

にはあるのです。

しかし、飲めば飲むほど
体内で糖化が急速に進むのです。

美容、健康、長寿を目指す上で、
甘みとの付き合いには、

危険性があるわけですから、
しっかり注意をする必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>