ユダヤ人の音読、暗唱の習慣は最強の頭脳を作るトレーニング

ユダヤ人の音読の習慣は最強の頭脳を作る
今回のテーマは、

ユダヤ人の音読、暗唱の習慣は
最強の頭脳を作るトレーニング

について紹介します。

私たちの脳は刺激で活発化し
活性化して行くものです。

そして巷にはたくさんの
脳を鍛えるテクニックがありますが、

頭脳活性化の第一歩はまず
「読む」事から始まります。

読むという行動は「黙読」では
いけないのです。

漢字で「読」という言葉の本来の
意味は声を上げて読むことなのです。

英語の「read」も元々は
声に出して他人に助言する

という意味からきています。

ヘブライ語で読むという意味の
「カラー」という言葉も、

人に呼びかけるという意味が
第一の意味です。

ユダヤ人のひたすら音読を
繰り返して暗記する習慣

最強脳を作る可能性があります。

ユダヤ人の伝統的な勉強法を
一番良く表しているのが、

イエシバと呼ばれる
ユダヤ学院でしょう。

イスラエルのイェシバーを
訪ねると見る光景が、

そこで学ぶ生徒たちは、
トーラーやその注解書である
タルムードなどの

分厚い本に向かい、
ひたすら音読しているのです。

「トーラーの勉強は
他の勉強とは違います。

教室では先生の話しに耳を傾け、
図書館では書物に向かって、
学生は静かに勉強します。

しかしイエシバでは、
学生はトーラーを

声に出して、騒音をたてて、
全身全霊を持って学ぶのです。」

とあるユダヤ人ラビが言っていました。

スポンサーリンク

最強の頭脳を作るユダヤ人の音読の習慣

多くのユダヤ人が聖書を
暗唱してそらんじることができます。

それだけでも驚異的な
記憶力だと思うのですが、

5000ページにも及ぶ
タルムード全巻をそらんじる
強者もいるようです。

ちなみにタルムードと言うのは
ヘブライ語で「学ぶ」という
意味の言葉ですが、

今ではユダヤの賢者たちの
口伝の伝承を集めた膨大な量の
書物と言う意味です。

こうした神の教えは黙読して読む…

ではおさまらず音読して
暗唱することにユダヤ人に摂っては
意義があることなのです。

ユダヤ神学校などでは、

音読するユダヤ人は
一人だけではなく、

多くの学生たちが、
それぞれ好きなペースで声を
あげて読んでいるので、

その声を外まで
ワイワイガヤガヤと響き渡ります。

その騒音は邪魔になるのではないか?

と考えがちですが、

それも慣れてしまうそうで、

むしろ興味深いのは、

ある程度騒がしい方がかえって
集中できるといいます。

確かに私も自宅で無音の状態で
なかなか勉強がはかどらず

ある程度騒音のあるカフェにいくと
かえって集中できる事もあります。

一般的に人間は
視覚のみを使った勉強で満足してしまいます。

つまり読んで覚えようとします。

しかしそこに声を出して学べば、

もう一つの感覚、聴覚も
使うようになるので記憶に厚みが加わるのです。

声に出して勉強すると

心に記憶され、記憶として
刻まれる事になるのです。

さらに全身を使うほど
最強の頭脳を作るトレーニング
となるわけです。

音読、暗唱の頭脳への影響

最近では日本でも、
脳を鍛え、感性を育てる
学習法として音読が勧められています。

脳機能学者の川島隆太さんも
音読ほど脳を活性化させる
活動ではないとも言います。

川島さんによれば、

音読で声に出した場合と、
黙読したときは

脳のほぼ同じ場所が働くそうですが、

音読の婆全体的にその
範囲が広くなり、

「物事を考えたり、
覚えたりするときに働く」

前頭前野や、

「言葉の意味を理解
しようとするときに働く」

ウェルニッケ野がたくさん活動し、

その活動する範囲は

大脳全体の70%以上になり、
それほど多くの神経細胞が

一斉に活性化するのです。

川島さんの数百以上にのぼる調べによれば

音読ほど脳が活性化するものを
見た事がないそうです。

音読、暗唱の習慣は最強の頭脳を
作るトレーニングということです。

日本でも音読は行われていたが…

時代劇での寺子屋のシーンでは
子供たちが大きな声で本を読む姿が見れますが、

現代社会では高学年になるほど
黙読をするようになっています。

日本で最近では、
江戸時代の寺子屋で行われていた
四書五経などの

音読が見直されています。

山口県の萩のような一藩府で、

多くの弟子を育て、
明治維新と言う新しい
日本を作る原動力となった

吉田松陰と言う人がいますが、

その松陰も子供の頃、

叔父の玉木文之進から
ひたすら兵学書を

音読、暗記、暗唱させられた
など伝記などに書かれています。

例えば、

教科書の内容はなかなか
覚えられないのに、

好きな歌手の歌なら
すぐに覚えてしまったと言う
経験は無いでしょうか?

教科書であれ歌詞カードであれ
見ただけで丸暗記しようとなると
相当苦労するはずです。

しかし好きな歌は歌って覚えます。

このとき、目で文字を追い、
指で歌詞を押さえ、口で朗読し、
身体でリズムを取って、

さらに耳で自分の声を聞く、

脳が活性しない訳がありません。

こう言ったトレーニングを
習慣にすれば脳がきら得られます。

普段からこう言う読み方で
教科書、読書をすれば、

試験対策や勉強にも役立つはずです。

その音読、暗記、暗唱を二千年以上
ひたすら繰り返し行ってきたのが

ユダヤ民族なのです。

そんなユダヤ人の音読の習慣は
最強の頭脳を作るのです。

ぜひ参考にしたいですね。

最強の頭脳を作るトレーニング

脳を鍛えることに興味がある
日本人は多いでしょう。

頭脳を活性化させるトレーニング
の目的は何でしょうか。

それはやはり神の教えを守る…
というよりも、

考える力を高め、意義のある
充実した生活を送ること
にあるのではないでしょうか。

その為には机に向かって
教科書を読むというだけでは
あまり効果を生まないのです。

頭脳を含めて考える為の
諸々の感覚を鋭敏にし、

その機能を最大限に引き出しておく
ということが大切です。

古代イスラエルの格言に

「腎臓が善悪の判断をし、
腸が悲しみを感じ、
心臓が理性的な働きをする」

というものがあります。

つまり全身に考える機能がある
という考え方です。

現代の脳機能学では
もちろんそのような理解の仕方を
認めません。

大脳で思考し、大脳で感情が沸き、

大脳の指令で各臓器からの
ホルモン分泌が調整され、

全身の働きが調整される…

そのように現代医学は考える訳です。

ユダヤ人の音読、暗唱トレーニングの秘密

もちろん解剖学的に言えばそうでしょう。

しかし、実際に人間らしく、
知情意を含めて主体的に生きるとき、

脳だけが関わっているのではなく、

生きること、考えることは、

生きる為の全ての器官を
フル活用していると言えます。

頭脳の活性化を脳だけの作業と考え、

脳だけのその機能と責任の
全てを集中させると、

かえってバランスを崩し、
変調を来すことになります。

例えば、

失恋でフラれ悲しくなると
食事が喉を通らなくなります。

そうして落ち込めば、
何かを判断する事さえ嫌になります。

イライラすると、血圧が
上がるばかりか、

短絡的な思考になります。

また食欲がなくなれば
頭に栄養が行き届かなくなり、

ボーッとしてきます。

ストレスが溜れば、
判断ミスも多くなり、

感情的になったり
引きこもったりするかもしれません。

こうした症状のすべてを
脳の責任にしては行けません。

人生は全身の器官を適切に
役割分担させて、

お互いに補いあって行くべきです。

健康て健全な生活を送る為には、

全身で考え、全身を適切に
保つことが重要なのです。
勉強するときに「何かを読む」

というのは基本ですが、

黙読では視覚しか使いません。

音読であれば、さらにたくさんの
器官が刺激される訳です。

さらに全身を使うならば…

最強の頭脳を作るトレーニングの
理想型がこの辺りにあるでしょう。

ちなみにあるユダヤ人は、

聖書やタルムードの一節を
身体をゆすって思い出し、

そこから記憶を頼りに暗唱を始めると言います。

なぜ思い出す時に身体を動かすのか?

次回こうした身体の運動をする事と
脳を使うことの効果について、

詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>