ユダヤ人の脳の構造、賢さの理由は遺伝、環境、職業選択説?


私たち人体には、アジア人でも
欧米人でもアフリカ人でも、

子供でも大人でも老人でも、

基本的に似たような脳を
持っているものです。

そこで何かしらの違いが生まれる。。

世界的に知性が高いと言われる
ユダヤ人の脳の構造は特殊なのでしょうか?

彼らの賢さの理由、優秀さは
遺伝でしょうか?環境なのでしょうか?

あるいは職業選択説と言う説もあります。

ユダヤ人が賢い理由、
その知力の高さを物語るのに

持ち出される事例が、

人類平均の150倍にも達する
ノーベル受賞率があります。

世界人口の0.2%にすぎない
ユダヤ人人口ですが、

ノーベル賞(平和賞を除く)
受賞者に占めるユダヤ人の比率は

約三割にものぼります。

また知的偉業を生み出す前提として、
ユダヤ人のIQの高さがあげられますが、

近年の研究では、

アメリカ人平均の100に対して
ユダヤ人の平均値を115とする
測定するものもあり、

物理学や数学の分野など
IQ140以上の人間に限れば、

ユダヤ人はアメリカ人の平均の
6倍の割合と言うデータもあります。

ユダヤ人の脳の構造、賢さの理由は遺伝か?

その賢さの理由を説明するのに
登場するのが、

血統的優秀さで説明しようとする
遺伝説です。

つまりユダヤ人は遺伝的に
脳の力が高い民族なのでしょうか?

中でも淘汰説というのは、

迫害が激しかった時代には
賢いものだけが生き残り

愚かなものは淘汰された
というものですが、

これは説得力に乏しい説でしょう。

例えば、ロマ族(ジプシー)は
ユダヤ人と同様に迫害され続けましたが、

ユダヤ人ほど知力を発達
させる事はありませんでした。

さらにユダヤ人の中でも商売で
成功して富を得た商人(=賢い者)

ほど、迫害の際には真っ先に標的とされ、

殺される可能性が高かったのです。

ユダヤ人の脳の構造、賢さの理由は環境か?


あるいは環境がそう
させたのでしょうか?

もし遺伝であれば、
まさしく彼らは神に選ばれた
特殊な民族
であって、

私たち日本人も他民族も
彼らに敵わないでしょう。

でも恐らくそうではないと思います。

同じような肉体や脳を持って
この世界に生まれてきているはずです。

ユダヤ人の賢さの理由を
唱える説は他にも様々あります。

例えば、

ユダヤ人は学問、文化の中心である
都市に集住し、

高い教育を享受できる豊かさを得た事、

長い間疎外された事で
世に認められたいと願う気持ちが
人一倍高まったという自己顕示欲説

次に

「学者が尊敬される社会だった」

と言う説もあります。

ユダヤ人社会では、財産を持つ
無学な者より貧しい学者の方が、

結婚相手獲得をめぐる
競争で勝利を収めたという主張です。

こうしてユダヤ教学者が
子孫を増やせたのに対し、

カトリック社会では最も
賢い子は司祭となり生涯独身で過ごし、

子孫を残さなかったというものです。

…しかし、この説も
信憑性には乏しいものです。

現実には裕福なユダヤ商人が
一文無しの学者を自分の娘婿にする
事例は少なかったからです。

ユダヤ人の脳の構造、賢さの理由は職業選択説?

或は職業選択説
というものもあります。

9〜10世紀、ユダヤ人が
西欧、中央へ次々と定住し始めてから後、

彼らの就ける仕事は、金融業、商業に
法的に限定されていきました。

この限定の中で知力が磨かれた
といものです。

確かに一理ありますが、
その賢さというのはあくまで
ビジネスに限った所、

IQやノーベル賞につながるでしょうか・・

色々な議論があるでしょうが、

この議論に関するひとつの答えになる
であろうある科学的発見があります。

今から25年前、1980年代
アメリカのカルフォルニア大学バークレー校の

マリアン・ダイアモンド博士たち
科学者グループが

生活環境の刺激が脳や知性の働きに
非常に大きな影響を及ぼす事を
発見し、発表しました。

現代日本でも多くの科学者や
研究者、教授たちによって

脳のトレーニングなど
脳への刺激を与える事で、

知力も変化する事が
明らかになっています。

脳は遺伝よりもむしろ環境によって変化する

しかし、それ以前は一般的に
神経科学者の間では、

人間の脳と知性は遺伝
によって既に形作られていて

それが環境によって変化すると言う
事などないと考えられていました。

しかし、ダイヤモンド博士の
研究はそれらの通説を覆すものでした。

ダイヤモンド女史の実験では

遺伝的に同一種のネズミを 
以下のグループにわけ

一つは、狭い檻の中で1匹だけ
餌と水だけを与えて育てられました。

二つ目は普通の広さで3匹のネズミが
普通の環境で育てられました。

三つ目は、輪回し、階段、迷路などの 
遊び道具がある環境で10匹のネズミ
が育てられました。

つまり、刺激のない環境から豊富な
環境と言う3つの環境に分けて、

幼いときからネズミを育て
大人に成長してから、知能テストをしました。

すると驚くべき結果が出たそうです。

3グループのネズミの知能レベルは
1、2のグループと比べて、
明らかに賢く育っていました。

学習能力や記憶力は、格段に伸びたそうです。

さらに3グループのネズミの脳の
重さは約5%重くなり、大脳皮質も
より厚く硬くなったそうです。

この5%の脳の重さの違いとは、
人間の進化の歴史を振り返って考えると

現在の人間の脳の重さの平均は 
1300gと言われていますが、

100万年前の人類の脳の重さが 
1100gだったとのことです。

つまり100万年かかって 
200g増えたわけですが、

この計算で行くと

脳の重さが今より「5%増える」
ということは、約数十万年の時間を
要するとのことです。

それだけの進化を環境の
違いだけで生み出したのです。

ユダヤ人の脳が鍛えられる秘密とは?


つまりユダヤ人の脳は
その民族的習慣が故に

幼い時から脳に刺激を与える
習慣がある事が、

ユダヤ人の知性を伸ばす事に
最も影響を及ぼしているのです。

つまり環境が彼らの脳を鍛え
優秀にしたのだと言えます。

博士は実際に人間の脳は
刺激させる事によって、

知性を増す事ができると言う事を
証明したのです。

これは脳科学の革命といわれました。

ダイヤモンド博士は著書
「環境が脳を変える」の中で、

脳(インテリジェンス)は
遺伝的要因と外側の環境から
受ける刺激との両方によって作られる

と言う事を明らかにしています。

脳は環境などの外的要因に
刺激を受けるとき、

主に情報処理などを司る
ニューロンと呼ばれる神経細胞が
作られると言いますが

特にそれは生まれてから3年間が
最も活発だと言われます。

つまりダイヤモンド博士はこの発見は

ユダヤ人が民族を挙げて
習慣として行っている読書や議論

そして学習と言う活動が、その脳を鍛え
知性を発達させるために重要である、

と言う事を証明したのです。

この辺りの彼らの独特の習慣や
秘密の教育法なども

このサイトでは詳しく紹介して
行くつもりです。

脳を鍛えるためにできる事

環境が脳を決めるのであれば
これは私たちにもできる事です。

つまり天才は生まれつきのものではなく、
頭を使うことでつくられるということ、

適切な環境を与えてあげれば
脳を鍛える事ができるのです。

ちなみに

ユダヤ人でもあり天才物理学者の
アインシュタインさん、
 
彼の脳の容量は一般よりも
小さいと言われています。

しかしマリアン・ダイアモンドさんは
ネズミの実験で、

刺激的な環境で育ったネズミたちの

毛細血管は広く、神経膠細胞の
密度が高いことを発見し

同様に、アインシュタインの脳を調べて
神経細胞の密度が高いこもを発見しました。

そして私たちも密度を高める
事は誰にでも可能なのです。

脳の賢さを決める要因は
一つではありません。

様々な要因が積み重なっているのが
事実でしょう。

遺伝もあります。職業にもよります。
時代や社会状況も関わってきます。

が、やはり環境は大切であり、

独特の脳を鍛える環境にユダヤ人が
おかれているのも事実です。

これから脳を鍛えるための
ユダヤ人の独特な習慣について紹介して
いくので楽しみにしていてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 人事部長 より:

     いずれにしてもSPC財団はキモイ。

    • admin より:

      人事部長様、コメントありがとうございます。
      SPC財団?とは何か分からないのですが、
      何かしら参考になれば幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>