ユダヤ人の赤ちゃん子供への読み書きの徹底教育で奇跡が起こる


世界中の親は子供の教育に熱心です。

日本人の親ももちろん
子供への教育は最大の関心でしょう、

しかしその教育熱心さは、

お受験熱心、お塾熱心なだだけで

家庭教育にはあまり
信念が無いように感じます。

テストで良い点数をとる事が
勉強と思い込んでいるようで、

子供のうちから、
赤ちゃんのうちから、

得意な分野の才能を見つけ
引き出し、磨いて行こう
という意志が少ないようです。

これは実際には教育の
本質を見失っている気がします。

一方で世界で家庭教育を
最も重視するのが、

ユダヤ人でしょう。

中でもユダヤ人の教えの一つでは、

親がその子供に読み書きを
徹底して教えるときに

子供の中に奇跡が起こると言われます。

だからユダヤ人は子供に
読み書きの教育を徹底し、
それが将来的に脳を活性するのです。

最近の脳科学の研究では

まだ読み書きができない
赤ちゃんの脳でも

読み聞かせで働きはじめる事が
分かってきています。

それどころか、
お腹の中の胎児も母親の声などを
聞いていると言うデータも出ています。

きちっと言葉を理解しているかどうかは
実証されていませんが、

胎児が音を聞き分けていると言うのは
脳の特性として分かっています。

子供への読み聞かせが脳を発達させる

特に言語能力というのは、

幼い頃から色々な言葉に
接しているほど、

身につけるのが簡単になると言います。

日本の教育では

「英語の前にまずは日本語」

などという人が多いですが、

最高峰の学歴を持ちながら
社会に出ても簡単な英語での
日常会話もできない日本人と、

エリートでなくても、
バイリンガル、トリリンガルが
当たり前のユダヤ人をみると、

どちらが有利になるかは
ハッキリしているように見えます。

ある日本の大学教授は
言葉を覚える前から

「世界童話集」など

お母さんが毎日のように
読み聞かせをしていて

それが脳の発達に役立ったと
言っていましたが、

これは理にかなっています。

ただしこれは家庭ごとで優劣が
ついてしまうと言う事ですね。

ただ、ユダヤ人にとっては、

この読み書きの徹底は
単に子供に本を読み聞かせる

と言った本の読み方を教える
という事とは違うようです。

ユダヤ人の先祖が地球上で唯一、

いちども

「文字を読めない民からなる集合体」

ではない民族であり続ける
事ができたのは、

彼らが代々その子供たちに

宗教を通じて「読み方」を
教え続けてきたからなのです。

考える力の最も根源的な能力である
「読み書き」の習慣を、

赤ちゃんの頃から徹底するのです。

ユダヤ教とキリスト教の違い

つまりユダヤでは、

神によって

「生涯にわたり学ぶこと」

を求められているのです。

だからこそ自然に勉強し、
親は子供に教育を熱心にするのが
当然の環境になるわけです。

そして学ぶことの楽しさを
徹底して教えるのです。

そんな環境から多くの
成功者が輩出されるのは、
言うまでもないでしょう。

こうした事は宗教観の
違いにも出るものです。

聖書を知らないクリスチャンと言う
矛盾から宗教革命が始まり

プロテスタントが始まった
と言う話しもありますが、

例えば、信者に絶対的な
服従を求めるキリスト教教会の
聖職者たちは、

信者が読み書きや聖書についての
知識を身につける事を嫌っていました。

日本でもお経や修行を
信徒に課す仏教伝統よりも

「南無阿弥陀仏」

と唱えるだけで極楽浄土に行けると言う
お手軽な思想が人気を得たりしました。

しかし、
それに対してユダヤ教では、

彼ら一人一人に読み書きの
能力を持たせ、

教養を身につける事を
ユダヤ教の指導者も親も
非常に熱心に促進させたのです。

その結果、ユダヤ教の経典の
解釈についても

に定められた生活の規則の
解釈においても、

各々の考え方やアイデアを
互いに議論し合うのです。

また、それはユダヤ人の生活の一部です。

現在、法廷などで雄弁な
弁護士にユダヤ人が多いのも

そういった読み書きの徹底教育
という土台から生まれた事でしょう。

子孫代々に教育をしていく秘密

あるユダヤ人に

「子供の教育はいつ始めて、
いつまでやるべきか?」

というような質問をした所

返ってきた答えは、

「いつまでも、ずっと」

というものでした。

ユダヤ人にとって教育と学習は
未来永劫に続くものです。

いつ初めても早すぎる事はなく、
いつ初めても遅すぎる事は無いのです。

いい学校に入る、いい会社に入る、
資格を取る、良い点数を取ること、

が、ゴールではないのです。

学ぶことは生きることなのです。

読み書きを教えるのも、

赤ちゃんの頃から、

子供が文字を覚え始める前から
始めれば、それに越した事は無いですが、

5歳からでも10歳からでも
遅すぎる事はありません。

さらに言えば、大人になっても
60歳70歳になっても
覚える事はたくさんあります。

まさに「生涯学習、生涯教育」なのです。

こうした伝統が家庭の
文化として根付けば、

あなたの子孫から、未来永劫

個性豊かな優れた子供が
輩出していくのではないでしょうか。

この考え方から学ぶことは
たくさんありそうです。

読み書きそろばんは脳を鍛える


最近の日本の学校教育では
「ゆとり」というの名の下、

「つめこみ」が避けられ、

考える力、生きる力を
育てる事が強調され、

理にかなった強制のもと
我慢を持続する

「読み、書き、計算」

と言った学習がないがしろにされてきました。

計算なんてつまらない、
こんなもの役に立たない

と言う子供たちの気分に
迎合してしまった

とんでもない風習のようにも感じます。

読み書きそろばんと言った学習は

脳を活性化させるだけでなく、

考える力や生きる力を育てます。

そのスキルを身につけるプロセスが
「脳の全身運動」になり、

脳が育ち、ものを考える
能力も高くなるのです。

確かに、矯正して無理やり
詰め込むのはよくありません。

でも子供は楽しく勉強する
という意識を持てば、いくらでも
物事を覚えていくのです。

ユダヤ人の間では、

学問をする、学習をすると言う
雰囲気が非常に発達しました。

そして彼らはひとつの神を信じ、

その知的生活を追い求めると言う
生活様式を長年の間守り抜いてきたのです。

そしてそれは赤ちゃん、
子供への教育にも現れます。

読み書きの徹底教育で奇跡が起こる

と信じられ、

そして祈りの中で、その掟を唱え、
守る事によって

何千年もの間、
知性のある民族であり続けたのです。

平均的に優秀な人の多い
日本人と、

特異な分野での天才が輩出する
ユダヤ人の、

大きな違いがここにありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>