シェマの祈りに隠されたユダヤ人の知能を高める天才を作る秘密

「シェマの祈り」に隠されたユダヤ人の知能の秘密
今回のテーマは、

シェマの祈りに隠されたユダヤ人
の知能を高める天才を作る秘密

について紹介します。

起業家、医師、弁護士、作家、
大学教授に研究者、

ミュージシャンや画家、芸術家

など頭脳を使う職種の中で
突出した結果を出す人の多くに
なぜかユダヤ人の割り合いが多く占めます。

いわゆる天才を輩出する
彼らの秘密は…

当然生まれつきのものではありません。

彼らの伝統や習慣をみると
こうした秘密が垣間みれます。

その一つが「祈り」です。

当時からユダヤ人が、そして今も、
毎日朝夕2回唱える「シェマの祈り」

この祈りにユダヤ人の知能の秘密が
隠されていると言います。

旧約聖書、申命記からの引用の祈りですが、

これがモーセの十戒の中で一番大切な戒めで
旧約聖書のなかでも一番大切なものだそうです。

ユダヤ人が優秀である秘密のひとつは
幼児期の両親の教育にありますが、

それは宗教的習慣の中にも見られます。

特にシェマの祈りの言葉は
知能を引き出す上で重要です。

ユダヤ人の両親が子供たちを愛し、
育てる事の中で、

大変重視している事があります。

それはユダヤ民族が先祖代々
語り継いで、読み続けてきた、

ユダヤの教典、トーラー、祈禱書を読ませ、
記憶させると言う事です。

スポンサーリンク

アインシュタインもそらんじるシェマの祈り

事実、ユダヤ人には優秀な人が多く、
平均IQも高いと言われています。

ただその優秀さは、
あるユダヤ人が目覚めたときに、

急に高い知性を持つようになった…

といった魔法のようなものではありません。

知能を高める工夫があり
その努力を怠らないという事です。

生まれつき優秀だと言う訳ではないのです。

例えば暗記の習慣は
知能を作る上の土台となります。

それがユダヤ社会では幼少期の
赤ちゃんのころから宗教的伝統
として培われているのです。

幼い頃から両親たちとともに
祈禱書などを読み暗記しながら、

ユダヤ人の勉強法を身につけるのです。

特にその中でも
トーラーの中の「シェマの祈り」には
秘密があると言われています。

ユダヤの人々が優秀なのは、
彼らの先祖が「シェマの祈り」という

ユダヤ教で最も良く知られている
神の掟を従順に守ってきた事の
結果だと言われます。

もちろんユダヤ教を学んだ
アインシュタインをはじめ多くの
ユダヤ人の天才たちも

そらんじて言える言葉です。

脳を刺激し活性化する祈り方

ユダヤ人が遺伝的に
天才を生むわけではありません。

彼らの宗教的伝統や儀式の中に
上手く才能を引き出す、

五感を使って脳を鍛える
知能を高める仕組みが備わって
いるのです。

神はユダヤ教徒に
祈る事を求めました。

彼らの祈り方を見れば、

伝統的なメロディーに
そって祈祷が始まります。

そして教徒たちが朗唱を
始めるわけですが、

当然、聴覚と視覚に
大きな刺激を与えます。

祈祷している間に
男性であれば頭に頭蓋帽をかぶり、

型にショールのような
タリートと呼ばれるものを
打ちかけます。

シナゴーグでの毎日の祈祷儀式では、

テフェリンと呼ばれる
聖句箱を額か左腕に付けなければ
行けません。

こうした体感覚も重要です。

安息日には種無しパンを食べ、

ミルトスと呼ばれる
香りを嗅ぐ儀式もあります。

味覚や嗅覚も使うわけです。

家庭での祈り方を見ても、
五感をフルに使う祈りが唱えられます。

祈り方一つに天才を作る、

脳を刺激する要素が隠されているのです。

中でも重要なのが
シェマの祈り呼ばれるものです。

シェマの祈りの内容とは?

そんな祈りの言葉はこのような内容です

「シェマの祈り」

聞け!イスラエルよ(シェマ、イスラエル)

我らの神はただ一人の神なり

汝心を尽くし精神を尽くして
汝の神を愛すべし

今日わが汝に命ずる是らの言葉は
汝これをその心にあらしめ

努めて汝の子供に教え

家に座するときも道を歩む時も
寝ぬる時も起くる時もこれを語るべし

汝またこれを汝の手に結びて印そなし

汝の目の間におきておぼえとなし

また汝の家の柱と汝の門に書き記すべし…

(申命記四~九節)

これはヘブライ語で記すと、
100語足らずの言葉であり、

決して長いものではないです。

しかし短くてもその内容は
神からの非常に強い命令が含まれています。

この中に「努めて汝の子供に教え」
と言うくだりがありますが、

これはあなたの子供たちに神の掟を
全力で伝えよと言う意味です。

子供を天才にしなさいというのは
神の教えでもあるわけです。

「シェマの祈り」に隠された秘密

またシェマ祈りには隠された
神からのメッセージがあるとも言われています。

「シェマ」というヘブライ文字は
「アイン」という文字で終わります。

そしてシェマの祈りの最後の言葉
「エハッド」という言葉は
「ダレッド」というヘブライ文字で終わります。

この「アイン」と「ダレッド」を合わせると
ヘブライ語の「エイッド」という言葉になり、

英語ではこれをWitness
「見届ける」という意味になります。

ユダヤ人が毎日このシェマの祈りを捧げると、

「私の天地創造、宇宙創造を見届けよ。」
(イサイヤ書43章10節)

という神の要求に応えることになり、

神の宇宙創造のその最終過程を
見届けるという重大なユダヤ人の
責務を日々思い起こすという

意味があるといわれています。

ユダヤ人はこのシンプルな短い文の中に

神はユダヤの人々が持つ「知能」を
より多く引き出す秘訣を教えてくれる
と考えているのです。

ユダヤ人の知能を高める
天才を作る秘密は、

ノーベル賞受賞者の
約22パーセントがユダヤ人

約56パーセントが大学を卒業
(全米平均29パーセント)

約25パーセントが大学院を修了
(全米平均約6パーセント)

こうした統計的事実として
数値にも表れているわけです。

私たちも何かしら参考に
できる部分がたくさんありそうです。

次回から彼らの伝統に秘められた
知能を高める秘訣について、

一緒に解き明かして行きましょう。

↓シェマの祈り

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>