健康長寿にデメリット、マーガリンなどトランス脂肪酸を避ける


健康長寿を実現する上で、

生活に何を「加える」か

という足し算思考をする人が多いです。

運動の習慣を加える、
サプリメントを飲む、
良い食材を食べる、

など、特に健康情報番組などで
勧められた食材が、

次の日にスーパーから消えるなど、

何が体に良い食材を食べる、

という意識が高い人は多いです。

しかし、実際に健康長寿を
実現するためにはむしろ、

何を生活から避けるかという
「引き算思考」が重要になります。

健康長寿に弊害やデメリットのある
要素をいかに無くしていくか、

見逃しがちですが重要なポイントです。

健康長寿にデメリットのある油

アンチエイジングの為にも、

血管の健康を保ち、
動脈硬化を予防する為にも、

ここで考えなければいけないのが、

体に悪い油を入れないことです。

以前も紹介しましたが、

油というのは全てが同じものでなく、

その構造によって体で
作用する影響が変わって来ます。

肉の油など飽和脂肪酸などは
確かに脂肪を取りすぎると
太ってしまいますし、

不飽和脂肪酸でもオメガ3と
オメガ6のバランスをとる、

といったことも大切なのです。

しかしこれらはバランスや
量が重要なのであって、

決して避けてはいけません。

デメリットとメリットの
バランスを取ることが重要なのですが、

とにかく避けるべき体に
最も悪い油というのは、

人工的に作り出した油なのです。

健康長寿のためマーガリンを避ける

私たちが日常的に食べる油の中で、

こうした最悪の油が含まれるのが、

マーガリンや大量生産される
揚げ油などです。

これらの油にデメリットがあるのは、

トランス脂肪酸を含むからです。

トランス脂肪酸というのは、

「狂った油」と呼ばれるほど

健康長寿に良くない油の一種です。

さらにたちが悪いのは、

一般的にはこれと逆に
「健康に良い」と喧伝されている
節があるポイントです。

例えばマーガリンというのは、

「動物性のバターは
コレステロールが高い」

という不健康イメージに消費者が
不安を受け、

液体の植物油を固形化できないか
と開発された経緯があります。

「コレステロールの
デメリットがないバター」

として流行り一般化したわけですが、

その開発の過程で、

植物油に水素が添加されますが、

この時トランス脂肪酸が
大量発生することが、

後の研究で分かったのです。

また、植物油を大量に製造する際、

高温で加熱処理される過程でも
トランス脂肪酸は作られます。

健康長寿のためトランス脂肪酸を避ける

油というのはそもそも、

酸化によって劣化しやすい
性質があります。

そうして酸化した油を
摂取してしまえば、

体内でも活性酸素、
フリーラジカルが増えるため、

病気、老化、短命など
リスクが増えてしまうのです。

ですから油というのは購入後に
なるべく早く使い切らなければ
いけないものなのですが、

天然の油のみ抽出しようとすれば、

大量生産はできなくなり、
価格が非常に高くなります。

これは家計や利便性という
面からすれば大きなデメリットです。

ところが、マーガリンなど
トランス脂肪酸を含む油というのは、

酸化しにくく、劣化しにくい

という特徴があり、

常温で長期保存が可能になりました。

また人工的な手で加えて
製造できるわけですから、

大量生産も可能であり、
安価で流通することができます。

これは一見大きなメリットがあります。

トランス脂肪酸のデメリット

こう考えれば、

マーガリンなどトランス脂肪酸は、

消費者思いのお財布思いの
夢のような油のような気もするのですが、

健康長寿という面から見れば、
その夢はもろくも崩壊します。

健康長寿にとっては大きな
デメリットがあり、

健康長寿を望む場合は、

トランス脂肪酸の摂取量は
できるだけ避けるべきなのです。

そもそもトランス脂肪酸は
自然界には存在しない油です、

そうした人工油が
血管壁に取り込まれると、

正常に代謝ができなくなり、

血管を老化させ、
動脈硬化のリスクを高めます。

さらにバッドニュースなのが、

日本以外の欧米や先進国では、

すでにトランス脂肪酸の
デメリットが理解されており、

積極的に対策が行われていることです。

しかし、日本では、

マーガリンなどのデメリットを知り
トランス脂肪酸を避けるべき、

と考える人はまだまだ少数です。

米国食品医薬品局(FDA)は、

「食品に使う上で安全とは認められない。

トランス脂肪酸の規制によって、
米国内で年間2万件の心臓発作を予防し、
7000人の死者を減らせる」

と謳い、トランス脂肪酸の
段階的禁止方針を打ち出したわけですが、

日本政府のこうした対応は
遅々として進みません。

やはり自分たちの健康長寿は
自分たちで守るという、

意志の強さが必要なのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>