テロメアに効果のある栄養素、葉酸が豊富な食材のメリット

テロメアに効果のある栄養素、葉酸が豊富な食材のメリット
今回のテーマは、

テロメアに効果のある栄養素、
葉酸が豊富な食材のメリット

について紹介します。

遺伝子の研究も進み、

人間の健康や老化など
そのメカニズムも、

色々と解明されてきているわけですが、

アンチエイジングを目指す上で
聞き逃せないニュースが、

テロメアという存在の発見でしょう。

染色体の末端の蓋のような
構造物であるテロメアは、

細胞は分裂するたびに、
少しずつ短くなっていき、

それが一定まで行くと
死んでしまうという、

寿命の回数券のような
存在が明らかになったわけです。

そこで何とかこのテロメアの
短縮を遅らせる道はないか、

と世界中で研究が進んでいるわけですが、

寿命の回数券と呼ばれる
テロメアに良い栄養素として、

注目されているのが
葉酸という栄養素です。

テロメアに効果のある栄養素

これは水溶性ビタミンB群の
一種なのですが、

葉酸を日々しっかりと
摂取できている人は、

テロメアの短縮スピードを緩やかに
できるという報告がなされています。

つまり、健康、美容、長寿に
メリットがあるというわけですが、

反対に、葉酸が欠乏すると
テロメアの短縮が進み、

病気、老化、短命の
リスクを増やしてしまうのです。

血管のクオリティを保つ
動脈硬化の予防にも、

葉酸の摂取は不可欠なもの
と言われています。

葉酸を豊富に含む
食材として知られるのは、

何と言ってもレバー類です。

特に鶏レバーには
豊富な葉酸が含まれており、

続いて牛レバー、豚レバー、
うなぎの肝と続くほど、

肝臓に多く含まれているようです。

葉酸が豊富な食材のメリット

健康食材としてレバー類は細菌
などのデメリットもありますが、

新鮮で質の良いものを入手し
食べることができるならば、

テロメアへの効果も期待できます。

また植物性食品であれば、

海苔や緑茶の茶葉、抹茶、
枝豆、モロヘイヤ、芽キャベツ

などにも豊富です。

ただ、葉酸というのは
酸化しやすいという特徴があり、

効率よく摂取するのは、

新鮮なものを購入し、
調理後にすぐ食べる、

ということを心がけましょう。

また葉酸サプリメントなど
抽出したものも売られていますが、

ビタミン類は、単体では
なかなか体に摂取できませんから、

やはり食材をそのまま食べる、

或いは植物由来の食材をそのまま
使ったサプリメントを飲む、

ということをお勧めします。

葉酸のテロメア効果のメカニズム

それではなぜ、葉酸が
テロメアの短縮防止や、
動脈硬化予防に、

効果を発揮するのでしょうか。

葉酸の欠乏というのは、

「ホモシステイン」という
悪玉アミノ酸を血中に増やします。

この悪玉アミノ酸は、

血管や神経を傷つけてしまう
性質を持つのです。

血管が傷つけられると
そこから動脈硬化が進み、

また損傷した箇所では、

新しい細胞を作るために、
細胞分裂のスピードが加速します。

これはある種、

損傷箇所を守るための
治癒行為ではあるのですが、

ところがテロメアというのは、

細胞分裂のたびに
短くなっていく性質を持ちます。

つまり、葉酸の欠乏は、
テロメアの短縮と動脈硬化を
同時に進めてしまうのです。

葉酸でテロメアの短縮を緩やかにする

ある修道院での調査では、

健康長寿の修道女ほど葉酸の
摂取量が多いことがわかりました。

新鮮な野菜中心の質素な食生活
を送る彼女たちが

健康長寿である理由の一つとして
葉酸は注目を集めているのです。

葉酸を多く摂取することで、

脳卒中や心筋梗塞、認知症
などの発症リスクが減るという
研究結果も発表されています。

また、葉酸は妊婦や胎児の
健康のためにも欠かせない栄養素
としても知られており、

特に妊娠中に大切な栄養素として
指導がされています。

またアメリカやイギリスなど
世界60カ国で、

葉酸の健康効果を重視し、

穀類にこれを添加することが
義務付けられていたりと、

日本では、女性栄養大学の
香川靖雄さんが中心となり、

葉酸米の普及に努めています。

このように、葉酸の摂取を
進める運動は広がっていますが、

何よりもまず日々健康的な
食生活を送ることから始まります。

アンチエイジングの為、
テロメアに効果のある栄養素として、

葉酸が豊富な食材のメリットを
ぜひ享受していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>