血管の健康アンチエイジングの為のカルシウム豊富な硬水の効果


頭の先から足の先まで、

身体中を巡っている血管の
状態の良し悪しが、

美容、健康、長寿の全てを司っている
ことは言うまでもありません。

現代に生きる我々にとって、

脳梗塞や心筋梗塞というのは、

最も恐ろしい病気の一つです。

医療の進歩によって、

発症後直ちに治療を受ければ、
命は助かるケースも多くなっていますが、

一方で深刻な後遺症に
苦しめられる人もいて、

若い時期にその発症が起こる
リスクも増えてきているのです。

血管の健康やアンチエイジングで
血管を若く保つことは、

人生を充実させるために
かなり重要なことなのですが、

そのためにできる効果的な方法には
どんなことがあるでしょうか。

血管の健康とアンチエイジングが必要

脳梗塞や、心筋梗塞というのは、

脳の病気でも心臓の病気でもなく、
「血管」の病気なのです。

血管が損傷し、損傷箇所に
できた血の塊(血栓)が、

脳の血管で詰まれば脳梗塞、
心臓で詰まれば心筋梗塞、

ということになりますから、

脳梗塞や心筋梗塞を防ぐには、

血管の健康とアンチエイジングで
血液を綺麗にして血管を鍛える、

ということが不可欠になるのです。

そして脳梗塞や心筋梗塞を
起こす血管の病気の始まりが、

動脈硬化です。

動脈硬化というのは、

血管壁が何らかの理由で
柔軟性を失ったり、狭まったりする
病気の症状と言われています。

カルシウム豊富な硬水の効果

一度、動脈硬化になれば、

多くの病気のリスクが高まり、
老化も進んでしまいます、

日々の生活の質も下がりますから、

何より動脈硬化を改善、予防して、

血管の健康、アンチエイジングを
目指さなければなりません。

そのために何をするべきか?

その方法はたくさんありますが、

まずオススメしたいのが、

カルシウムを豊富に含んだ
硬水を飲むということです。

血管の健康に効果の高い水なのですが、

ここで、

「カルシウム・パラドックス」

という言葉があります。

パラドックス(paradox)
という言葉は、

ギリシャ語の

「矛盾」「逆説」「ジレンマ」

といった意味で用いられますが、

健康の世界にも数多くの
パラドックスがあります。

カルシウムと血管の健康の関係

カルシウムというのは、

一般的なイメージで言えば、

骨や歯を形成するミネラル

というものでしょうが、

実は血液中にもわずかながら
カルシウムが含まれており、

実際にはカルシウムの役割としては、

骨や歯よりも血液中の
カルシウムの方が重要なのです。

この微量なカルシウムは、

体内環境を整えるとともに、

動脈硬化を防ぐ重要な働きを
持っているのです。

しかしカルシウムというのは、

非常に吸収されにくい
ミネラルと言われています。

カルシウムを添加した
栄養補給スナックや、

サプリメントで補給する人もいますが、

栄養素を分離したこれらの
製品では体内で有効活用されません。

魚や野菜などからであれば
カルシウムは補給できますが、

血液になりやすい、
水分という形で補給する

ということに硬水のメリットが
あるのです。

健康アンチエイジングの為の硬水の効果

血液中のカルシウム濃度

というのは体内システムによって
厳重に管理されています。

万が一、血液中のカルシウムが
減ってしまえば、

命の危険が伴うわけですから、
SOS信号が発動され、

体内システムは骨や歯の
カルシウムを血液中に溶け出させて、

不足分を補おうとします。

この時困ったことに、

警報シグナルである
SOS信号がうまく止まらず、

骨や歯のカルシウムが
必要以上に血液中に溶け出す

ということがあるのです。

すると今度は、血管壁に
多量のカルシウムが蓄積して、

血管壁の弾力を失わせて、

動脈硬化を起こす原因にもなるのです。

これがカルシウムパラドックスです。

カルシウムが不足すると
体内に問題が起こるのですが、

カルシウムが増えすぎても
体内の問題が起きてしまうのです。

動脈硬化予防のための硬水のススメ

カルシウムが不足する

ということは体の一大事ですから、
何としても避けなければいけません。

しかし、余分なカルシウムが
体内に増えてしまえば、

遊離カルシウムが血管内に
移動するリスクが高まります。

これも大きな問題なのです。

そういう意味で、

カルシウムサプリメントなどを
取れば余分なカルシウムが体内に
増えるリスクも高まります。

だからバランスよくカルシウムを
吸収できる硬水がオススメなのです。

これが血管の健康や若さを保つ
アンチエイジングにつながります。

動脈硬化の予防法といえば、

食事制限などを真っ先に
指導されることでしょうが、

血液中のカルシウムの
バランスを保つことが最も大切です。

そのために、

日常的に硬水を飲んでおく
ことが重要なのです。

ところが日本の水は基本的に軟水で、
カルシウムがあまり含まれていません。

そこでいかに硬水を摂取するか?

次回はミネラルウォーターの
効果的な飲み方、選び方について、
紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>