食事をよく噛む事の脳の健康や記憶力への効果、スルメのメリット


何を食べるか?

と言うのはもちろん大切ですが、

どうやって食べるか?

と言うのも重要なのです。

楽しく、みんなでワイワイ
食事を楽しむ、

と言うのはもちろん大切ですが、

健康、美容、長寿のために
心がけて欲しい食べ方があります。

特に脳の健康のために、
メリットのある食べ方があります。

加齢とともに記憶力に
危うさを感じる人は多いです。

そのせいでしょうか、

「脳トレ」などに取り組む
人も増えてきているようです。

もちろんそういった頭を使った
トレーニングをするのもいいですが、

私たちは毎日の食事でも
脳トレを実践できるのです。

食事をよく噛む事の効果

その方法というのが、

「よく噛む」事です。

非常にシンプルな事ですが、

これだけのことで記憶力の
回復が可能となってくるのです。

大切なことは、

毎日の毎回の食事の際に、

一口一口を大事に思いゆっくり
よく噛みながら食べることです。

一口30回、1秒1回の
速度で噛むことが理想です。

これをしっかり実践できれば
脳の健康や記憶力への効果があり、

心身の健康に様々なメリットを
感じることができるでしょう。

ただ、食べ方というのは
習慣になっており、

なかなか変えることが
難しい人もいるでしょう。

そういう人にオススメなのが、

間食や酒の肴に、
噛みごたえのあるものを選ぶ

ということです。

スルメの脳の健康や記憶力のメリット

そこで私は、

イカのスルメをオススメしています。

スルメを食べることは
よく噛むことが必要不可欠です。

噛めば噛むほど味が出て
美味しく感じますから、

自然と一口30回の
噛む習慣が身につきます。

しっかりしたスルメを選べば
食品添加物や糖質など

体に負担になるような
ものは入っていませんし、

スルメの原材料となるイカには

アルギニンやタウリン、ベタイン
といった強壮効果のあるアミノ酸
栄養素がたっぷりと含まれています。

食事でよく噛むとともに、
スルメをおやつにすれば、

色々な恩恵を受けられるはずです。

ちなみに、

スルメの「スル」という言葉が、

「金を使い果たす」という
意味のするという意味に捉えれるため、

縁起の良い意味を持つために
「アタリメ」と呼ぶことは
よく知られているでしょうが、

スルメには隠されたメリットが
どうやらあるようです。

スルメの持つ隠れた効能、メリット

スルメというのは、

古くから日本では縁起物として知られ、

伊勢神宮に奉納されたり、

大相撲の土俵にはスルメが
縁起物として埋められている、

といった話がありますが、

他にも、

結婚の結納の際に相手方に
納める品としても代表的なのも、

それがスルメです。

この時、「寿留女」という
文字を使うわけですが、

女性の健康や子だくさんを
願う象徴となっていますが、

スルメの本来の意味は、

する女(交合する女という意味)

から転じた言葉という説もあります。

それくらいスルメは
滋養強壮に効き目があり、

性欲がアップする食品として
伝えられてきたそうです。

それがイカの成分によるものか、
よく噛むことからか、、

恐らくどちらの効果も高いのでしょう。

噛む事の脳の健康や記憶力への効果

以前、NHKの番組で、

認知症で歩けなかった人に義歯を作り、
よく噛んで食べることを続けさせたところ、

歩けるようにまで回復した
という放送を見たことがありますが、

よく噛むことができるように
なったおかげで、

寝たきりの体からなんと
畑仕事まで立派にできるようになった
と紹介されていました。

なぜ食事をよく噛むことが、

脳の健康や記憶力、認知症の予防や
改善に効果があるのでしょうか。

よく噛んで食べていると、

口や顎からの刺激が
大脳に伝わります。

すると記憶力を司る海馬や

情動を支配する扁桃体という
大脳の一部を刺激し、

活性化するからだと言われており、

これは科学的にも明らかに
されていることです。

よく噛むという行為は、

それだけで、

認知症の予防や回復、
記憶力の維持に役たちます。

脳の健康に良い食材を使い、
脳の健康に良い食べ方をすれば、

それだけで相乗効果を
発揮するでしょう。

その意味でスルメはオススメですが、

今日から「噛む脳トレ」を
始めて見てはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>