ハリウッド映画界、ウォール街、メディア界で活躍するユダヤ人


巨額のお金が動く市場、

中でもアメリカ経済というのは
世界を引っ張る最も影響力の
ある市場と言えるでしょう。

その中で活躍する成功者には…

かなりの数のユダヤ人がいます。

ユダヤ人の活躍の場は
政治の世界だけでなく、

特に、

ハリウッド、ウォール街、メディア界
でもその存在が光っています。

アメリカのメディアや娯楽ビジネス
ハリウッドの世界で活躍する
ユダヤ人は非常に多く、

まずマスコミの世界では、

テレビ放送の父と呼ばれる

「ナショナル・ブロード
キャスティング・カンパニー(NBC)」

を全米最大級の企業に
育てたと言われる

デビッド・サーノフをはじめ

ABC、CBS、ロイター、バイアコム
と言った代表的なアメリカ・メディアは

皆ユダヤ系の経営です。

また新聞社「ニューヨークタイムズ」
を所有するのはユダヤ人の
アーサー・ザルツバーガー

「ワシントンポスト」や「ニューズウィーク」の
オーナーのキャサリン・グラハム

そして「タイム」誌はユダヤ人の
スティーブン・ロスが経営する会社の
下部組織が発行しています。

その他アメリカの新聞王と呼ばれた
ジョセフ・ピュリッツァーもユダヤ人です。

有名なピュリッツァー賞は
彼の財産をもとに設けられた賞です。

世界のニュースというのは
彼らの存在無くして語れません。

スポンサーリンク

ハリウッド、映画界で活躍する人たち

また映画の世界、ハリウッドにも
ユダヤ人は多く活躍し、

そもそもハリウッド初期の映画産業は、
ロシア・東欧から移民してきたユダヤ人で
多く占められています。

これはロシアでのユダヤ人迫害
「ポグロム」と関係しています。

この迫害によりアメリカに移民した
ユダヤ人は200万人を超え

ハリウッドの映画会社のほとんどは、

こうしてやってきた
ユダヤ人たちが創りました。

今や世界的一大産業となっている
映画ビジネスですが、

「ワーナー・ブラザーズ」は
ポーランド系ユダヤ人の
ベンジャミン・ワーナー

「パラマウント」は、
ハンガリー系ユダヤ人の
アドルフ・ズーカー

「ユニバーサル」は
ハンガリー系ユダヤ人の
カール・レムリ

「20世紀フォックス」 は
ハンガリー系ユダヤ人の
ウィリアム・フォックス

「メトロ、(後のMGM)」は
ロシア系ユダヤ人のマーカス・ロウ
サミュエル・ゴールドウィン、
ルイス・B・メイヤーが創立。

MGMは彼らの名前を合わせたものです。 

映画監督としては

スティーヴン・スピルバーグは
ウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれた
映画監督として有名で、

「シンドラーのリスト」は
ホロコーストに関する映画の代表的作品
として知られています。

スピルバーグほど大ヒット作を
作った監督はいません。

近年ではJ・J・エイブラムスが
気鋭の映画監督として有名です。

またウッディ・アレンやダスティン・ホフマンなど
名優をはじめとしたハリウッドスターにも
多くのユダヤ人が活躍しています。

演劇、ブロードウェイ、マンガの世界の有名人


ハリウッド映画界以外にも、
エンターテイメント業界、

演劇界、ブロードウェイにも
ユダヤ人は多く、

喜劇俳優マルクス兄弟の
グルーチョ・マルクス

アメリカ大衆芸能のパイオニア
ハリー・フーディー二

演劇作家アーサー・ミラー

ブロードウェイ屈指の
振り付け師

ジェローム・ロビンズ

などが挙げられます。

またマンガ、コミックの世界でも、

「機関車より力持ち、弾丸より早く、
高層ビルさえひとっ飛び」

で御馴染み、

アメリカで最も有名であろうヒーロー
「スーパーマン」の生みの親、

ジュリー・シーゲルと
ジョセフ・シュスターは

どちらもユダヤ人でした。

幼少期から2人組で
架空の物語を作っていたそうです。

スーパーマンのヒットから、

後の「バットマン」や「スパイダーマン」
が生まれる訳ですが、

スパイダーマンの作家
スタン・リーもユダヤ人です。

世界のエンターテイメント業界は
ユダヤ人抜きにしては発展がなかったのです。

ビジネス界で活躍するユダヤ人

ほかにも、ビジネス、ウォール街で、
活躍する人物にユダヤ人は多く

娯楽、通信分野の世界で
厳格なコスト管理を行い、

ディズニーを再建した会長、
マイケル・アイズナー

ビルゲイツ会長とともにマイクロソフト社を
築いてきたリチャード・パルマー最高経営責任者

デル・コンピューターの創業者
マイケル・デルもユダヤ人です。

その他の分野でも
アメリカで活躍するユダヤ人の
名前を挙げたらキリがありません。

投資家ジョージ・ソロス

前FRB(米国準備理事会)議長
アラン・グリーンスパン

経営学者ピーター・ドラッガー

グーグル創業者の
ラリーペイジ、セルゲイ・ブリン

インテルの創業者アンディ・グローブ

スターバックスコーヒを育てた
ハワード・シュルツ

日本国内でも百店以上の店舗を擁する
トイザラスの創業者チャールズ・ラザラス

ゲームメーカー「セガ」の
生みの親の一人である
デビッド・ローゼンもユダヤ人です。

日本で一世を風靡した
「インベーダーゲーム」を生み出した

タイトーの創業者は満州生まれのユダヤ人
ハミエル・コーガンです。

ウォール街における
ユダヤ人財閥の存在も大きく

モルガンスタンレー、ソロモンブラザーズ
ゴールドマンサックス、リーマンブラザーズ

と言った6大銀行のうちの
4つの銀行はユダヤ系の銀行なのです。

プロパガンダ・世論を形成する手法

ちなみにここで

エドワード・バーネイズという
ユダヤ人の存在を忘れえてはいけません。

彼は精神分析の創始者
ジグムント・フロイトの甥であり、

マーケティング・PR活動の父
(広報活動)と呼ばれる人物です。

ビジネスの宣伝活動として
イメージ戦略を使うのは
現在では当たり前ですが、

彼は多くの個人、企業、団体の
PR顧問を勤め、

世論形成をしたと言われています。

人を動かす影響力を戦略的に使い、
プロパガンダ作戦の指揮をとり、

大統領誕生から、政治の動き、
ビジネスのアピールまで

メディアや映画などを使って
巧みに行った人物です。

そうです。

世論は彼らによって作られるのです。

彼の顧客は、

ジョン・D・ロックフェラー
フーバー大統領、ノーベル賞受賞者、
オペラ歌手、コロンビア大学

などそうそうたる顔ぶれで、

PR活動で世界中に影響を与え、

皮肉を込めて言えば
大衆煽動してきた訳です。

しかし彼らの才能や心理学の体系化、
努力によって培われたものである
事は間違いありません。

今でもマーケティングの基礎として
彼の思想は受け継がれています。

もちろんこうした動きが
噂が噂、憶測を呼び、

ユダヤ人陰謀説や
世界を牛耳る黒幕などとして

イメージを持たれる部分が
あるのかもしれません。

何が正しく何が間違えで、
良いのか悪いのか色々議論もあり、

真実は分かりませんが、

ハリウッド映画界、ウォール街、
メディア界で活躍し、成功する
ユダヤ人が多いのは、

まぎれもない事実なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>