オバマ政権、アメリカ政府に関わるユダヤ人政治家とロビイスト


世界を牽引する超大国
それがやはりアメリカです。

20世紀以降アメリカの経済や
政治は世界に強い影響を及ぼしますが、

その中でも、

アメリカ経済市場で、
ユダヤ人の影響力は大きなものとなり、

アメリカ資本主義の
ビジネスの世界では

彼らの活躍無しには
語れないものになっていますが、

政治の世界でも活躍するユダヤ人は多く

アメリカ政府に関わるユダヤ人政治家は
強い影響力があります。

黒人初のオバマ政権が誕生した背景には
様々なユダヤ人の活躍があるとされています。

2008年のアメリカ大統領選で
史上初の黒人大統領が誕生しました。

「Yes,We Can」
「Change We Need」

などシンプルなフレーズが
とても印象的でしたが、

実はこのオバマ大統領誕生の
立役者はデビッド・アクセルロッドという
ユダヤ人の存在があります。

アクセルロッドさんは、
オバマ陣営の選挙対策本部の
最高責任者を務め、

見事オバマを当選へと導きました。

スポンサーリンク

オバマを大統領にしたユダヤ人政治家の手法

黒人候補のオバマにとって
大統領選挙の最大の壁は

いかにして白人の有権者の票を集めるか、

ということでした。

そこでユダヤ人のアクセルロッドは
オバマを白人に売り込むための
イメージ戦略に尽力します。

彼がとった戦略というのは、

多くの白人の潜在意識の中にある

黒人に対して行ってきた
人種差別への罪悪感を

オバマ大統領の誕生により
払拭できるという

希望を持たせることでした。

そして白人の有権者に、
黒人候補に投票することこそ
真のチェンジであり、

米国の新しい歴史を開くことになる
と訴え続けたのです。

このアクセルロッドの戦術は成功し、

白人の多くの支持を得て
オバマ大統領は誕生しました。

オバマさんは大統領就任演説で言いました。

「60年足らず前に地元の食堂で食事を
することを許されなかった父親の子供が、

今、最も神聖な宣誓を行うために
あなた方の前に立っているのだ」

この言葉こそは、長年米国が抱えてきた
「人種問題」が解決したのだと

印象つけるものでした。

このような白人と黒人の橋渡し
のような役割ができたのも、

アクセルロッドがユダヤ人であるから
こそ出来たこととも言えます。

オバマとアクセルロッドは、
時にスポーツを楽しむほど、

若いときからの友人同士だそうで、

今でもアクセルロッドは
オバマ政権の上級顧問としての
政権入りを果たしています。

アメリカ政治を動かすユダヤマネー

しかしイデオロギーだけでなく、

もちろんその影響力を裏付ける
最も大きな力は「お金」でしょう。

アメリカ政界における
ユダヤマネーは、巨額なものとなります。

在米ユダヤ人の人口比は
わずか2%以下に過ぎませんが、

全米トップ100の大富豪に
占めるユダヤ人の割合は
34%にも及びます。

そして民主党政治資金の60%
共和党政治資金の35%は

彼らユダヤ人社会が提供する
莫大な政治資金から来ており、

ユダヤ人ロビイストの協力無しに
ユダヤマネーなくしてアメリカの
選挙戦で勝ち抜くのは困難なわけです。

そしてユダヤ人は安全を買うのです。

こうしたユダヤマネーを得るため、

歴代の大統領や連邦議員は
新イスラエル的政策を公言します。

そして興味深いのは、

ユダヤマネーの投資先は、

外交やイスラエルの安全保障など
に関わる大統領選と州邦議員選に
ほぼ集中しており、

中東情勢にほとんど影響の無い
州知事選や地方自治体の選挙には

ユダヤマネーはあまり献金されないのです。

良いか悪いかの議論は
もちろん別でしょうが、

まさに鉄壁の選挙戦略なのです。

アメリカの最強ロビイスト団体


またワシントンには、
政治の世界に大きな影響力を持つ

様々なロビイスト団体が
ひしめいていますが、

中でも最強の「ユダヤロビー」
と言われるのが、

「アメリカ・イスラエル公共問題委員会」
(通称:AIPAC)

です。

アメリカロビー番付につねに
上位にランクインされる団体で、

アメリカ中東研究者の
ウィリアム・クラント氏によれば、

「全連邦議員の70〜80%は
AIPACが望むなら何でも従う」

と発言しており、

ユダヤ人ロビイストの影響力の
高さを示しています。

彼らが力を持つ理由は
色々とあるでしょうが、

大きくは以下の三つです。

一つ目は、

当然、集金能力

なんだかんだ言っても、
政治はお金で動くものです。

ユダヤネットワークを駆使した
献金を上手く仕える議員に
配分するわけです。

二つ目の理由が、

情報提供能力です。

かれらAIPACの職員の多くは、

専門分野を持つ高度な
情報分析能力を持ち、

その情報を議員に提供できるわけです。

多くの議員が必要な情報を
得たいがために彼らに頼むのが
習慣となります。

頭脳戦なら誰にも負けない
ユダヤ人ならではのやり方です。

三つ目が、

ハリウッドやメディアを
牛耳るユダヤ人にとって

メディアや映画を使った
選挙キャンペーンはお手のもの、

彼らユダヤ人の政治力は、

人口と言う不利にもかかわらず、

その財力、組織力、教育レベルなど
様々な要素が合わさり、

影響力を増してきたのです。

アメリカ政府でのユダヤ人の影響

アメリカはイスラエルに次ぐ
最大のユダヤ人居住国家ですが、

それでも全人口の約1.7%を
占めるにすぎません。

マイノリティにすぎませんが、
数を凌ぐパワーがあるのも、

やはり頭脳を鍛えてきた
優秀な人物が多いからでしょう。

まだユダヤ人大統領は
出てはいませんが、

ユダヤ系のジョゼフ・リーバーマン

2000年に共和党
ジョージ・W・ブッシュと

大統領選を行ったアル・ゴア候補の
副大統領候補に選ばれ、

ユダヤ人として初めて大統領選に
出馬したのです。

そんなマイノリティの中で
需要なポストに就くユダヤ人は多く、

アクセルロッドだけでなく、

これまでも多くのユダヤ人が
米国政府高官として活躍してきましたが、

オバマ政権も多くの実力ある
ユダヤ人によって支えられています。

大統領首席補佐官に
シカゴ出身のユダヤ人
ラーム・エマニエルを指名しました。

大統領補佐官というのは、日本で
言う内閣官房長官のような役職です。

このラーム・エマニエルは
湾岸戦争時にイスラエルの国防のために、

志願兵となるほどユダヤ人国家である
イスラエルに思いのある人物です。

彼の起用はオバマ政権が
新イスラエルであることを
アピールするものだと言われています。

他にも、副大統領の首席補佐官
ロン・クライン

国家経済会議委員会の
ローレン・サマーズ

国務副長官の
ジェームズ・スタインバーグ

経済再生諮問会議議長の
ポール・ボルガー

証券取引所委員会委員長の
メアリー・シャピロなど

オバマ政権の主立った役職には
多くのユダヤ人がついているそうです。

政権が変わり、大統領が変わっても
彼らの権力はこれからも強力に
政府に及ぼしていくでしょう。

これからもアメリカ政府に関わる
ユダヤ人政治家やロビイストの
影響は高まって行くのでしょう。

この辺りを見極める力も、
国際政治を見る上での
ポイントになるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>