魚のオメガ3脂肪酸、DHAとEPAで脳の細胞膜が柔軟になる成分


今回のテーマは、

魚のオメガ3脂肪酸、DHAとEPA
で脳の細胞膜が柔軟になる成分

について紹介します。

脳の健康というのは、

人生の質を決める大切な要素です。

いつまでも若々しい脳を
保つことができれば、

人生は充実するでしょう。

そして鍵を握るのが食生活、

中でもポイントは油と言うと

多くの人は驚くかもしれません。

前回言ったように、

脂肪、油脂と一口で言っても
たくさんの種類があり、

そのバランスが肝要なのですが、

オメガ6脂肪酸を控え、

オメガ3脂肪酸を積極的に取る、

これが現代人が脳の健康を
守るために大切な戦略です。

そしてオメガ3脂肪酸は、

魚類や冬野菜に豊富に
含まれている成分なのです。

スポンサーリンク

魚のオメガ3脂肪酸、DHAとEPA

魚に含まれる脂肪は

DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)

などの脂肪酸です。

DHAとEPAという成分は

サバやイワシ、サンマなど
背の青い魚や、

日本人が大好きなマグロの
油などに豊富に含まれています。

特にDHAはマグロの頭部、

特に目の裏にあるゼラチン状の部分に
多く含まれていることが知られています。

伝統的に魚料理を好む
日本人はご存知のように

世界一の長寿国家となったわけですが、

最近では食文化が変わり、

健康レベルが低下するようになってきました。

もう一度伝統的な日本の
食文化を見直して、

魚のオメガ3脂肪酸など
脳に良い成分を摂取する必要があります。

特に脂肪は脳の細胞膜を作る
原料になるわけですから、

その質によって脳の機能そのもの
に強く影響するわけです。

魚の脳の細胞膜が柔軟になる成分

魚の脂肪酸が体に
良いメリットを与える点は、

まず第一に我々の体内に入っても
固まることがなく、

さらさらと血液内を流れ
脳など脂肪酸を必要としている部分に
スムーズに届けられるところです。

牛や豚など飽和脂肪酸といった
体温が高い状態でも固まっている
脂肪とは違い、

温度の低い海水に生息する魚は、

体の脂肪が固まっては困るわけですから、

常温でも個体にならない
不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

なのでその魚を食べて
魚の脂肪を摂取すれば、

私たちの体内でも
血液の粘度が下がり、

血液の流れが良くなるのです。

脳と全身の血行が良くなれば、

まさしく健康、美容、長寿に
大きなメリットがあるのです。

そして脳内でオメガ3脂肪酸、
DHAとEPAといった成分が

多くなるほど脳組織の細胞膜が
柔軟になり、

脳内の情報伝達能力も高まる
と考えられています。

脳の細胞膜が柔軟にし脳機能アップ

つまり簡単に言えば、

頭が良くなるということです。

脳の細胞膜が柔軟になれば、

健康レベルがアップするだけでなく、

脳の働きが活発になり、

記憶力や学習能力が
向上するわけです。

守りも攻めにも効果的な
プレインフードが魚なのです。

アメリカの代表的な
疫学研究の一つで、

フラミンガム研究と
呼ばれるものがあります。

アメリカはタフツ大学の
研究チームによれば、

高齢者899人を対象に、

最長16年間もの追跡調査を
行ったところ、

DHAの血中濃度が高いグループは
低いグループに比べて、

認知症の発症率が
47%も低かったそうです。

魚のオメガ3脂肪酸を食卓に

そうです

魚の成分であるDHAとEPAは

脳の細胞膜を柔軟にして

脳の健康を守り、脳の機能を
アップさせる効果があるのです。

ただもちろん、、

前回も言ったように、

オメガ3とオメガ6は
バランスが取れて初めて機能します。

オメガ3の成分だけが
健康に良いのではなく、

両者のバランスが取れて
初めて効果を発揮します。

ただ現代の食生活事情は
あまりにオメガ6が過多になり
バランスを崩している状況です。

だからこそオメガ3脂肪酸を
積極的に摂取するべきなのです。

そしてDHAとEPAなど
オメガ3脂肪酸という成分は

酸化しやすいというデメリットもあります。

効果的に摂取するためには
やはり新鮮な魚をお刺身で食べる

というのが良いでしょう。

DHAの理想的な摂取量は、

1日1〜1.5gとされますから、

刺身であれば、

マグロのトロで4、5切れ、
ブリなら6、7切れと言ったところでしょう。

魚の成分で脳の細胞膜を柔軟にし、
健康脳を保っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>