毎日発生するガン細胞、活性酸素を発生させる生活習慣の要因

毎日発生するガン細胞、活性酸素を発生させる生活習慣の要因
今回のテーマは、

毎日発生するガン細胞、活性酸素を
発生させる生活習慣の要因

について紹介します。

「あなたはガンです…」

と医者に宣告されたら
間違いなくゾッとするはずです。

しかし、あなたの体内には、

毎日3000〜5000個
ものガン細胞が生まれている

という事実をご存知でしょうか。

そうです。

毎日毎日ガンが生まれているのです。

しかし、それでも問題なく
過ごせるのは、

それ以上に免疫細胞が
うまく働いているからです。

すごく単純に言えば、

「毎日生まれるガン細胞」

「免疫システムの健全性」

のバランスが崩れた時、
ガンは問題化するわけです。

スポンサーリンク

ガン細胞が毎日発生する理由

人間の体は約60兆個の
細胞で構成されており、

そのうちの約2%が毎日
新陳代謝として、

古いものと新しいものが
生まれ変わっているのです。

細胞の核の中には、

30億も自分の遺伝情報が
詰まっており、

細胞分裂の際には
これを正確無比にコピーする
というのは大変なことです。

人間の体がいかに精巧に
作られているとは言え、

このような天文学的な
数字の作業からミスが起こら
ないはずはありません。

そしてそこ生まれたコピーミス
によって遺伝子が傷つき、

ガン遺伝子は目覚めてしまうのです。

その数は、一日につき
3000〜5000個と言われています。

活性酸素を発生させる生活習慣の要因

このように、

ガン細胞は自然発生するものですが、

これで悪性ガンになれば、
人類は皆絶滅するはずです。

こうならないように、

あらかじめ免疫システムが
ミスコピーされた細胞を
綺麗に除去するシステムを

しっかり備えているのです。

だから本来は安心なのですが、、

一方で生活習慣の乱れが要因
として発生するものもあります。

繰り返しこのテーマで
紹介しているように、

活性酸素を大量に発生させる
生活習慣というのは、

人をガンにしやすくしたり、

万病の原因となり、
老化を促進させるものです。

なぜなら活性酸素も
遺伝子を傷つける要因だからです。

活性酸素を発生させやすい
生活というのは、

ストレス過多、電磁波、
食品添加物や化学物質、

腸内細菌の乱れなど、

身近なリスクが日常的に
潜んでいるわけです。

毎日発生するガン細胞vs免疫システム

こうして、必要以上に
ガン細胞が増えるのが問題です。

体内で自然発生する
ガン細胞だけでなく

こうした環境的な要因で
増えてしまった遺伝子の傷
によるガン細胞が増えると、

もともと備わっている
免疫システムだけでは

対応できなくなるのです。

体内でガン細胞が
次々と発生したとしても、

免疫システムが正常の稼働し、

ガン細胞をくまなく
叩きのめすことができれば、

ガンを発症せずに済むのです。

だからこそ

ガン細胞、活性酸素を
発生させる生活習慣の要因

をできるだけ減らし、

免疫システムをより
強力にたくましくする、

このアプローチが重要です。

そして鍵を握るのはやはり
食生活と言えるでしょう。

ガン細胞と闘う食材

免疫細胞の一種である
マクロファージというのは

ガン細胞を見つけると、

腫瘍壊死因子(TNF)という
ガン細胞を殺す物質を
分泌します。

このTNFは、ある食材を
取ることによって分泌量を
高めることができるのです。

その食材というのは

果物ではバナナがナンバーワン

ということがわかっています。

帝京大学薬学部の
山崎正利教授らの研究グループ

の研究発表によれば、

これらの食品群の効果は、

抗がん剤のインターフェロンに
劣らなかったということです。

<野菜>

1.キャベツ
2.なす
3.大根
4.ほうれん草
5.きゅうり

<果物>

1.バナナ
2.スイカ
3.パイナップル
4.ぶどう
5.ナシ

<海藻>

1.アオマフノリ
2.アカスギノリ
3.アカノリ
4.ヒジキ
5.昆布

以前に紹介した、

デザイナーフーズ・ピラミッド
レインボーフード、
発酵食品などと共に

これらのリストも参考にして、

副作用もなく、美味しい
これら食品を日常的に食べておけば、

現代のリスクのある
生活習慣の要因に対抗し、

毎日発生するガン細胞、
活性酸素対策となり、

ガン予防効果も期待できるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>