味噌の微生物、酵母の腸内細菌の作用で放射能から体を守る?


今回のテーマは、

味噌の微生物、酵母の腸内細菌の
作用で放射能から体を守る?

について紹介します。

現代社会を生きる私たちは、

文明の発達のおかげで
非常に便利な生活をしています。

科学技術が発達し、衣食住も
困らなくなったわけです。

ところがなぜか、

衣食住に困らない豊かな生活が、

健康、美容、長寿に
大きな弊害をもたらすようにも
なってしまったのです。

科学がもたらしたのは、

便利さだけでなく、

地球や人体に有害な物質も
撒き散らしてしまったのです。

例えば、そのおかげで

目に見えない有害物質が
たくさん存在するようになりました。

この半分以上は人間が
科学的に作り出したものであり、

その多くはガンを誘発する
と言うこともわかっています。

そして、こうした現代社会の
テクノロジーの中、

伝統的な知恵に戻り、

味噌など発酵食品の知恵について
もう一度見つめ直してみるのは、

非常に有益になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

目に見えない放射能から体を守る

住宅に使われる
ホルムアルデヒドという化学物質が

シックハウス症候群を誘発したり、

農薬や添加物を多く含んだ
食品により、

生活習慣病のリスクが増えたり、

確かに日本の経済も発展し、

我々の安全面や飢餓の
心配はなくなったものの、

逆に新しい悩みのタネを
生んだわけです。

しかしこうした家や食べ物は
賢い選択をすればなんとかなります。

しかし空気中にも
有害物質が増えてしまえば、

もはや個人的な対策は
できなくなります。

特に今日本人が最も不安を
抱えているのが、

放射能の被害でしょう。

福島第一原子力発電所の
事故以来、

被災地の方々だけでなく、

日本中が目に見えない
放射能被曝の害に

不安を感じているでしょう。

こうした不安を味噌が
取り除く…と聞くと

なんだか不思議な気もしてきます。

味噌の微生物が放射能を倒す?

放射能被曝で不安視されるのは、

被曝量が多くなれば
細胞が傷つき、ガンを
発症する確率が高まるからです。

もっと言えば、

目に見えないリスクが高まる

と言ったなんとも言えない
不安があるわけです。

実は、放射能被曝における
人体への被害を防ぐ方法も、

原発事故以前から行われており、
一定の効果を発表しています。

やはりその鍵を握るのは、

微生物の力でした。

アメリカのバイオテクノロジー企業
の顧問をしている、

A・グドコフ教授らによれば、

腸内細菌が作り出すタンパク質に

放射能障害を防御する作用が
あることを実験で確かめました。

その実験により開発した薬では、

致死量の放射能を当てられた
二つのグループの猿のうち、

薬を投与されなかった
グループの猿は、

70%が死亡してしまったのに対し、

薬を注射されたグループは
全頭生き残り、放射能障害の
度合いも少なかったようです。

微生物、酵母の腸内細菌の作用

こう聞くと、その特殊な
薬を早速手に入れたい!

と感じるかもしれませんが、

実はその効果は味噌で
十分という話もあります。

発酵食品に含まれる
微生物、酵母や細菌の力が

放射能にも作用するのです。

日本でも、広島大学の
伊藤明弘教授らチームが

味噌が放射能障害を
防ぐことをマウス実験により
確認しています。

さらに味噌の放射能障害防御作用は、

味噌の熟成期間が長くなる
につれ大きくなりました。

つまり発酵菌が多いものほど
効果が高くなるということです。

このメカニズムを
少し考えてみましょう。

今から遡ること約20億年ほど前、

地球にはオゾン層が形成されつつあるも、

今より強い放射能が宇宙から大量に
降り注がれていたと言われています。

腸内細菌が放射能から体を守る

その時に地上にまず

発生したのが細菌や酵母、
カビなどの微生物、原始生物
だったわけです。

つまりその頃から、

細菌や酵母、カビなどは
放射能に強い抵抗性を持っているのです。

そして悠久の時間を経て
人類(がどう発生したのかも謎ですが)
と微生物が共存するようになります。

つまり現代人も、

こうした微生物を腸内に
取り入れることによって、

その人自身の放射能への
抵抗性が高まる、

というのは確かに理にかなっています。

もちろんどんな発酵食品でも
ある程度の効果はあるでしょう。

しかし中でも味噌は
放射能に強い、微生物が
多く存在すると言われています。

特に熟成度の高いものほど、
麹菌、酵母菌、乳酸菌など

優良な発酵菌が豊富です。

日本の伝統の発酵食品の力

発酵食品を食べることで、

腸内の善玉菌を増やすことは、

腸内環境を改善し、免疫力を高め、
活性酸素の対策になる、

アンチエイジングに
必要不可欠な要素である、

とこれまで紹介してきましたが、

人体に有益な微生物は
放射能にも効くとのこと、

もちろんこれは私自身の
体を使って確かめた

というものではありません。

まだ主流の意見ではなく、
勝手なことも言えません。

「味噌さえ食べておけば
放射能でも大丈夫」

と保証するわけにはいきませんが、

広島での原爆後遺症の調査でも

「味噌を食べていたので
後遺症が軽く済んだ」

という報告も多数されているようです。

少なくとも、

健康、美容、長寿にとって
非常に重要なことに変わりはないので、

発酵食品、そして味噌を
しっかり日常の食生活に取り入れて
いくのは非常に大切なことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>