主食は全粒穀物に変えると食物繊維で老化を防ぎ免疫力を強化


以前、アンチエイジングの為には、

脂質やタンパク質を増やし、
炭水化物を減らす方が良い、

特に50歳を過ぎたら、

体で使われるエンジンが
切り替わる為に、

主食となる食べ物は
できるだけ控える方が、

老化を防ぐと紹介しました。

ここでご飯やパンなど主食を
減らすことに抵抗がある人も
多いでしょう。

そうした人にオススメならば、

主食を全粒穀物に切り替えることです。

これはテロメアの減りを防ぐため
にも良い習慣と言えます。

なぜならテロメアに良い
と言われる栄養素は、

食物繊維とビタミンE

そして全粒穀物はこのどちらも
摂取することができます。

スポンサーリンク

主食は全粒穀物に変えるメリット

全粒穀物というのは、

白く精製されていない、
食物繊維をまとったままの
穀物のことです。

ご飯であれば、
玄米や五穀米がそうですし、

パンやパスタであれば、
全粒粉を使ったもの、

麺類であれば、
十割蕎麦などに当たります。

私たちは急速な
エネルギー補給のため

あるいは流通上の観点から、

真っ白い主食を食べるのが普通です。

白米、小麦粉、砂糖など、、

しかし色のついた自然のまま
に近いものに変える方が、

体にとっては有益なのです。

これらは精製されたものに比べ、

栄養価も高く、テロメアの短縮を
防ぐ抗酸化効果があったり、

食物繊維が腸に作用して、
免疫力を強化したり、

といった体への効果も
知られているのです。

ご飯を抜くのはストレスですから、、

私も、もともとご飯や
ラーメンにパスタ、うどんなど、

主食大好き人間でした。

だからこれらを断つというのは
非常に苦しい思いをしました。

そこで健康の先生に
教わったのが全粒穀物です。

白米を五穀米に切り替える
だけで私の体は変わりました。

白米に慣れた人は最初は
少し違和感を感じますが、

味わい深く美味しいです。

我慢のストレスもなくなります。

パンも白いものでなく
色のついた全粒粉のパンも

パン屋さんでは置いて
あるところもあり、

時々買ってきては楽しんでいます。

全粒穀物の食物繊維で老化を防ぐ

糖分や炭水化物はもちろん
人間にとって必要ですが、

アンチエイジングを目指す上では

付き合いを考えなければ
いけない栄養素です。

特に50歳を過ぎれば、

解糖エンジンを酷使する
精製された白い主食を食べると、

必要以上に体を傷つけます。

老化を早め、病気のリスクを
増やしててしまうのです。

白米や小麦粉を使った
主食となる食品は、

そもそも食物繊維を
そぎ落としているので、

腸からの吸収が早くなって
しまいます。

血液中のブドウ糖の量である
血糖値も跳ね上げてしまい、

インスリンというすい臓から
分泌するホルモンを酷使します。

これが糖尿病を引き起こす
原因にもなりますし、

免疫力を下げてしまい
老化を早めることになります。

食物繊維で老化を防ぎ免疫力を強化

血糖値の急上昇は、

解糖エンジンを一気に
動かしますから、

体に負担をかけるのです。

しかしここで、主食は
全粒穀物に変えることで、

五穀米や玄米などは食物繊維が
周りを覆っていますから、

糖質の消化吸収に時間がかかるのです。

負担を減らすことができます。

つまりテロメアの短縮も防ぐのです。

同じお米、小麦でも、

精製しているかしないかで、

栄養に大きな違いがあるのです。

もちろん食物繊維自体が、

腸内細菌の餌にもなり、
免疫力の強化につながります。

主食を食べたい人は、

全粒穀物に変えること。

白く精製されていないものを
意識的に選ぶことで、

楽しんで食事をすることが
できるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>