エレベータースピーチに学ぶユダヤ人の人間関係と会話術の極意

「エレベータースピーチ」に学ぶユダヤ人の人間関係の極意
今回のテーマは、

エレベータースピーチに学ぶ
ユダヤ人の人間関係と会話術の極意

について紹介します。

人間には足が二つ、
手は二つ、目は二つ、耳は二つ
鼻の穴は二つ…と、

重要なものは全て二つある、

ところが口は一つしか無い。

だから口こそ一番重要なのだ、

…などという格言がある通り、

ユダヤ人は言葉を使う発言の
重要性を認識しています。

またユダヤ人は人間関係を
上手く築く人が多いです。

ネットワークを常に広げ
情報収集やコネクションを築きます。

私の知り合いのユダヤ人は

「エレベータースピーチ」

というテクニックは

人生を成功に導くテクニックだと
教えてくれました。

ユダヤ人は直接会って話すことを
好みます。

現代人はメールで済ませようとか、
電話で足りると思いがちですが、

会って話すことを彼らは好みます。

面倒くさいとか迷惑ではないかと思わず、

人と人とのつながりを大切にし、
時間を割くのが彼らの特徴です。

本当に重要な情報は
人が握っているものですし、

なかなか外には出てこないものです。

スポンサーリンク

ユダヤ人成功者流会話術の極意

アメリカの映画監督でユダヤ人の
ウッディ・アレンは

「成功の80%は顔を出すだけで手に入る」

といいます。

人と直接会うと、「ここだけの話
というのがよくありますが、

セミナーなどでも、
著者は本には書けない話をしたり、

セミナーで話せないような
裏話を懇親会でしてくれることがあります。

以前は学ぶために
良くセミナーに参加していたのですが、

最近私も、懇親会に参加するために
セミナーや勉強会に参加するようになりました。

講師や参加者と人間関係が
築けるのはそう言った席だからです。

「黙っていても通じ合える」

…というのは島国特有の
独特な考え方なのです。

そして相手を理解するには

徹底的に会話をして
コミュニケーションをとらねばなりません。

エレベータースピーチで人間関係を作る方法

ユダヤ人成功者に教わった
エレベータースピーチというのは、

30秒などの短い間に、

自己紹介、プロジェクト、商品、
サービス、アイデア、自分のやりたい
ことなどを説明することです。

いつも自分の考えを短く
説明できるようにまとめておくと、

誰か重要な人に出会ったときに

プレゼンでき、チャンスが
飛躍的に増えます。

ロックバンドキッスのボーカリストで
ユダヤ人のジーン・シモンズは

会話術の極意として、もし重要人物
と顔を合わすことができたら、

「恥ずかしがらない事、

話す機会を得れたら、
チャンスをつかみなさい。

力強く話す事。第一印象が大切。

ビジネスの時には目に力を込めて、

自信を持って、カリスマ
のようにふるまいなさい。」

とアドバイスしていました。

日本の政治家などの記者会見
などを見ていると、

態度がブレていたり、
発言をいつも訂正したり、

声もモゴモゴしてハッキリ
しないなど、

スピーチ内容も

「遺憾に思う」
「前向きに検討します」

などうまく翻訳もできないような
言葉ばかりで煙にまきます。

中身の無い内容を
長時間ダラダラ話しても、
相手には何も伝わりません。

特にこれからグローバル化した
国際社会で活躍するには、

簡潔に主張をハッキリと
伝える事は重要になってきます。

「エレベータースピーチ」という
テクニックを駆使して、

会話術の訓練をすると共に、

短時間でも、人と直接会い、
コミュニケーションをとることが
重要と言えるでしょう。

グローバル社会の会話術を学ぶメリット

また日本人が苦手とする
コミュニケーションの一つに、

質問があります。

欧米のセミナーや講演会に出ると

質疑応答の時間だけでなく、
途中でも質問が飛び交います。

一方で日本では、

学校でも塾でもセミナーでも、

質問があまりされません。

あるセミナーを日本で開催した
外国人講師の人が、

あまりに質問されていないので
理解されていないのではないかと
危惧していたのですが、

そのセミナーの参加者の
満足度が高い事を知って
驚いていました。

国際社会において
質問をするというのは、

議論や喧嘩や言い争いではなく、

あくまで物事を正確に
理解して実行する為、

問題を解決するのに必要な
情報を抑える為に、

重要なものです。

欧米では学校でも授業中に
質問をしなければ、

良い成績はもらえないのです。

欧米人やユダヤ人だけでなく、

中国人もインド人も
会話によく質問が入ります。

日本では自分の要望を遠回しに
伝える為に質問を使うので、

回答者は言葉の意味を察して
答えなければいけず、

気苦労が多いものです。

戦時中の学校では、

生徒が先生に質問をしただけで

「口答えするのか!」

と殴られたという事もあったそうです。

こうした風潮が未だに若干
残っているのかもしれませんが、

むしろこれからグローバルな
社会になって行く時に、

日本流だけでは通用しなくなります。

もう一度根本から
コミュニケーション術を学ぶ
時期にきているのかもしれません。

SNSで本当の人脈ができるのか?

時代が進み、テクノロジーが進化し、

コミュニケーションや会話に必要な
「ツール」自体は進化しています。

最近はFacebookやツイッターなど
ソーシャルネットワークが流行っていて、

人間関係をスムーズにしてくれる
ツールが多く出回っています。

一方で「SNS疲れ」や
「ソーシャル中毒」など

ネガティブな一面も伝えられます。

こんな状況にあるユダヤ人は

「日本人はみなツールに使われ過ぎ」

と言っていました。

「余計なコミュニケーションに時間と
神経を使って疲れるくらいなら誰かと合えば良いのに」

と彼の意見は至極真っ当だと思います。

人間関係を築くのはやはり
直接人と会うのが一番なのです。

ツールの向こうにいる1万人よりも、

目の前にいる1人、2人、

としっかり会話をしてつながる
事をユダヤ人は好みます。

だから、フットワーク軽く
人に会いにいくのです。

ツール万能と考えず、

どこまでも人間相手である事が
ぶれない人間関係の姿勢です。

そんな姿勢をユダヤ人から学ぶ
事ができます。

エレベータスピーチなど
テクニックを参考にして

人間関係と会話術の極意を
磨いて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>