納豆にネバネバ食品を混ぜる腸内細菌と食物繊維の相乗効果

納豆にネバネバ食品を混ぜる腸内細菌と食物繊維の相乗効果
今回のテーマは、

納豆にネバネバ食品を混ぜる
腸内細菌と食物繊維の相乗効果

について紹介します。

前回、オススメ食材として
紹介した納豆のパワーですが、

さらにパワーアップさせる秘訣があります。

免疫力、そして健康、美容、長寿
と腸の健康は切って切れない
関係にあるのですが、

そのために日々の食事にほんの
少し工夫を加えることで、

腸の健康を高めることができます。

その一つが納豆を食べることですが、

その納豆を食べる時も、

十分に練って、ネバネバを
たっぷり引き出してあげるほど

善玉菌は活躍してくれるでしょう。

最近では納豆をかき混ぜる
専用の箸も売られているようなので、

ゲットするのもいいかもしれません。

納豆にネバネバ食品を混ぜる相乗効果

さらに、納豆にネバネバした
食材を一緒に混ぜると理想的です。

野菜類には面白い特徴があります。

中でもネバネバ食品というのは

腸内細菌の大好物である
水溶性の食物繊維がたっぷり
含まれています。

具体的には、

山芋、オクラ、モロヘイヤ、
めかぶ、などです。

これらのネバネバ食品を
3つ以上納豆に混ぜれば、

各々の食材の栄養素だけでなく、

その発酵菌と食物繊維の相乗効果で、
腸にとって理想的な食材となるのです。

ネバネバ食材は兄弟のように
力を合わせてくれるわけです。

さらに作るのに手間もかからず
簡単にできます。

腸内細菌と食物繊維の免疫力効果

これらネバネバ食品の
コラボレーションは、

免疫力を高めるパワーも
腸の健康を促すパワーも
抜群です。

味も美味しくなるので、

私もできるだけ毎日、
納豆にネバネバ食品を入れ食べており、

いつも快腸生活を保っています。

そもそもなぜ、

納豆菌のように、もともと
腸に住み着いている菌を

日常的に食事として外から
入れることが、

免疫力アップに繋がるのでしょうか。

そのメカニズムは簡単で、

腸内の常在菌が外から入ってくると、

その菌は仲間が入ってきた
ことで刺激され、

動きを活性化させます。

入ってくる菌の数や種類が
多くなれば、

その分腸内細菌が働き、
腸全体の働きが高められるのです。

腸の動きを活発にしてくれる
食材はいくつかありますが、

中でも微生物がたっぷりの
発酵食品は最高です。

納豆で健康、美容、長寿を目指す

そして日本人にとっての
発酵食品はやはり納豆が基本です。

腸内細菌が免疫細胞を活性する
働きがあるわけですから、

腸内細菌が元気になれば、
免疫力も必然的に高まります。

腸の健康レベルを上げるため、

発酵食品に食物繊維というのは
理想的なパートナーです。

納豆にネバネバ食品を混ぜると
腸内細菌と食物繊維の相乗効果
が生まれるわけです。

納豆が免疫強化に聞く理由は
他にもあります。

その一つが、納豆菌など枯草菌は
固い殻に覆われているのです。

枯草菌は固い殻に
守られているのですから、

胃という過酷な環境下も
通り抜けて、

生きたまま腸にまで届くのです。

美味しく楽しくアンチエイジング

そして腸に届くとそこで殻を破り、
腸にいる仲間の菌たちを刺激し、

元気つけるのです。

さらに納豆には健康作用の高い
栄養素が豊富です。

例えば、

骨粗鬆症や女性の更年期障害を
緩和し予防すると言われる
「イソフラボン」

悪玉コレステロールや中性脂肪
を減らす「レシチン」

カルシウムの吸収を促す
「ビタミンK」

強力な抗酸化力を持つ
ビタミンE

など納豆は備えています。

抗酸化力というのは、

細胞を錆びさせて老化やガンを
引き起こす「活性酸素」を
無毒化するパワーがありますから、

まさに納豆はアンチエイジング食です。

そして

山芋、オクラ、モロヘイヤ、
めかぶといったネバネバ食品も

単体の食材としても
ビタミンやミネラルなど、

野菜特有の薬効成分があり、

まさに美味しく食べやすい、
理想的なアンチエイジング食が、

納豆にネバネバ食品を混ぜることなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>