ユダヤ人の持つ選ばれた民、選民思想、エリート意識のメリット


ユダヤ人の持つ「選ばれた民、選民思想」
エリート意識のメリットとは何でしょうか?

それは高いセルフイメ−ジが
作られる事による自信です。

「成功する為には自信を持っていることが大切」

と成功するユダヤ人は言いますが、

旧約聖書に記述されているように

「神に選ばれた民は、ユダヤ人」

と言う選民意識が培われます。

彼らは「選ばれた民」である
意識を持つ事ことや、

小さいことから褒められ、
個性を大切に育てられているので、

自信を持つユダヤ人が多いです。

あるラビは、ユダヤ人は自信過剰
と言っても良いと述べています。

確かに個性的に育てられているせいか、

ほとんどのユダヤ人は自信を
持っている感じがします。

スポンサーリンク

ユダヤ教の選民思想、選民意識

ユダヤ人の成功哲学
優秀な人物の輩出の背景を語る上で

宗教としてのユダヤ教との
密接な関係は無視できません。

自分たちが神から選ばれた
選民思想を強く自覚し、

民族的な固い団結を築いたからです。

それによって、長年の
厳しい差別や迫害に辛抱強く耐え、

ユダヤ人としての
アイデンティティを保つ事ができたのです。

一神教であるユダヤ教徒とユダヤ人は
表裏一体のの関係にあり、

ユダヤ教はユダヤ人の民族宗教なので、

ユダヤ教を信じる事と
ユダヤ人である事は一体不可分の関係です。

つまりユダヤ教を
信じればユダヤ教徒であり

つまりユダヤ人という事、

ユダヤ教に改宗すれば
原則としてユダヤ人になれ、

神に選ばれた民となります。

だからこそ民族としての強い意識

そして個人としてもエリートとしての
強い自覚を持つ人が多いのでしょう。

高いセルフイメージを持つメリット

心理学においては、

セルフイメージと言うのは
自分が自らに抱いているイメージと言うもので、

このイメージが高いか低いかで
実際の行動が変わり、

成功確率も変わってくると言います。

高いセルフイメージを持っていると、

他人の批判やどうでもいい事に
心を悩ませることがないので、

成功に向けて気持ちを集中しやすくなるのです。

そんな選ばれた民である意識を持つ

ユダヤ人の親は子供の個性を
伸ばす
教育をするのに熱心で、

子供が卓越することを強く望みます。

何かに卓越するべく、
怠けずにコツコツと努力しなくてはならない、

ユダヤ人の母親はよくいい、

彼女たちは子供の勉強や
進路に関してかなり干渉するようです。

ユダヤ人の持つ「選ばれた民」のメリット

またヤコブ・クラークさんの著書

『ユダヤ人大投資家の「お金と幸せ」を
掴む正しい方法』のよれば、

ある調査では、
数多くのサクセスストリーを分析した結果、

生まれつきの才能は成功を
掴む上でごくわずかな役割しか
果たさないと言う事が分かったそうです。

学校でも職場でもビジネス界でも、

成功のカギとなるのは、
生まれつきの才能よりも、

決断力や勤勉さ辛抱強さなどと言います。

これも「選ばれた民」意識からくる
行動パターンの違いかもしれません。

こうした特徴は、長期的な計画を
実現させようとする時に必ず起きる、

避けようのない災難や障害に
対処する上で役立つのです。

信心深い選民思想を持つユダヤ人の特徴

また興味深い事に、

ユダヤ教はお金儲けやセッ○スを
タブーとしない特徴があります。

中世のキリスト教や仏教では

セッ○スは忌避されていたり、
清貧が重んじられていたりします。

しかしユダヤ教では
積極的に是認していたのです。

神を信じる事は大切だが、
神が与えてくれた肉体も
それにも劣らず大切だという事でもあります。

だからこそ、

天才的な人物を輩出するの
かもしれません。

お金儲けが上手い人種として
華僑も引けを取りませんが、

ユダヤ人の方がはるかに
信心深い特徴があり、

選民意識を持ちプライドを
持っているように思えます。

今では成功者と見なされる
アメリカのユダヤ人の多くは、

20世紀初頭に東欧から
渡った移民がほとんどです。

無一文で何のコネもなく
自分たちの力で成り上がっていったのです。

一流百貨店メイシーズやギンベルを興した
ラザルス・ストラウス、

ゴールドラッシュ時に
用品雑貨を売ったリーバイスの
リーバイ・ストラウス

当時は深刻な不況で
職にある就くのも困難な貧困から

彼らは財を成していったのです。

彼らはどんな逆境にあっても
神をひたすら信じ「選ばれた民」として

聖地イスラエルにいつかは帰還できる
と熱望しイスラエル建国までこぎ着けました。

こうしたメンタリティこそ
成功の土台となっているのでしょう。

エリート意識を持つ事による成功法則

エリート意識を持つと
より自分に厳しくなります。

あるインタビューに書いてあったのですが、

1億円以上の資産を
作った人の共通点として

「太った人がいない」

事が挙げられていたそうです。

お金持ちは太った人がいない、

これは欲望をコントロールできる
という解釈です。

自制心が培われたからこそ
成功する事ができたと言う事です。

短期間で1億円以上の資産を
作った人には専業のトレーダーも多く、

日中は家でパソコンに向かって
トレード漬けという人もいる中で、

食事管理など、生活をきちんと
コントロールできるという特徴があったそうです。

もちろん日本人の多くは

幼少期から自分は特別
と考えるような教育をうけていませんが、

私たちもエリート意識を持ち、
「選ばれた民」のような
感覚で生活することで

自信も増えていくでしょうし、
自分をより厳しく律する事もできます。

この態度は成功する上で
非常に重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 人事部長 より:

     まあこれは宗教にさかのぼる必要があるな。
    ユダヤ教を基とするキリスト教とイスラム教それぞれの性格から反映される。
    ユダヤ教はユダヤ人中心主義でその反動で生まれたのがキリスト教とイスラム教。
    しかしキリスト教は民族中立主義でイスラム教はアンチユダヤ教になった。
    そういう、民族中立圏が広がっているのは今のEU圏であり、その中心がドイツと
    なった。しかし、宗教とか絶対神に支えを必要とするのがこの3宗教でありそこは
    同族なのであるが、そういう教義に支えられている中立性は絶対神の絶対性と相い
    れない要素をはらんでいて常に不安定。イギリスも離脱化を決めた。
     日本は奇跡ともいえる限りない無宗教的中立性を安定的に保つ仕組みが出来上が
    ったのは天皇の存在が大きい。その側近の隠れた暴挙には目に余るものもあるが。
    いずれにしても民族中立性がないと安定しないし、個人として神との絶対性がない
    と安定しないという社会モデルの中で世界をより良い方向へ導く視点が必要だ。
     20世紀、それを中和させる政治装置を開発し、一方は民主主義、もう一方は共
    産主義と変容した。そしてどうやら民主主義側が資本主義を付帯して勝利したよう
    に見える。しかしその資本主義の最大の受益者がユダヤ人であるという事実を、
    民主主義者は受け入れられないのが今日的状況であり、民族の個性(選民性)を
    資本主義というカラクリのなかでユダヤ民族がその民族性を達成しようとする
    限り世界的なテロは続いてしまう。資本主義の競争の原理までは正しいが、その
    あとにくる選民性のカラクリは民主政体においてどう監視するのかは大きな課題
    である。

    • admin より:

      人事部長様、コメントありがとうございます。
      なるほど参考になります。
      また何かあれば教えてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>