身体の軸を感じて鍛える体幹トレーニングの効果とデメリット

身体の軸を感じて鍛える体幹トレーニングの効果とデメリット
今回のテーマは、

身体の軸を感じて鍛える体幹
トレーニングの効果とデメリット

について紹介します。

世の中にはたくさんの
トレーニング手法がありますが、

そのどれもが一長一短
効果に違いがあって、

目的や手段によって使いこなせる事が
本当は理想なのでしょうが、

実際には流行に踊らされ、

心の軸がないままトレーニング
に励む人が増えています。

前回紹介した、

コアを鍛える、

スタビライゼーショントレーニング

と呼ばれるいわゆる体幹トレーニング
など固める系のトレーニングですが、

この効果は、

ブレない身体、ぶつかっても
あたり負けしない身体の強さを
身につけるためには

大きなメリットがあります。

これはコンタクト系のスポーツ
身体をぶつけ合うようなスポーツ、

ラグビーやサッカーをするなら
とても重要な物でしょう。

しかし一般の我々ビジネスマンや
主婦の方がどういった目的で
行うのかと言えば、

やはりまずは姿勢の安定化
ではないでしょうか。

しかし誤解を持ったまま
この体幹トレーニングを続けると、

身体にデメリットもあるのです。

スポンサーリンク

身体の軸ってそもそもどこにある?

まず考えるべきなのが、

「軸」という概念です。

確かに軸というのは大切な
物というイメージがあります。

「体軸」「センター」など
呼ばれる事もあります。

そして姿勢を良くする為には
まず軸が必要というのは、

一般的に考えられているわけですが、

その先に動きの中に
軸を求めて行くのは、

スポーツの世界で必要とされる
身体作りでしょう。

軸がしっかりしているほどブレない、
しっかりと立っていられる…

というのは何となく誰でも
納得できる考え方でしょう。

しかし、そもそも身体の軸
とは何なのでしょうか?

身体の中にあるべき軸は、

見える物として存在する
物ではありません。

だから軸を鍛えたり、
軸を感覚的に捉える事は、

決して簡単な事ではないのです。

普通に立っているだけの身体でも、

軸を感じる事が難しいのに、

動きの中で感じろというのは、
至難の業でしょう。

身体の軸を感じて鍛える効果

アスリートのパフォーマンスを
高めるというのはある意味
アートのような物です。

素人の私が口出しする
分野ではないでしょう。

しかし、一般人がトレーニング
をする目的というのは、

恐らく健康、美容、長寿の為でしょう。

その為に身体の軸を鍛える
というのはどういう事でしょうか。

最も簡単な例として、

立っている時の身体の軸というのは、

そもそも体の中のどこを
通っているのでしょうか?

あの手この手で身体の軸を意識
させようと工夫を凝らす人も多いですが、

所詮は主幹の世界にすぎないのです。

何かしら身体の使い方が上手い人は
身体の軸を感じる事ができたのでしょう。

それをなんとか他人に伝えようと
頑張ってみた所、

やはりあくまで主観です。

なんとかステップを作り
指導するトレーナーもいますが、

残念ながら最近の教え方は、

その主観でとらえる
一本のラインを求めるより、

身体をひとつの筒として捉え、

その筒丸ごと全部を安定化させる、

そのために体幹トレーニングの
手法は指導されている事が多いのです。

体幹トレーニングの効果とデメリット

海外では体幹トレーニングは、

「ブレイシング」とか
「ホローイング」

と呼ばれているのですが、

それぞれ微妙に捉え方と
方法が違うのですが、

どれも「締める」という
意味の言葉があてられています。

つまり、胴体部を筋肉で
締め付ける事によって、

筒を「固める」ということです。

それによって筒の堅牢さを作ろう
というのがこのトレーニングの
目的と効果です。

身体の軸を鍛える事で強固にして
倒れないようにするのが目的です。

しかし残念な事は、

中の空洞にあるべき十分な
スペースが保てず、

むしろ潰しにかかっている
パターンがほとんどという事です。

これがデメリットになる
ケースが多いのです。

これをダイエットで考えれば、

美しいくびれを作る為には、
運動と栄養摂取をしっかり考え、

地道に時間をかけて身体作りするのが
王道で理想のやり方だとしたら、

中世ヨーロッパの貴婦人が
ドレスの下で身体を締め上げていた
コルセットのような物で、

無理矢理くびれを作るような物で、

こうした状態を体幹トレーニングで
作り出しているような物です。

あなたは激しいスポーツをしますか?

こうした締め上げ、固めた身体は、

外力に負けない一時的な
強さを作れるかもしれません。

だからこそぶつかり合うような
激しいスポーツを行う上では、

大いに使い道にある身体になり
メリットも多いでしょう。

しかし、同じ手法で、
一般の人が姿勢を作る為に

こうしたトレーニングをするのは
如何な物でしょうか。

まして以前紹介したように、

こうした筋肉を使い続ける
意識づけは、

身体の硬さにも繋がるのです。

身体の軸を鍛える体幹トレーニング
の本当の意味をなすのは、

連続する動きのさまざまな
姿勢において、

一瞬もしくは長時間かかかり
続ける負荷に対して、

身体を固めずに、安定化を図る事です。

自分が求める身体作りをしよう

そして、要所要所で
力を発揮する際に、

その力を手足に効率よく
伝達する為の中継場所として
機能する事です。

それがこのトレーニングの効果です。

しかし最近の体幹トレーニングを
行っている人を見ると、

多くの人がこうした締めて
固める体幹の筋肉の収縮を、

終始、意図的にやろうとする
傾向があります。

すると何が起きるかと言うと、

その体幹周りに意図的に入れた
筋肉の過剰収縮が、

筋膜などで繋がる周囲の
筋肉にまで及び、

それらの筋肉がついている
関節周りの動きを硬くし、

体全体を固める事に繋がっていきます。

体幹部を締め付ける事で、

遠く離れた手足の動きまで制限し、

動きのイメージとのズレに
悩む事になってしまいます。

固める系のトレーニングで
姿勢がよく見える事があったとしても、

そう言う身体に触れると、

石のようにカチカチの筋肉で、
しなやかに動くからだとは
かけ離れた身体である事は、

誰にでも分かるでしょう。

果たしてそう言う身体作りを
本当に望んでいる人が、

どれだけいるのでしょうか。

目的や手段を間違えれば、
どんなトレーニングでも、

メリットでだけでなく
デメリットを及ぼすのです。

自分の目的にあった手法を
選ぶという事は重要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>