身体が突っ張る、身体が硬くなる原因、柔軟性と老化の関係

身体が突っ張る、身体が硬くなる原因、柔軟性と老化の関係
今回のテーマは、

身体が突っ張る、身体が硬くなる
原因、柔軟性と老化の関係

について紹介します。

身体が硬くなってくる、
動きにくくなってくる…

という悩みを多くの人は

「年も取ったわけだし…」

と、なかば諦めたかのように
老化を原因として放置してしまいます。

しかし、果たして本当にそうなの
でしょうか?

もう少し身体の仕組み、

筋肉の収縮のメカニズムを
見て行きましょう。

すると意外な対策法が見えてきます。

前回紹介したような、

ミカンの入る赤いネット
のような働きをする筋膜ですが、

あくまで筋肉の収縮に伴って動く物で、

それ自身が収縮するわけではありません。

しかし、あまり活動をしない
筋肉を包む筋膜においては、

次第に伸縮性が低下してしまいます。

それはコラーゲン繊維同士がくっつき、

癒着して行くというのが
最もイメージに近いでしょう。

スポンサーリンク

身体が突っ張るメカニズム

つまり、

動きにくくなる原因は、

まさしく動かないから起こるのです。

さらに筋肉が動かさない
状況が続けば、

隣り合う筋膜同士がくっつき、

それぞれ束で包まれている
筋肉の滑走が悪くなり、

筋肉の正常な働きが阻害
されてしまうのです。

そして、身体が突っ張る、
身体が硬くなる…など、

柔軟性が低下し、
身体を動かそうとした時、

自分のイメージ通りに動かない、
身体が硬いという状況になります。

もちろん中の筋肉自体が
縮んだまま硬くなる場合もありますが、

外側の膜である筋膜の伸縮性の
低下が原因で起こる、

柔軟性の低下もかなり多いのです。

動かないから身体が硬くなる

そしてこれらは必ずしも老化で
起こるという物でもありません。

私の知り合いで、

身体のどこかが突っ張るような、
動きの制限を感じている人は、

たいてい筋膜の滑走不全
というケースが多いです。

そしてそれは老化ではなく、

日々の生活の中で動かない…

という事が大きな原因になってます。

特にオフィスワーカーの人は、

長時間同じ姿勢で働く事で、
毎日こうした状況が繰り返されて
いるのは明らかでしょう。

筋肉というのは動かさなければ
衰えて行ってしまうのです。

心と身体の柔軟性と老化の関係

身体が硬くなるのは、
身体を動かさない時間が多すぎる事

が一番の原因にあるのです。

決して「年のせい」ではありません。

それを年齢のせいにして、
半ば諦める事で、

今度は心が老化します。

「欲」を失えば、

その先に待っているのは
本当の「老化」です。

では、こうした結末を防ぐ為には
何をすれば良いのでしょうか。

一念発起しジムに通い、
パーソナルトレーナーを付けて、

キツい運動や筋トレ、
過度のヨガやストレッチなどで、

動かしすぎてしまう人もいます。

しかしこれでは逆効果になる事があります。

しなやかで健康的な筋肉を
保持する為に必要なのは、

歯を食いしばってなにかと戦う…

という事ではなく何か特別な
事を頑張る必要もありません。

いくつか具体的な方法もこの
サイトでは紹介して行きますが、

適度に身体を動かす簡単な
習慣を持てばいいだけなのです。

次回は身体が突っ張る、
身体が硬くなると感じたとき、

或は凝りや痛みを感じた時に
多くの人が間違いやすい対策の
誤解について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>