腸内環境と腸内フローラと健康維持、細菌・微生物との共生が鍵

腸内環境と腸内フローラと健康維持、細菌・微生物との共生が鍵
今回のテーマは、

腸内環境と腸内フローラと健康維持、
細菌・微生物との共生が鍵

について紹介します。

人体の健康のカギを握る場所は
どこだと思いますか?

心臓とか、脳とか…

確かに全ての臓器が重要ですが、

私は健康、美容、長寿のカギを握る
臓器は「腸」だと思っています。

最近では少しずつ知られる
ようになってきましたが、

「腸内フローラ」

という言葉があります。

人間の腸内には1000兆以上の
腸内細菌が住んでいると言われます。

フローラというのは「お花畑」
という意味なのですが、

これは腸内の細菌を例えた言葉です。

よくよく想像すれば、

それほど美しい物ではない
ような気もするのですが、

実際に腸内フローラの働きは

お花畑以上にメルヘンチック
だったりします。

なぜなら、腸内細菌の状態、
腸内環境こそが、

あらゆる病気に関与しているだけでなく、

人間の正確や感情パターン
にまで影響するのですから、

腸内環境と細菌、微生物について
調べれば調べるほど、

まるでファンタジー映画のような
ビックリ仰天の話がいくつもあります。

スポンサーリンク

細菌・微生物との共生が鍵

例えばガン細胞を増やす腸内細菌がいて、

それを取り除けばがんも治癒に向かうとか、

インスリンの分泌に関わる
腸内細菌がいて、

その細菌たちによって
糖尿病になるかならないかが決まる、

また体脂肪を増やす腸内細菌がいて
そのため肥満になってしまったり、

シワを増やす腸内細菌がいて
老化を加速させてしまう。

と言った話もあり、

まさに健康、美容、長寿の
全てのカギを握るのが、

腸内環境と腸内フローラ次第、

とも言えるわけです。

だからこそ細菌・微生物との共生が
鍵となるのです。

現代人は、滅菌、抗菌など
「汚い、危険、怖い」と
微生物を排除する傾向にありますが、

腸内細菌が人間の健康維持を左右しているなら、

私たち人間はむしろ腸内細菌に
活かされている存在なのです。

だからこそ敵視するのではなく、
共生こそがポイントになるのです。

腸内環境と腸内フローラの発達

そもそも人間の胎児の時は無菌状態で、

生後7日間でみるみるうちに
腸内細菌が増えるようです。

主にお母さんの母乳から入ってくる他、

空気中からさまざまな食事から
細菌、微生物が赤ちゃんの体内に入ってきます。

そして大人になれば1000兆以上
という想像を絶する数になり、

生活環境によって腸内環境や
腸内フローラの状態は変わってきますが、

こうした微生物は目に見えないので
普段こうした細菌と共生している
という事実に気がつきませんし、

なかなかイメージもできません。

しかし毎日身近に感じられる
ものがあります。

それが「大便」つまり「うんこ」です。

「便」というのは食べた物が
腸で吸収、消化した後の残骸だと
考えている人がほとんどでしょう。

もちろんそれもあるのですが、

大便の中の食べ物のカスは
実際には全体の20%ほどと言われています。

そのほとんどは腸内細菌を始め、
無数の細菌や微生物の死骸なのです。

腸内環境と健康維持の為のチェック法

健康維持に関わる細菌として、

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

という分類がなされていますが、

全て私たちの腸内で生きて、
それが腸内フローラを形成し、

彼らのここの働きがあって、
私たちは生かされているのですが、

そのクオリティの良し悪しは
この排泄物から推し量る事も可能です。

これは真面目な話なのですが、

排泄物の色や量、形を
毎朝チェックする事は、

自分で簡単にできる健康維持法であり、

もしかしたら最新設備で見る
健康診断より正確に健康度を
チェックできる方法かも知れません。

例えば、下痢のような軟便であれば
何かしら問題があるかもしれませんが、

コロコロとしたウサギの糞
のような便でも問題があります。

そもそも腸内細菌の死骸が
外に排泄されない「便秘」というのは、

そう軽々しく考えては行けない
問題ある症状とも言えます。

また便の色が黒かったり、
茶色かったりするのは

悪玉菌が多い証拠で、

黄色っぽい色に近づくほど
善玉菌が多い証拠です。

我々人間は誰もが細菌・微生物との
共生をしているわけですが、

生活環境により、腸内環境や
腸内フローラの状態は変わります。

以上のような事を念頭に、

毎朝便をチェックして日々の
食生活を見直して行く事は、

健康維持に大きな意味があるのです。

トイレで感謝の念を持つ習慣の効果

そして大便にはもうひとつ、

あるものの死骸が含まれています。

それは私たちの身体を作る
ひとつひとつの細胞です。

細胞はその種類によって
数日から数十日単位で
生まれ変わるのですが、

働きを終えた細胞も便の中に
排泄されて行くのです。

このメカニズムが新陳代謝と言い

私たちの身体はその細胞全て
ひとつひとつ古い物から新しい物へ
生まれ変わりながら生きているのです。

だとすれば、便秘で便が出ない
という事は古い細胞を

体内にとどめておく事になり、

それが体調に問題を起こすことは
明らかなのです。

便というのは体の中で働いてくれた
さまざまな死骸でできているのです。

こうしたメカニズムを知ると、

便にも、細菌、微生物にも
感謝の念が湧いてきます。

「身体に入れるもの」として、

以前に食事の前に手を合わせ
「いただききます」と感謝する事の
大切さを紹介しましたが、

トイレの後にも
「ありがとう」「ご苦労様」

と言葉をかける事も良いかもしれません。

いずれにしても私たちは、
色々な物に活かされているのです。

自然の食物連鎖に感謝すると共に、

腸内環境と腸内フローラと
健康維持のカギを握る、

細菌・微生物にも感謝をして
共生して行きたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>