健康、美容、長寿の為の生殖機能と生存権の仕組みと生活習慣


どれだけ健康で幸せな人生を
歩んできても、

全ての生命には必ず終焉を迎えます。

生と死というのは人類の最大の
テーマでしょうが、

なぜ全ての生命に死という
終焉が訪れるのかは分かりません。

もしかしたら答えは出ないかも
しれませんが、

不老不死の世界があるのか?

全く想像もできませんが、
ひとつ観点を変えてみれば、

生命を固体ではなく種として
捉えて考えれば、

生命はある意味半永続性を持っているのです。

また生命を遺伝子と記憶の結合と言う
視点から見れば、

遺伝子も記憶も、個体から個体へと
少しずつ形を変えながらも、

脈々と伝えられてきています。

スポンサーリンク

究極の生産とは何か?

これまで人体の機能として
消化や排泄、代謝や神経、免疫など

色々なパーツを考えてきましたが、

最後に生殖機能について
考えてみたいと思います。

生命の本質は生産にある
と以前紹介しましたが、

仕事をしたり、仲間たちと
愛や絆を作ったり、

色々な生産の形はありますが、

究極の生産とは再生産、

つまり生殖ではないでしょうか。

生理学的に言えば、

生殖機能というのは二つの
胚細胞の結合であり、

自己増殖の発展形であり、
生命再生産の最高峰とも言える

生殖ほど有り難い物はありません。

生命に対する感謝が健康の鍵と
以前もお伝えしましたが、

当然、健康、美容、長寿の為にも
重要な意味もを持っています。

生殖機能の仕組みと生活習慣

健康、美容、長寿の為の
生殖機能と生活習慣を考えると、

とにかく誤解が多い気がします。

偏った考えを持てば
やはり不健康な物になります。

生殖行為を排泄行為の一種と見なすような
汚らしい隠すべき、恥ずべき対象

と捉えるのも間違った習慣であり、

生殖行為を悪徳行為とする
禁欲主義も偏った考えです。

逆に、生殖行為を異常に
賛美したり、執着することも
不健康な習慣ですし、

生殖行為と死を結びつけた
芸術、文学的な考えも、

極端な考えではないでしょうか。

バランスよく健康的な生殖との
付き合いこそが大切だと思います。

バランスの良い生殖が健康を作る

射精と排尿を混同したり、
性交を不浄の行為と誤解するのも、

性交を最高の快楽と誤信するのも
バランスを崩した考えです。

また人間にとって性交そのものが
世代交替の瞬間であり、

重く受け止め過ぎることも
生命の本質野菜生産の仕組みの意味を
正当に理解していないのではないでしょうか。

人間は鮭とカマキリとも違います。

だからと言って動物のように
生殖だけを追い求めるのも違います。

また生命の誕生に必要な行為を
宗教や文化的風習からとがめられたり、
罪の意識を持つことも違います。

生殖行為は完全に無罪な物です。

生殖に対しての誤解を改め、

健康、美容、長寿の為の
生殖機能の仕組みと生活習慣を
取り戻す為に必要なのは、

やはり生命に対する感謝の念を
向上することではないでしょうか。

考えれば考えるほど生命の誕生
そして生きることは神秘的なことです。

宇宙という巨大な生命の中に漂う人間、

この小さなひとつの生命に対する感謝こそが、

より人生を豊かにして
健康、美容、長寿を実現してくれます。

そして生命の再生産に対する
感謝も生まれてくるのでしょう。

生存権の仕組みと生活習慣の関わり

そして生殖に感謝できれば
生存そのものに感謝もできます。

全てのに年は生まれながらに
基本的人権を与えられているというのが
近代法の基本的な考えですが、

同様に全ての人が生まれながらにして
生きる権利、つまり生存権を持っている
とされているわけですが、

生きる為の知恵という物は、
必ずしも全ての人に備わっている
とは言い難いようです。

知恵というのはやはり生まれながらに
持っている物ではなく、

生きているうちに磨いて
行くべきものでしょう。

生きることを大切にするほど
健康、美容、長寿も実現します。

そして生存の為の知恵として
三つ重要な概念があると思います。

ひとつが「自業自得」という概念です。

良くも悪くも自分自身の思考と行動が
自分の生命や人生を決定するのです。

健康というのは医者が与えて
くれる物ではありません。

自分で生み出して行く物なのです。

人のせいにしている限り、
大切な物は手に入れる事はできません。

自分の考え、行動が、自分を作る、

ここを忘れてはいけません。

健康、美容、長寿の為の生存権

そしてもう一つ大切なのが

「適者生存」という概念です。

健康、美容、長寿を考えるだけでなく、
人生の幸福や豊かさを考える上でも、

このテーマでは体の声を聞く、
「ホメオスタシス」という
人体の機能を紹介しましたが、

究極的に言えば、

環境変化に適応して自らを
変化させた個体のみ生存が許される

という法則、自然の掟が
あると思います。

こうしたバランスを崩したとき、
生命は失ってしまうのです。

宇宙、或は自然と言う秩序を
大きく乱せば甚源も生存権を失い、
淘汰されるかもしれません。

つまり、極点に言えば、

生存権というのは誰にも備わった
当然の権利ではないということです。

生存して行く為には大きな
チャレンジが必要であり、

自ら何とかして手に入れるべく
努力すべき物とも言えます。

こうした自業自得、適者生存
という不普遍的な法則のもと、

我々は生活をして行くわけですが、

底に加えてほしいのがやはり
健康、美容、長寿に生きる為の
生活習慣なのです。

これを着実に実践することが、

生命維持の為の知恵であり、
人生を全うする為の知恵なのです。

そして適切な生殖で次世代につないで
行くべき物なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>