健康、美容、長寿の為の感覚機能と五感や神経機能と仕組みと生活習慣


食べる、寝る、子孫を作る…

など生命の根源的な活動は

当然人間には必要なことで、

健康というのもその為に存在する、

と考えるほうが実際に健康レベルを
高められるということは、

これまでこのテーマでの
一貫した流れにあります。

体の声を聞く…

素直に身体が活動できる為の
生活習慣を作ることが大切です。

さてここで感覚機能というのは、

環境変化に対して生命が反応する
状態その連鎖であると同時に、

生命維持に必要な情報の源でもあります。

そしてその仕組みは、

嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚、

という五感によって、

環境と生命は接点を持ち、

その接点に置ける刺激が感覚の本質です。

スポンサーリンク

感覚機能と五感や神経機能の仕組み

感覚を感じる、何かしらフィーリングを
感じるというのは不思議な物ですが、

そこに私たちは意味を見出します。

感覚機能の蓄積が記憶であり、
感覚機能の再生が言語を生み、
感覚機能の洗練が芸術を生み、

という所でしょう。

感覚が運動へ直結することが
原始反射であり、

感覚から運動への迂回経路が
感情です。

人間というのは、

感覚、運動、感情、言語

と言う面があり、こうした要素の
相互作用で成り立つ物でしょうが、

ここで言う感覚機能というのは、

運動や感情、言語の源となる、

この仕組みにおいて常に
新しい感覚を受け続けることが、

生命維持の為に重要になります。

健康、美容、長寿の為の神経機能

そして感覚を運動に直結するのは
神経の働きです。

感覚がに直接連結するのが、
原始反射で、

若干の遅延を伴った連結が感情、

半永久的な遅延を伴った連結が言語です。

これらの連結作業を担っているのが
神経機能で、

生体内の情報伝達の総体であり、

神経細胞とその無数の連結を
構造基盤としています。

神経細胞の細い束を末梢神経と言い、

神経細胞の塊を脳脊髄と言います。

脳は神経機能の中枢であり、
精神の本拠地でもあります。

健康、美容、長寿の為にも脳の機能を
上げ続けることは重要ですが、

感覚機能、五感や神経機能を
磨いて行く生活習慣は、

とても大切なことなのです。

感覚機能と神経機能と生活習慣に関わる呼吸

これらの神経細胞は、睡眠中も含めて
24時間働き続けています。

人体を構成する全細胞の中で、
最も酸素消費量が多いのが神経細胞で、

5分間の酸素供給がなければ
壊死してしまうほど酸素消費量が多く、

それは神経細胞が常に働き続けている
証拠でもあります。

特に脳はあまりに
高度な機能を持っているため、

ほとんどの人間は自らの
神経機能を使いこなすことが
できていないと言われています。

神経の存在理由は、

生命が環境の変化に対して、

適切な秩序ある反応をする事にあります。

反射、感情、言語という
三つの時間的なズレを持って、

生命は環境に対して運動と言う
形式で答えて行きます。

これが動物と側物を区別する生命機能です。

健康、美容、長寿の為の生活習慣の鍵

こうした仕組みをいかにコントロールするか?

これは我々人類にとって
誰もが課題なのでしょう。

月へ宇宙船を飛ばすのも、

地球上で核爆弾を炸裂させるのも
神経の働きですし、

周りに愛情を分け与えながら
豊かな生活をするのも神経の仕組みが
あってのことです。

横隔膜呼吸で酸素を神経に与えるのも、

また逆に喫煙で酸素を神経から奪うのも、
神経の働きです。

必要最低限の食事を合理的に選択するのも、

慣性と惰性によって不必要な
過剰栄養を摂取し続けるのも神経の働きです。

環境から取り入れるさまざまな
新しい刺激に感謝するのも、

それらを無視したり当然視したり
するのも全て神経の働きなのです。

健康、美容、長寿の為の鍵は
ここにありそうです。

こうした神経の働きは、

そのほとんどが無意識下で
進行していますが、

一部は意識によって制御することができます。

その最たる物が呼吸であり、
食事であり、感情です。

感覚機能と五感や神経機能と仕組みを
理解しながらも、

健康美容長寿の為に、

この三つの神経機能を最大活用し、
生命を制御する為の生活習慣の方法を

しっかり実践しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>