健康、美容、長寿の為の運動機能と筋肉の機能と仕組みと生活習慣

健康、美容、長寿の為の運動機能と筋肉の機能と仕組みと生活習慣
今回のテーマは、

健康、美容、長寿の為の運動機能と
筋肉の機能と仕組みと生活習慣

について紹介します。

我々人間も動物であり、動く物です。

そして運動というのは、

骨の移動と筋肉の収縮を通じて
肉体の移動を行うことであり、

人間の人生にとって
欠かせない機能のひとつです。

動物と植物を区別する決定的な
機能が運動であり、

こうした運動機能を司るのは、

大脳が介在する一部を除き、
そのほとんどが小脳によって

無意識に制御コントロールされて
いるのです。

スポンサーリンク

運動機能と筋肉の機能と仕組み

前に紹介した美容、健康、長寿の為
最も大切な基本が、

呼吸にあると良い、深い呼吸をする事の
メリットや重要性を紹介しましたが、

呼吸筋という反復的な収縮である
呼吸も筋肉運動のひとつです。

生命維持に最も重要な運動が
呼吸であり、

次が歩行でしょう。

深呼吸やウォーキングの重要性は
これまでも何度か伝えてきました。

その意味では、

呼吸と歩行を同時に鍛えられる、

水中で動く運動である
水泳というのは、

美容、健康、長寿の為に
非常にメリットがある運動であり、

逆に言えば、

運動は何であれ良いというわけではありません。

特に間接に負担のかかる
運動はデメリットも多いです。

ジョギングなどは健康ブームと
相成り人気ですが、

デメリットが多いです。

格闘技なども不健康的な
運動と言えるかもしれません。

運動であれば何でも美容、健康、長寿に
素晴らしいという物ではなく、

一部の運動が健康の生活習慣と
生命維持に寄与するということなのです。

健康、美容、長寿の為の運動と生活習慣

そして健康、美容、長寿の為の運動機能と
筋肉の機能と仕組みと生活習慣について、

覚えておいてもらいたいのが
以下の3点です。

第一に、

有酸素運動と無酸素運動を
しっかりと区別すること、

第二に、

運動前には食事をとり過ぎない事、

第三点が、

運動できる事自体に喜びを感じ、
運動機能の仕組みに感謝する

ということを意識することです。

…それぞれ解説しますが、

有酸素運動というのは、
筋肉細胞に十分な酸素供給がなされる

ように設計された運動のことで、

心拍数が1分間に120回を超えない
程度の軽い運動と定義付けられています。

それ以上の運動になれば、
心臓や肺に対する負担が多く、

活性酸素やホルモンに悪影響が出て、

本人は満足しているつもりでも、
寿命を縮め、健康を損なうことがあるのです。

食事と運動はどちらが先?

ですから、このサイトでは何度も、

ジョギングや激しいスポーツよりも、
ウォーキングや水泳などの

軽い運動の生活習慣が重要と
説明してきました。

そしてもう一つ覚えておいてほしいのは、

栄養摂取と運動機能にも
大きな相関関係があることです。

そもそも動物の運動機能が存在する
意義を考えてみると、

狩りや狩猟採集の為に、
生存本能を満たす為に必要な機能です。

つまり「食べる」ためにあるのです。

そして必然的に空腹の時に
運動をする事が当然の流れです。

こうしたことを、

ライオンであれば教わらずして
自然に行っている、

動物としての本能なのです。

運動機能が健康であることに感謝する

ところが、、です。

人間は、特に現代人は、

多くの人が運動前に食事をする
ということが生活習慣になっています。

しかし健康、美容、長寿の為の
運動機能や筋肉の機能を鍛えるには、

運動をした後に食事をするのが、

生理学的に考えれば正しい順番なのです。

食事をしてから運動をすると
どうしても胃腸に大きな負担をかけ、

脳と筋肉に十分な血液供給がされないのです。

食事の前の空腹時に運動をして
食事の後は休むのが正しいのです。

そして、忘れがちなのが、

健康、美容、長寿の為の運動機能と
筋肉の機能と仕組みを向上させるため、

運動できることに対する感謝を
忘れては行けないということです。

生産行為である運動に対して、

身体を動かせることに対する
感謝を忘れてしまいがちですが、

動けることが人生の基本であり
喜びであり、幸せなのです。

健康を概して始めて動けない
辛さを感じるのでは遅すぎるのです。

運動機能と筋肉の機能と仕組みに
粗な鬼喜び感謝でけきれば、

運動機能はさらに向上し、

健康、美容、長寿の為の
生活習慣となることでしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>