健康、美容、長寿の為の泌尿器と腎臓の機能と仕組みと生活習慣

健康、美容、長寿の為の泌尿器と腎臓の機能と仕組みと生活習慣
今回のテーマは、

健康、美容、長寿の為の泌尿器と
腎臓の機能と仕組みと生活習慣

について紹介します。

よりよく生きる為には、

物事を点で捉えるのでなく
全体の流れで考えることです。

排泄器のテーマでも話しましたが、

現代人は食べたり飲んだり
という「入れる」事にフォーカスして、

あまり「出す」事を意識せず
軽視してしまう傾向がある気がします。

しかし真の健康の為には
「出す」事を考えねばなりません。

腸と大便というのはもちろん
排泄として最も大きな役割を担っていますが、

腎臓と尿というのもかなり大切です。

人体に備わる不要物を体外に
出す仕組みを意識しなければいけません。

ここで腎臓の機能と仕組みをしっかり考え
健康、美容、長寿の為生活習慣を持つことが
何より大切になってくるのです。

スポンサーリンク

泌尿器と腎臓の機能と仕組み

医学的に考えると

泌尿というのは、

血液の成分組成を一定に保つ為に、

排泄物を水溶液と言う
形で体外に排出することです。

腎臓、尿管、膀胱、尿道

という一連の袋、または管状の
器官が連結して、

水に溶けた電解質、タンパク質を
尿という形で排泄することで、

血液の成分は濃度を一定に保ち、

体内全体を一定の成分組成に維持しています。

上は腎臓から下は尿道まで、

泌尿器という仕組みは
常に水分の流れを作っています。

だからこそ健康、美容、長寿の為に
キレイな水を飲むことは重要になります。

健康というのは美しい循環に
よって生まれるのですが、

それは固形物よりむしろ
液体として捉えれば、

こうした機能と仕組みを大切にする
生活習慣は大切なことが分かってきます。

泌尿器と腎臓の機能を高める仕組み

現代社会は水に困ることはありません。

水道をひねればいつでもいくらでも
水が出てくるわけですから、

文明の恩恵に感謝せねばなりませんが、

残念ながら水道に含まれる
水は化学物質で汚染されています。

意識してキレイな水を遣わなければ

気づかないうちに体内の水分に
毒素が混じってしまい、

泌尿器や腎臓の機能が低下します。

こちらの流れも代謝の反応と同じく、
無意識のうちに進行しており、

意識が関わることはありません。

(ある程度おしっこを我慢するくらいのもの)

コーラーや缶ジュース、お酒
化学物質まみれの水ばかり飲んでいれば、

健康、美容、長寿は手にできません。

できるだけ自然で綺麗な水を
飲むことが求められるわけです。

そしてもう一つ、

健康、美容、長寿の為に、

呼吸と泌尿器には驚くべき関係があります。

健康、美容、長寿の為の腎臓活性法

解剖学的に言えば、

横隔膜は腎臓に接し、尿道と
骨盤底筋群に埋もれています。

後背部の深くに位置している為、

体外からは触れることも押すこともできません。

唯一、意識的に接触できるのが横隔膜です。

横隔膜が大きな上下運動を
することによって、

腎臓に対する愛撫効果、

すなわちマッサージが可能になるのです。

横隔膜呼吸の第二相である
息を止めるという段階で、

横隔膜下の内臓を全て包み込んで
圧迫します。

臓器に軽い圧力を加えることで、

そこに停滞した血液を心臓に
押し返すことができます。

横隔膜呼吸は、24時間、

大量の血液が流れ続ける腎臓を定期的に
マッサージする効果をもたらします。

泌尿器と腎臓と生活習慣

食事、運動、睡眠、ストレスマネージメント

など全てが関わってきますが、

特に腎臓と泌尿器の健康を守るには
飲み物と呼吸を意識するのが大切です。

腎臓をマッサージできれば、

排尿のコントロールも可能になります。

泌尿器の最下流である尿道は、

定期的に括約筋の収縮訓練を
しておかないと筋肉が退化し、

高齢者では尿漏れや排尿困難など
排尿障害を起こしてしまいます。

排尿困難症は致死的な症状ではないですが、

生活に支障を来す病です。

腎臓が不全になれば、
人工透析にかかるようになり、

生活の自由は亡くなります。

これらを予防して、
健康、美容、長寿を実現する為に

泌尿器と腎臓の機能と仕組みを守る
生活習慣を取り入れましょう。

その為にはまず、

キレイな水を飲むこと、

そして骨盤底筋群の
筋力トレーニングというメリット
備えた優れた呼吸法、

横隔膜呼吸を実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>