健康、美容、長寿の為の代謝の反応の機能と仕組みと生活習慣

健康、美容、長寿の為の代謝の反応の機能と仕組みと生活習慣
今回のテーマは、

健康、美容、長寿の為の代謝の
反応の機能と仕組みと生活習慣

について紹介します。

代謝というのは細胞を構成する
物質の化学変化の流れの総称で、

私たちの生命活動の
本質はこの代謝にある

と言っても過言ではありません。

例えば、人体の中には、

内分泌というホルモンによる
反応開始の刺激を受け、

酵素という媒介に指示されて、

24時間365日絶えることなく
無数の化学反応を行っています。

まさしく止まることなく生きている…

訳ですが、健康、美容、長寿の
為にはこの一連の流れがすべて
スムーズに行くことが望まれます。

スポンサーリンク

体は勝手に動いてしまう

例えば車が好きな人でも、

気になるのはたいてい
外見と燃費の良さくらいのもの、

その内部の仕組みや働きまで
分かっている人はいません。

しかし実際には色々と複雑な
メカニズムが働いていることを知ると、

適切なメンテナンスができます。

人体も同じです。

目に見える表面だけに意識を奪われると

目に見えない体内で何が起きているか
分からなくなってしまいます。

健康、美容、長寿の為には
体内の反応の機能と仕組みが重要です。

口から入った栄養素と
鼻から入った酵素は、

消化器を通じて吸収され、

血液に移行して全細胞に運搬されます。

栄養というのは、

タンパク質と炭水化物と脂肪を加えて、

ビタミン類と微量元素、食物繊維

という分類で説明されますが、

もう少し単純化すれば、

「体を整えるもの」
「体を燃やすもの」
「体を作るもの」

の三種類からなります。

絶えず結合と分離を繰り返している
分子の流れを意識で制御することはできません。

代謝の反応の機能と仕組み

体内で発生している化学反応の指令は、

それぞれの化学反応を媒介する
無数の酵素によってなされており、

その酵素の制御するのは
遺伝子にあるDNA配列です。

これらは原則的に無意識化で行われます。

この代謝の反応の機能と仕組みは
勝手に自動的に進むのです。

人間が意識的に制御できるのは、

入口、則ち食べるものと
吸うものだけで、

一度摂取してしまった後は、
ほぼ自動的に

消化、吸収、代謝、排泄

が行われます。

それだけ、栄養素、すなわち
「整える」「燃やす」「作る」
原料の選択が重要になってきます。

健康、美容、長寿の為の食事と言う面で、

この「整える」「燃やす」「作る」
という生命の原料を、

適切に摂取して行かなければ行けないのです。

代謝の機能を高める生活習慣

無意識に勝手に動く

というのがポイントなのです。

体に悪い物を食べても
意識的に内臓を動かして、

吸収させないようにできるなら
これほど便利なことはありません。

添加物を食べても体内で意識的に
排除できるならいくら食べても構いません。

しかし、、です。

私たちの体の仕組みは

どんなものでも一度食べてしまえば
勝手に進んでしまうわけですから、

私たちがコントロールできるのは
何を入れるか?という部分までなのです。

では健康、美容、長寿の為の
代謝の反応の機能を高める生活習慣として
どんな物を食べるべきでしょうか?

起床後の朝には、

体を整えるもの、

すなわち水とビタミンを
たっぷり摂取します。

私は絞り立てのフレッシュジュース
をお勧めしています。

昼食には体を燃やすもの、
則ち炭水化物を中心の摂取し、

活動のエネルギーにします。

健康、美容、長寿の食生活と生活習慣

そして夕食には体を作るもの、

すなわちタンパク質を中心に摂取して
睡眠の休息に備える、

これが常識的にできる範囲での
スムーズな流れでしょう。

睡眠は筋肉や心肺の休息と
再生産の時間で、

寝ている間に体は作り替えられます。

タンパク質の原料である
アミノ酸を摂取するのに適切な時間は、

睡眠前、すなわち夕食の時間が
ベストなタイミングなのです。

私たち人間は、代謝の無数の流れを
意識で制御することはできません。

意識が関与できるのは、

栄養の選択とその摂取する時期だけです。

「We are what we eat」
(私たちは食べた物でできている)

食生活というのは日々の生活習慣です。

それゆえに、

食べない時間、食べる時間、
食べ方、食べるもの、

などを正しく選択し、
日常として取り入れることが重要なのです。

健康、美容、長寿の為に
代謝の反応の機能と仕組みを理解し、

正しい習慣を持って行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>