健康、美容、長寿の為の心臓と循環器の機能と仕組みと生活習慣


今回のテーマは、

健康、美容、長寿の為の心臓と
循環器の機能と仕組みと生活習慣

について紹介します。

自然現象を見てみると、

氷も水も水蒸気も元はと言えば
同じ水(H20)なわけですが、

形はまるで違うものです。

固体、液体、気体と見方が
変われば大きく変わります。

人間の体を固体としてみれば、

さまざまな内臓や筋肉や
骨の集合として人体は現れます。

イタリアのルネッサンス期に
生まれたと言われる解剖学では、

人間の体を固体として捉えることから、
その発展を開始しました。

しかしよく考えてみれば

死体は固体ですが生体というのは
むしろ液体ではないでしょうか。

人体を液体として捉えたら、
人体をより正確な世界観で見れる
ような気もします。

地球で言うダイナミックな
海の流れのように、

人体を液体としてみれば、

人体は大きな流れが交差し、
交錯したもののように捉えられます。

その機能が結合、切断、再結合
を繰り返してひとつの大きな流れを
形成しているわけです。

人体を詳しく見ると、

呼吸、循環、消化、代謝、泌尿、
運動、感覚、神経、免疫、生殖

という機能で人間の生命活動を
構成しているとも言えます。

こうした機能や仕組みがまとまって
大きな流れを作っているのです。

簡単にシンプルに言えば、

この流れがスムーズに行けば行くほど、

健康、美容、長寿が実現され、

この流れが滞れば滞るほど

健康、美容、長寿も阻害されるのです。

スポンサーリンク

心臓と循環器の機能と仕組みと生活習慣

これらの機能を次回から詳しく
紹介していきたいのですが、

まず今回は循環器の仕組みから
見て行くことにしましょう。

循環というのは、

血液の流れに乗せて酸素を
はじめとするさまざまな栄養素や
物質を全細胞に運搬する働きです。

心臓を第一のポンプ、

手足、内臓の筋肉を
第二のポンプとして、

動脈、静脈、リンパ管という
管の中を、

血球、血漿が絶えず駆け巡ります。

呼吸と循環が組み合わさって
全生命の最も動的な機能が
維持されるわけですから、

健康、美容、長寿の為にも重要な
機能であることは言う間でもありません。

中でも第一のポンプである心臓は、

人体を構成する器官の中で
一番の働きものである臓器です。

一分間に60回、百年間で
31億回も収縮し、

血液を拍出させることができます。

この機能がなければスムーズな
健康生活は送れないのです。

健康、美容、長寿の為の心臓の負担を減らす

生活習慣をしっかりと見直し、

心臓を大切にして
無駄な負担を減らすことが、

生命維持には大切なのです。

心臓は交感神経をアクセルとして
副交感神経をブレーキとして
神経系が制御しています。

また、手足の筋肉が運動時に
収縮することで、

末端の毛細血管が収縮し
血液は心臓に戻されます。

手足の筋肉は実は心臓の補助を
しています。

ほとんどの人は、日常生活の
さまざまなストレスから

副交感神経ではなく交感神経が
優位に刺激され、

手足を運動する機会が
ドンドン減少しています。

相対的に運動不足で全身の循環不足です。

そこに現代人の乱れた食生活、
高脂肪、高糖分の食事が加わると、

血液に粘着度が増加し、
心臓に対する負担はさらに
増加してしまうのです。

心臓と循環器を守る生活習慣

そで生活習慣として
まずは何をするべきでしょう。

前に紹介した横隔膜呼吸は、

こうした循環系の仕組みに
大きな影響を与えます。

吸気相において静脈還流が増大し、
心臓の負担が軽減されます。

また、留気相において
副交感神経が優位となり、

心拍数を減少させます。

さらにこの留気相における

横隔膜平坦化と骨盤底筋群の
収縮により、

胃腸、肝臓、すい臓が上下から
圧迫され、

内臓に停滞した血液が心臓に
向かって押し出されるのです。

横隔膜呼吸そのものが
循環器を休めてくれ、

循環器の補助をする動作になるので、

健康、美容、長寿の為の
大きなメリットとなるのです。

横隔膜呼吸は痔にも効果があって、

痔というのは肛門周辺に
存在する静脈に血液が停滞することで
発生する血管奇形とされています。

現代の成人3分の1は痔を
患っているとも言われますが、

痔というのは肛門括約筋を
はじめとして骨盤底筋群の収縮を
意識的に習慣づけることで予防可能です。

つまり横隔膜呼吸は効果的です。

以上簡単でシンプルな心臓と
循環器の機能と仕組みですが、

参考にして生活習慣を整えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>