ユダヤ人式イノベーション、発明を生むアイデア、想像力の極意


今回のテーマは、

ユダヤ人式イノベーション、発明
を生むアイデア、想像力の極意

について紹介します。

ユダヤ人の使う挨拶は

「シャローム!」

というのがいわゆる日本語の
「こんにちは」に相当しますが、

これはヘブライ語では

「あなたに平安を」

という意味です。

そしてもうひとつ日常的に
使われる挨拶が

「マー・ハダッシュ?」

というフレーズです。

これは英語で言う

「What is new to you?」

あなたはどういう新しい事をしたか?
どういう新しい発想をしたか?

を「元気かい?」と尋ねるのと
同じ感覚で尋ね合うのが

ユダヤ人の慣習のようです。

こうした文化の奥に潜む、

ユダヤ人式イノベーション、
発明を生むアイデアの極意は
大変興味深いものです。

ビジネスで大切な事は二つだけ、
イノベーション(革新)とマーケティングだ

と言ったのはユダヤ人でもある

経営学の巨匠
ピーター・ドラッカーですが、

成功しているユダヤ人は常に
物事をよりよくしようとしています。

それは個人的な生活だけでなく
環境、社会面でも同じで、

常に新しいイノベーションを
起こそうと努力を続けています。

もっと言えば、彼らは
他人の摸倣を嫌い、

仮に他人の技術や研究を
参考にしたとしても、

そのうえにどのような
オリジナリティを加えるかを問い続け、

小さい頃の教育から
発明を生むアイデア、想像力
を高める事が美徳とされます。

スポンサーリンク

ユダヤ人の教育は想像力を評価する

日本でイノベーションと言うと、

社会や会社での「革新」といった
大袈裟な感じを受けがちですが、

本当の意味は、

新しいアイデアや発明です。

誰でも出来ることで、
単純なことで、

「なんでこんな事に
気づかなかったのだろう」

と言うくらいのものがほとんどです。

発明の世界でも「世紀の大発明」
と言うものはほとんどなく、

たいていは工夫をして回路の中の
部品の一つを減らすことができた

と言ったものだけだったりします。

けれどもそういったたゆまぬ
数々の発明のおかげで、

私たちは便利な製品を
使うことができるわけです。

ほんの10年前の世界を振り返っても
大きな違いがありますが、

100年前の世界を見れば
まるで別の次元のようです。

まさにビジネスでもイノベーション
なしに成功はないと言う事、

常に柔軟に発想し、
改良を加えていくのが大切です。

日本の教育では、

教師が教えた事を
生徒が丸呑みし、鵜呑みして、

教科書通りの答えを
答案用紙に正確に書け、

100点満点を取った子供が
優秀な子供とされます。

しかしユダヤ式教育は
そうではないようです。

100点取ってもそれは
記憶力が良いだけの事です。

記憶力が良い事に越した事はないが、

それより、記憶力が
70%、60%でも良いから、

先生に教えられた内容にはない
自分独自の見解や工夫をひとつ
でも加えられるかどうかが

ユダヤでは人物評価の基準になります。

こうした教育文化が

ユダヤ人式イノベーション、
発明を生むアイデア、想像力を
鍛える土壌になっているのでしょう。

ユダヤ人式イノベーションの秘密

多角的に脳を使う
あるユダヤ人の知人が
こう言っていたのですが、

「人は変化を嫌うよね。
ユダヤ人はいつも物事を変えようとする
だから嫌われるんだろうね。」

確かに彼らは改善できるところを
絶えず見つけて変えるように
働きかけます。

逆に多くの人は変化を嫌い
現状維持を生んでしまいます。

しかし現状維持のまま人類は
進化して来なかったわけです。

そして大衆のほとんどは
変化を好まず安定を求める中で、

小さなイノベーションが
大きなインパクトを生むのです。

例えば、

世界的下着ブランドの
ビクトリア・シークレットの

成長と成功の核心は創業者で
ユダヤ人のウェクスナーさんが

品質とイノベーションを求め続け、
変化を受け入れる能力を持っていた
所だそうです。

ウェクスナーさんは
トップブランドになった後も

常に新たなアイデアやイノベーション
を追い求め続けており、

成長し続けています。

「オリジナリティのある発想」

というのは簡単ですが、
実行は容易ではありません。

しかし実行し世の中に
インパクトを与えた人や製品は
成功を手にする事ができるのです。

日頃からアイデアや想像力を
鍛えておく事はもちろんのこと、

それを実現する行動力も
重要な事と言えます。

イノベーションで成功者となったユダヤ人

また1928年にイギリスで生まれ、
大恐慌、ユダヤ人排斥運動、
戦争など苦難を生き抜き、

国際的な名声を得た
ヘアドレッサーで実業家の、
ヴィダル・サスーンは、

「ヴィダル・サスーンほど
業界そのものを変革した人物はいないだろう

車業界を変えたのは
ヘンリーフォード一人でなく、

テクノロジーを革新したのは
スティーブジョブズ一人ではない

だがヴィダルは一人で
現代美容界のあらゆる側面を変えた」

と称されています。

まさにイノベーション(革新)を
追求した成功者と言えます。

多くの成功したユダヤ人を観察すると

彼らはいかに

「イノベーション(革新)」

するかと言う事を徹底的に
あらゆる角度から考え、

粘り強く達成しようと努力します。

日本ではどうしても失敗を
恥とする文化がありますが、

イスラエルでは

「次につながる失敗」

に対する文化的な寛容さを
持っていると言われますが、

失敗を恐れない事は
イノベーションにとって重要な事です。

「私は実験において失敗
など一度たりともしていない。

これでは電球は光らないという発見を
いままでに、2万回してきたのだ。」

と言うのはエジソンさんの有名な言葉ですが、

失敗を恐れて何も行動をしなければ
何も生み出す事はありませんが、

行動して失敗しても
そこから何かしらを得れば
学びになります。

ユダヤ人式イノベーション、
発明を生むアイデア、発想力の
極意を参考にし、

あらゆる脳を多角的に使い積極
果敢にチャレンジをしていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>