医療業界の法的規制や複雑なルール治療行為、営業ができる資格

医療業界の法的規制や複雑なルール治療行為、営業ができる資格
今回のテーマは、

医療業界の法的規制や複雑な
ルール治療行為、営業ができる資格

について紹介します。

前回紹介したような、

自分の症状を誰に診て
もらって良いか分からない…

形成外科と整形外科と美容整形や
整骨院と整体院などの勘違いを
してしまう人が増えた要因を考えると、

やはりこれは業界の法的規制に
あるのではないでしょうか。

医学業界には数多くの
専門用語があり、症状も増え

名前を見ただけでは一見
分からないものもたくさんあります。

こうした状況がますます
自分の体の声を無視してしまう
要因になってきている気がします。

医療業界の法的規制や複雑な
ルールや資格など、

こうした制度は一度知ってしまえば、
解決できるでしょうが、

ここで考えてみましょう。

スポンサーリンク

治療行為、営業ができる資格

前回紹介した、

整形外科と整骨院は国家資格を
持って治療行為や営業を行っていますが、

整体院の場合は、

そのような資格がなくても
営業はできます。

しかし厳密に言えば

「営業」は出来ますが「治療」
を行ってはいけないのです。

一見してみると

治療行為をしているように見えますし、
実際治癒した患者さんもいるでしょう。

しかし彼らは治療行為を
公に行ってはいけないのが
この国のルールです。

この辺りの医療業界のルールが

一般の人には
なかなか分からない所ですが、

問題の核心でもある部分でしょう。

医療業界の法的規制や複雑なルール

資格やルールがなければ、
社会は無法地帯となり混乱状態になります。

だから整備するのは大切です。

人は歴史を経てこうした
ルールを整えてきた面もあります。

が、逆にルールが複雑化し
本質がぶれてきている部分が
あるのも事実です。

他にも例えば、
鍼灸資格やマッサージ資格も
どちらも国家資格で、

医療として認められている行為で、

生業として独立開業権が
認められています。

医療に関わる国家資格は
他にもたくさんありますが、

少なくとも病院や医師免許以外で、

個人で独立開業ができるのは、

整骨院と鍼灸院、
そしてあん摩、指圧、マッサージ院だけです。

ちなみに私は
コーチングコンサルタントとして

ただ相談に乗りアドバイスを
するだけの立場で、

全く資格はありません。

心理学に長けているので
お金はもらえるわけですが、

もし治療と言って行えば
仮にクライアントさんが治った
としても違法とされるわけです。

ちなみに接骨院と整骨院は
同じ資格で開業しており、

ただ単に看板に用いている
言葉が接骨院と整骨院の
違いがあるだけです。

開業している各々の理念があっての
名前の使い分けなのでしょうが、

これも一般の人には
誤解を招きやすい一つでしょう。

ただこれらは同じ国家資格
であることは覚えておきましょう。

「治療」という言葉を使っては行けない

これらの国家資格を持つものは、

ある特定に治療行為を
認められているのですが、

看板や宣伝には「治療」という
文字を使っては行けないことに
なっています。

もっといるなら厳密には、

「○○治療院」と言う名前にすら
「治療」という言葉を用いてはならない
という医療業界の法的規制があるのです。

恐らくこの意図する所は、

治療というのは本来
医師が行う行為だと言うことです。

それだけ医者は特権に
守られているとも言えますし、

医療業界の利権を守るルール
という穿った見方もできます。

独占禁止法のガス抜きのようなもの
と言っても良いかもしれません。

投薬と手術だけが医療行為
治療に必要とは私は思いませんが、

これはあくまで個人的な意見であり
くだらない制度だと思うのですが、

噛み付いてもしょうがないので
受け入れるしかありません。

医者以外の治療行為は違法行為である

こうした国家資格を持った
人ですら用いてはならない

「治療」という言葉を

病院の医師以外の資格の者が
用いることは当然が如く違法です。

マッサージも、

厳密にはマッサージ師の資格を
持たずに行えば違法になるのです。

整骨院を営む資格

(正式には柔道整復師と言う
時代遅れ感も甚だしい…)

だけを持っているものは、
マッサージという言葉すら使っては
行けないのです。

だからそれらの資格を
持たない全ての人たちは、

それ以外の言葉を駆使して
なんとか「営業」しているのです。

恐らくもっとも数が多く、
一般になじみ深い言葉が
「整体」ではないでしょうか。

「マッサージ」という言葉すら
使えない人たちの最も便利な表現、

それが体を整える「整体」なのです。

もちろん意味は通じるわけですから
上手い表現だと思います。

本当は治療と言いたい所を
あえて言葉を濁しているわけです。

私の知り合いの整体師には

人体に詳しくヒーリングパワーが
医者より遥かに高い人物が
たくさんいますが、

彼らは残念ながら「治療」できませんし、

工夫して「営業」しなければなりません。

日本の医療制度のデメリット

カイロプラクティックなどともなれば、

本場のアメリカに行けば、

西洋医学のドクターと並列した
ドクター資格なのですが、

日本では国家資格ではなく、

扱いとしてはいわゆる整体と
何ら変わらないのです。

アメリカで学び、資格を取って
来られたカイロプラクティックドクター
の方は本当に気の毒です。

こうした日本の医療業界の
法的規制によって、

一般の人の健康が守られている

と言う面もあるかもしれませんが、

現実的には、

素晴らしい技術を持った人が
活躍する機会を奪い、

自分の健康を自分で考え守る
力を奪っているとも言えます。

資格と実力は関係なく治療の
手段としての理念も関わるわけです。

こうした紛らわしい規制があるため、

そこに抵触するあらゆる
施術を行う人たちが

紛らわしい名前を駆使し、

各々が自信のある、ないはさておき、

その技術の高さをアピール
しています。

そして、一般の人たちは
どこに行けば良いのやら、

何が何だか分からない混乱
状態になっているのが

実情なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>