ユダヤ人はルールを超えた創造性を重視する、自由な発想のコツ


今回のテーマは、

ユダヤ人はルールを超えた創造性
を重視する、自由な発想のコツ

について紹介します。

イスラエルでハイテク技術が
伸びて行った理由は、

「優秀な人間」を活用する

ことにあるでしょう。

彼らが人材に求める基準は

「長所があるか否か」

で、長所があればどんな
人物でも採用し重用します。

一方で、日本では
平均的優等生を好み、

「欠点が少ないか否か」

が評価され、

必ずしも優秀な人が活かされ
ないという不幸があります。

そしてユダヤ人はルールを超えた
創造性を重視します。

生きる上で「どんな可能性もある」
と考えるユダヤ人は

人が作り上げたルールや常識には
とらわれません。

どんな状況でも創造性を重視して
新しい世界や物を作り上げようとします。

ちなみに「想像力」や「知識」では
どちらが大切だと思いますか?

教科書や知識ももちろん重要でしょう。

ちなみにユダヤ人理論物理学者の
アルバート・アインシュタイン

想像力と答えます。

知識には限りがありますが、
想像力には限りがないからです。

スポンサーリンク

ユダヤ人は創造性を発揮する

平均値を見れば日本人は
優秀な人が多いでしょう。

しかし出る杭は打たれるので

一芸を持った才能のある
優秀な人は日本社会では潰される
事もあります。

この為潰される事を嫌い
優秀な人材はアメリカに
出て行くと言う、

人材流出が見られます。

それよりも長所を生かす
アメリカ社会やイスラエルは、

成長と言う点からは
非常に優位になります。

特にユダヤ人は抽象的な
発想に長けていて

様々な発明をしたり、
新しい研究をしたり

新しいフィールド(分野)を作ったり、

新しいビジネスを作ったり
するのが得意です。

またルールを守らないとい分けではなく
ルールを超えた発想をします。

ユダヤ人は「常識にとらわれない」
創造性が高い強みがあるのですが、

多くの日本人は常識を守り、
高い社会性を得ている半面、

常識やルールにとらわれ
過ぎているかもしれません。

もちろんそこに素晴らしい
一面はありますが、

もっと柔軟に発想できれば
成功も近づいてくるのではないでしょうか。

ユダヤ人成功者から
そんな創造的な思考法が伺い知れます。

太った女性のためのファッション

常識にとらわれないで
豊かな創造性を発揮して

自由な発想のコツを活かし
ビジネスにおいて成功した例として、

ファッションメーカーの
ザ・リミテッド社の創始者

レスリー・ウェクスナーさん

を紹介します。

レスリー・ウェクスナーさんは
1937年生まれの

ロシアからアメリカへ
移民したユダヤ人です。

彼は幼少期から、

勤勉である事、
細部への注意が重要である事

なんでも可能であるという信念を
両親から学んだそうです。

ファッション業界では

かつて太った女性はファッションには
関心がないだろうと決めつけていました。

ファッションモデルと言えば
細くてスリムな女性です。

そんな女性に憧れる人
洋服を買うのが定番でした。

そのため、お洒落ではない
「大判用品」しかありませんでした。

そこでウェクスナーさんは

「太った女性もファッション
を楽しみたいはずだ」

と考え、全店舗の4分の1を
大型サイズ専門店に変更し、

さらにその専門店では
太った女性を店員として採用しました。

これが成功し、売り上げを伸ばしました。

まさに常識、ルールを超えた
創造性を発揮し成功した事例と言えます。

自由は発想のコツは必要性から生まれる

例えば世界的シェアを
誇る嘘発見ソフトの

「トラスター」

というものがあるのですが、

このソフトを開発したのは
イスラエルのトラスティック社です。

欧米では政治や裁判などの
発言の真偽を問われる場面でも
使われているのですが、

クリントン米大統領の
セクハラ疑惑会見でも使われ
話題になったソフトウェアです。

そしてこれは軍事緊張の中
テロ対策用にもともと開発され、

入国審査でテロリストの
入国を阻止する目的で
開発されたものです。

それがパーソナルユースや
ビジネスユースへと転用されました。

山本七平さんは
『日本人とユダヤ人』

の中で

「ユダヤ人にとっては、

明日がどうなるかは
絶対誰にも分からないので、

明日の生き方は、まったく
新しく発明しなければならない」

と述べています。

いつ攻撃されて死ぬかもわからない
軍事的緊張が建国以来
イスラエルでは続いていますが、

そうした国防を強化する過程で、
独自の優れた軍事技術を
次々に開発してきたわけで、

その技術を応用して様々な
イノベーションを生んでいます。

日本の平和な社会は
もちろん素晴らしい事ですが、

こうした気を抜けない
緊張の連続は、

ユダヤ人がルールを超えた
創造性を重視し、

自由な発想を生む一つの
コツと言えるでしょう。

創造性を発揮し資産家となったユダヤ人

またランジェリーを扱う
「ビクトリアズ・シークレット」
では、

前オーナーの男性が、
ランジェリーは男性が女性に
買い与えるものだと信じ、

男性客を引きつける店づくりを
していましたが、

経営はうまくいっていませんでした。

ウェクスナーさんは

ランジェリーという
カテゴリーの重要性と、

既存のルールを疑い、そこに
秘められている可能性を感じ取り、

「ビクトリアズ・シークレット」を買収し、

ビジネスモデルの問題点は
早くから見抜いていたものの、

数年は観察と研究を重ねました。

その結果、

「世界一美女がランジェリーを
買いに来る店」

をコンセプトとして、
女性に受ける店を作ることに成功し、

今では、日本の女性にも
人気のブランドになりました。

ウェクスナーさんはフォーブスが
2009年に発表した長寿番付で
27位の資産家になりました。

そして世の中をよくすることに
全力を傾け、産業界の中でも
最も寛大な慈善家の一人です。

私たちも常識を疑ってみたり、
ルールを超えた思考法を持ち、

自由な発想をして創造性を発揮し、

成功に近づくよう努力して
見ると良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>