交感神経と副交感神経のバランス、早朝ランニングは逆効果?

交感神経と副交感神経のバランス、早朝ランニングは逆効果?
今回のテーマは、

交感神経と副交感神経のバランス
早朝ランニングは逆効果?

について紹介します。

前回、ジョギングやランニングの
健康へのデメリットを
見てきたわけですが、

そのカギを握るのが
自律神経の仕組みです。

活動のために
交感神経というのは日中に、

休息の為に、
副交感神経は夕方から夜にかけて
優位になるというのは、

周知の事実でしょうが、

24時間の中でそれぞれの
優位性が切り替わるタイミングがある
というのも興味深い所です。

「走る」と言う
呼吸が上がる交感神経が優位になる
激しい運動を早朝の時間にする

というのはどういった
影響があるでしょうか。

スポンサーリンク

交感神経と副交感神経のバランス

人の体というのは
12時間単位で

交感神経と副交感神経の
優位性が入れ替わるとされ、

交感神経は日の出と共に上がり始め、

起床時から12時間を目安として
副交感神経優位へと切り替わります。

もちろん人それぞれでしょうが、

早朝にランニングやジョギングを
する人というのは、

比較的起きてすぐに走ると言う
パターンが多いのではないでしょうか。

仕事や学校が始まる始業時間の
前に運動をしておこう、

というのは忙しい現代人の
ライフスタイルとして納得できる話です。

人の体は早朝に交感神経が優位になります。

さらに運動をすれば交感神経が
優位になって行きます。

つまり、

朝というのはこれから活動期に
入って行くわけですから、

ちょうどこのタイミングで交感神経を
アップさせるのは一見良いように感じます。

運動の効果を発揮できそうに思われます。

早朝ランニングは逆効果?

しかし…です。

実際には早朝のランニングは
心身に逆効果になるのです。

ここで重要なことは、

前回もお伝えした「呼吸」です。

軽い運動ならいざしらず、
ランニングなど激しい運動で

呼吸が速くなればなるほど、
交感神経が優位になり、

副交感神経とのバランスが
崩れて行ってしまうのです。

復習になりますが、

活動期である日中は
交感神経が優位であればあるほどよい、

…のではなく、

常に副交感神経とほどよい
バランスであることが、

健康にとっても集中力など
パフォーマンスにとっても
望ましいことなのです。

両者のバランスが崩れると、
パフォーマンスが落ちてしまいます。

早朝からわざわざその
バランスを崩すような

強度の走りをする事は、

その日一日を台無しにしてしまっている
と言っても過言ではありません。

さらにそれが習慣がすれば
不調を抱えることも珍しくありません。

早朝のランニングが爽快なのはなぜ?

ランニングは早朝であるほど
逆効果になってしまう…

しかし、そう言われても、

朝に走る人たちの中には、

運動後の爽快感を口にし、

実際に体感して体の感覚として
効果を感じているので、

こうしたメカニズムに対して
納得できないと感じる人も
少なくないかもしれません。

確かに覚醒レベルは上がり、
頭もスッキリするでしょう。

しかしこうした効果は、

自律神経とは違うメカニズムなのです。

いわゆるランナーズハイと
呼ばれる現象ですが、

そもそも早朝に限らず、走ることで
同じ生理現象として起きるのが、

走り始めたときは
呼吸も苦しく、体の動きも鈍いです。

でも走り続けるとだいたい
10分前後で呼吸循環器系が
その状態に順応してきます。

すると呼吸も楽になってきます。

それに比例して体温も上がり、
次第に体の動きも良くなります。

これが私たち人体に普通に
起きる反応なのです。

さらにランニングやジョギングなど
長く走り続けることで、

頭がスッキリして爽快感を
感じるのは、

脳内物質の働きなのです。

ランニングの与える体へのストレス

脳内麻薬と言われる
エンドルフィンやアドレナリンなど

が放出することで
快感物質が体を巡ります。

これは覚醒作用があるので、

早朝にランニングをする事に
病み付きになってしまうのです。

アドレナリンというのは

一言で言えばストレス抑制ホルモンです。

なゼランニングをすることで
ストレス抑制ホルモンが放出
されるのかと言えば、

走ることが身体にとって
ストレスだからです。

もう少し正確に言えば、

そのときの運動強度が
身体にとってストレスになるレベル
だったということです。

このストレスが体に
与える影響も計り知れません。

交感神経と副交感神経のバランスを
崩してしまうだけでなく、

早朝ランニングは色々な観点から見て
デメリットが多いのです。

これも心身の健康にとって
逆効果をもたらす原因の一つです。

体に負荷をかけることが
仕事であるアスリートならいざ知らず、

我々一般のビジネスパーソンが
そこまでストレスを与えることは
効果的とは言えません。

かく言う私自身が、

以前、早朝ランニング組の一人でした。

そこで感じる爽快感を
健康への道と勘違いしていたわけです。

早朝にランニングをしている人は、

自分の体に注意を払い、

走る人と走らない日の
その日一日のパフォーマンスの違いを
見つめてみてはいかがでしょうか。

何かしら気づきがあるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>