ユダヤ人式商売、ビジネスの始め方の特徴、儲ける仕組みの秘密


ユダヤ人になぜ成功者が多いか?

もちろん色々な要素があるでしょう。

賢さ、コネクション、環境、努力…

しかし何より大切なのは
行動力ではないでしょうか?

どれだけ知力、お金、情報などに
恵まれていたとしても、

行動をしない限り、何も生みません。

逆に、

何も資源がなくても行動さえ
続ければ成功する確率はあります。

成功者というのは何よりも
行動派という特徴を備えています。

ユダヤ人の持つフットワークの軽さは
日本人になかなか持てない特徴です。

幸運の女神は前髪しかない

…と言われます。

すれ違ったら最後、チャンスがあれば
すぐに掴まなければいけません。

だからこそユダヤ人は、
身軽に小さくビジネスを始め、

女神を待ち構えて前髪をタイミング
良くキャッチしようとするのです。

2人の乞食がお金を儲ける話


ここで、

ユダヤにまつわる説話で
こんなものがあります。

中世のある時に、

2人のユダヤ人乞食が、キリスト教
王国フランスにやってきました。

2人は生き延びる為にお金を儲ける
必要があり「ある事」を考えました。

1人はユダヤ教の象徴ダビデの星を
置き、道ばたで施しを乞いました。

もう1人はキリスト教の象徴である
十字架を布の上に置き、

道行く人に恵みを請いました。

当時のフランスはキリスト教徒が
圧倒的に多い訳ですから、

当然、十字架を置いた方に
多くの硬貨が投げられました。

そして…

2人のユダヤ人はある行動に移します。

十字架を置いた方のユダヤ人は
お金がある程度貯まると、

物陰でその硬貨をもう1人のダビデの星
を置いているユダヤ人に渡しました。

つまりダビデの星の方に
多くのコインが山積みにされ、

十字架の方には全くないという
状況を「わざ」と作ったのです。

するとどうなったか?

この状況を見て、たまたま
通りかかったキリスト教の神父が、

十字架の方にまったく硬貨がなく、
ダビデの星に山のようにあるのを見て、

「キリスト教徒の乞食の方よ、
おぉ、可哀想に…

ここはキリスト教の神父である私が

ユダヤ人に負けないくらいに
お金を恵ませて頂きましょう!」

そう言って、何枚ものコインを
十字架の方の布に置きました。

こうした事を何日も繰り返して、

2人はこの地で商売を始める
元手を稼ぎ出したのです。

ユダヤ人は頭を使って儲ける


この説話から商売、ビジネスの始め方、
儲ける仕組みの作り方を学べます。

彼らがもし…

ただ並んで物乞いをしているだけなら、

その日の飢えをしのぐくらいの
お金しかもらえなかったでしょう。

しかし彼らは人々の心理を読み
どうすれば人が動くか計算したのです。

そして物乞いというまったく元手の
かからないやり方でスタートした事、

さらにそこで稼ぎ出したお金で
次の商売につなげている事。

このステップは重要です。

日本でもビジネスを始める、

起業というのは以前と比べたら
ずっと簡単にできるようになり、

チャレンジする人も増えています。

ただ統計によれば、

新規ビジネスの5年以内の失敗率は
約90%と非常に高いものです。

この成功率の低さを考えれば、

ビジネスで成功する為の秘訣は、
ユダヤ人の考え方が参考になります。

彼らの考えは、

とにかく頭を使って仕組みを作る

ビジネスは小さく始めて、
チャンスを捉えて徐々に大きくする

というものです。

商売で儲ける「仕組み」の秘密


先ほどの説話では、

ユダヤ教の若者だけにお金が集まるのを
キリスト教徒の人々が見逃す訳がない

…と考え、

ダビデの星を置いた方にお金を積む
という演出をした結果、

お金を儲ける事ができたという事です。

つまり作戦勝ちです。

彼らは人が動かざるを得ない
「仕組み」を考え出し、

継続的にお金を儲ける事に
成功したという訳です。

こうした仕組みを経済用語で
「プラットフォーム」などと呼びます。

これは他の産業の基盤になるような、

何かを動かすための土台となる
業種、仕組みの事で、

ユダヤ人の歴史を振り返ると、

彼らは物事の根源を押さえる
プラットフォーム的なビジネスに
多く携わってきた事が分かります。

ロスチャイルド家であれば
銀行や証券といった金融業は、

お金の流れを押さえる
プラットフォームですし、

マイクロソフトのビルゲイツは、
まさにコンピューターの仕組み
プラットフォームをビジネスに
しました。

儲ける仕組みをいち早く押さえる


こうした儲ける仕組みの例として、

ダイアモンドのカットや研磨

も特徴的でしょう。

デ・ビアス社など鉱山ビジネスには
多くのユダヤ人が働いています。

ダイアモンドは原石のままでは
ただの半透明な石です。

これに研磨とカットを加えると…

何万倍もの価値のある宝石の
輝きを放つようになります。

そして世界中の多くの人が
そこにお金を落として行くのです。

こうしたダイヤモンドビジネスは、
アントワープのユダヤ人の独壇場で、

現在もレアメタルの需要が高まり
世界で争奪戦が始まっていますが、

その根幹部分を抑えているのは
一早く動いていたユダヤ人なのです。

そうです。

彼らは人が宝石に持つ
心理や行動を冷静に読み、

いち早くそこに投資しました。

こうなればもはやその市場は
その人の独壇場となります。

こうした行動のスピードこそ
チャンスをつかむ人の考え方

と言えるでしょう。

商売が失敗する理由


多くの日本人は、

腰が重くなかなかスタートしない

というだけでなく、

リスクとリターンの関係をあまり
深く考えずに商売を始めてしまう…

という特徴があります。

夢を追いかけるために一念発起

と、退職金やせっかく貯めた
お金をつぎ込んでお店を開いた

…でも全然お客が来ない。。

そんな例もままあります。

でもリスクを冷静に考えるなら
そういう事態にならないよう、

新規のビジネスのリスクが
高いことを念頭に置いて、

はじめは店舗やオフィスを用意せず、
自宅で始めるのもいいかもしれません。

ユダヤ人は商売を始める時
できるだけ小さく始めようとします。

そして固定費をかけないことで
リスクは大幅に軽減されます。

そして「うまく行く」と確信してから
お金をかけ大きく育てていくのです。

この順番が重要なのです。

ゼロからビジネスを始める
ユダヤ人は数多くいますが、

例えば20世紀初頭に
アメリカに移ってきた東欧系の
ユダヤ人も貧しかったのですが、

彼らが成功したきっかけは
不動産の仲介事業においてでした。

仲介ビジネスであれば、
多額の設備投資は必要なく、

不動産を持つ必要がないからです。

小さく初めて大きく育てるのが鉄則


今や一大産業となったアメリカ映画
ビジネスを築いたのもユダヤ人です。

MGM(メトロゴールドウィンメイヤー)
の前身のゴールドウィン・ピクチャーズ
創始者サミュエル・ゴールドウィンは

1879年、ポーランドで
貧しいユダヤ人家庭に生まれ、
13歳の時にアメリカに移住しました。

彼は少年の時から、手袋製造工場で
行員として勤勉に働き、給料を貯め

ある程度の資金ができると
1913年に新興の映画産業に投資し、

ハリウッドに移り大成功を収めました。

ユニバーサル・スタジオの創業者
カール・レムリ

パラマウント映画の創業者
アドルフ・ズーカー

フォックス・スタジオの創業者
ウィリアム・フォックス

MGMの創業者
ルイ・メイヤー

などが名前の知れた映画業界の
ユダヤ人創業者ですが、

彼らもビジネスを始めた当初は、

廃品回収やソーダ水、サンドウィッチを
売り歩くなどの小さな商売から始めて、

資金ができると、劇場の経営などをし
チャンスに飛びついてビジネスを
大きくするのに成功した人たちです。

そして儲ける仕組みを着実に
作り上げて行く訳です。

ユダヤ人の商売の成功法則


小さく始めて大きく育てる事が
できるのがビジネスの特徴です。

確かに世の中には宝くじや投資など
大金を手にするチャンスはありますが、

自分が介入できる部分が少なく、
自分たちでコントロールできません。

でもビジネスであれば
努力次第で大きくする事も可能です。

ゼロから財産を築いた
ユダヤ人に共通するのは、

最初はどんな仕事であれ、
仕事にありつければ勤勉に働き、

倹約してお金を貯め、
チャンスがあればすかさず捉え、

フットワークを軽く商売を始め、

準備、リサーチを常に欠かさず
「上手くいく」と思えばリスクをとって
素早く飛び付きチャンスをものにする、

誠実に価値を提供しながら
ビジネスを大きくしていった

…という事です。

現代であればインターネットを使えば
アイデアを形にするのも早いですし、

大きな資金も必要としません。

起業への参入障壁は下がっています。

我々も儲ける仕組みを作る為に
行動を起こせるのではないでしょうか。

十分にチャンスはある訳です。

だからこそユダヤ人のビジネスの始め方
そして大きく育てるサイクルの考え方は
ぜひ参考にしたい所ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。