孫子の教えによる戦争でも会社経営でも勝利する為の条件とは?


今回のテーマは、

孫子の教えによる戦争でも会社経営
でも勝利する為の条件とは?

について紹介します。

華僑成功者が重視するのが
古典の知恵な訳ですが、

中でも戦争に勝つ為の戦略を
語った「孫子」は、

日本の経営者や海外の経営者の
愛読書としても知られ、

現代でも経営に活かせる為に
人気があります。

中でも勝利を収める為の
大切な教えというものがあります。

孫子は、

「兵とは国の大事」

と言い、

続けて

「死生の地、存亡の道なり」

と述べています。

「戦争というのは国家の重大事であり、
国民の生死、国家の存亡がかかっている」

という意味です。

そして孫子は

勝つ為には

「道、天、地、将、法」

の5条件が大事だと言います。

第一の「道」とは、
君主と人民を一体にさせるもの。

第二の「天」とは、
昼夜季節など時間的条件のこと。

第三の「地」とは、
地形、行程など地理的条件のこと。

第四の「将」とは、
才知や仁慈など将軍の人材。

第五の「法」とは、
軍隊編制や軍規などの軍政に関すること。

孫子はこの五条件を

「知るものは勝ち、
知らざる者は勝たず」

と言っているのですから、

勝利の必須条件と言えるでしょう。

スポンサーリンク

孫子の戦争でも勝利する為の条件とは?

孫子の戦争に勝利する為の条件を
会社の経営に応用して考えてみましょう。

経営にライバルはつきものです。

会社もライバルとの
戦いに敗れた場合、

経営は傾いてしまいます。

最悪の場合は、

M&Aで吸収合併されたり
倒産の憂き目に遭ったり、

社員がクビになったりすることもあります。

これは経営者としては
絶対に避けなければいけません。

これはまさに

「兵は国の大事」ならぬ
「兵は会社の大事」なのです。

敗北を喫しない為に、

自分の会社でも孫子の勝利の
五条件を備えなければいけません。

孫子の教えを参考に

それぞれ経営に当てはめて
これも考えて行きましょう。

孫子の考える最も重要な条件とは?

まず「道」ですが、

これを会社経営に当てはめると
「企業理念」と言えるでしょう。

君主、大将と兵の一体感がなければ
戦争には勝てないように、

会社の経営がうまく行くように
するためには、

経営者と社員が同じ理想に
向かって行動しなければ行けません。

孫子の教えによる
勝つ為の最も重要な条件が、

この「道」なのです。

華僑経営者ももちろん「道」を
重視しますし、

日本でも優れた会社はしっかり
とした理念を持っているものです。

JALの再建をリードした
稲盛和夫さんは、

再建の際にJALの社員に向かって

「ベクトルを同じにしよう」

と呼びかけました。

再建の為に、みんなの力を
同じ方向に合わせようと言うことです。

企業理念、ミッション、ビジョンが
根付いていない会社は、

社員がバラバラになってしまい、
優良企業にはなれません。

勝利する為には観察眼が必要

次に「天」ですが、

これは経営環境でしょう。

具体的には、好景気、不景気、
マーケット動向など

会社経営を取り巻く外的環境を指します。

これはもちろん自分たちの
力でコントロールできない部分でしょう。

しかし私たちができるのは
観察と分析と予測です。

三国志など中国の歴史に出てくる
諸葛亮など軍師は、

地形や相手兵力や国力
はもちろんのこと、

星の動きや天候の動きまで
観察していました。

常に外的環境を観察し、

それに合わせた経営をしている
かどうかが重要になります。

会社経営には波があるもの

「地」は、会社経営で言えば、

自社の置かれたマーケットの状況、

或は業界での地位を
意味すると言えるでしょう。

マーケットは成熟しているか?
成長中なのか?

自分の会社は業界内では
ナンバーワンなのか最下位なのか?

など、特にマーケットが
成長中なのか成熟しているのかによって

とるべき戦略は大きく変わってきます。

ここは自分たちのリサーチや
努力次第で大きく飛躍する
可能性があります。

勝利のカギを握るのがリーダーの器

「将」というのは
当然幹部社員の能力でしょう。

どんな幹部を揃えているかで
業界での成長率は変わります。

できる抱けたような能力を
持っている方が良いわけですが、

その為にはトップの能力だけでなく
人格や徳も試されると事でしょう。

劉備玄徳の徳に数多くの将軍が
集まった例などは典型例でしょう。

結局の所ビジネスは
人が行うものですから、

優れた人材が集まらなければ
勝利をする事はできません。

最後の「法」は、

コンプライアンス
と言えるでしょう。

当然のことながら会社は
法例を守らなければ行けません。

しかし、もっと言えば

ただ法律を守れば良いのではなく

道徳や誠実性や透明性など
社会のルールを守らねばなりません。

世間の常識を逸脱しては
行けないということです。

パナソニックと孫子の教え

こうした孫子の教えによる
戦争で勝利する為の条件を、

会社経営の例で考えてみると、

以前、パナソニックが
ファンヒーターで死亡事故を起こした
という事件がありました。

評判も良く人気の商品で、

壁に穴を開け、ホースを通して
空気を循環させるものでした。

事故は、据え付け工事業者のミスで、
ファンヒーターには問題がなかったのです。

しかしパナソニックは、

ヒーターの製造を中止するばかりか、

最後の一台まで徹底的に
回収する作業に乗り出したのです。

テレビで注意を促すのはもちろん、

社員は毎日毎日、全国の
ガソリンスタンドでビラを撒き、

灯油を買いにくる人だけでなく、

一軒一軒の家にビラを
ポスティングして行ったそうです。

その作業は長く続けられました。

こうした誠実な態度の結果、

失敗を糧にパナソニックの
評価は上がったのです。

これを5つの条件で考えてみましょう。

会社経営でも勝利する為の条件とは?

まず「道」ですが、

パナソニックは

創業者である松下幸之助の

「松下電器は国民を幸福にする」

というミッションを掲げ、

理念の元に社長、社員が一体となり、
働いているわけです。

「将」では社長の

「一台残らず回収する」

という方針のもと、社員たちが
全力を挙げて行いました。

「法」については、

法律上パナソニックに
法的責任はなかったものの、

自社製品が人を傷つけたと言う
法律以上の同義的な責任を痛感し、

ヒーターの製造を中止にしたのです。

「天」と「地」についても、

こうした誠実な企業姿勢を続ければ、
業界での地位が一時的に低下したとしても

パナソニックは苦境を乗り切れるでしょう。

コントロールが効きにくい

天と地に関しては
厳しい状態が続いても、

コントロールの効く
道や将、法をしっかり守れば、

やがて勝利の活路が見えてくるものです。

こう考えれば、

孫子が「道」を第一に挙げる
理由が見えてくる気がします。

経営者と社員が一緒になって
力を合わせるというミッション、

理念を掲げる会社経営というのが
最も強いのではないでしょうか。

確かにパナソニックは、
家電メーカの激戦に揉まれています。

サムスンなど韓国メーカーの
台頭に押され、

苦しい経営を強いられています。

「天」や「地」は流動的であり、
いつも有利に運ぶとは限りません。

しかし、強固な「道」

創業者である松下幸之助が掲げた
ミッション、ビジョンを
ぶれなく守ることができれば

復活もそれほど遠くないでしょう。

華僑成功者が学ぶ孫子の教えによる

戦争でも会社経営でも勝利する
為の条件をぜひ参考にして、

取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>