体と向き合う、体の感覚を認識し健康に目覚めるメカニズム


今回のテーマは、

体と向き合う、体の感覚を認識し
健康に目覚めるメカニズム

について紹介します。

例えば、

「カラダ」という日本語には
いくつかの漢字が当てられます。

体、身体、躯、軀…など、

こうしたここの漢字が持つ意味や
語源などを考えると
大変興味深いのですが、

こうした漢字を見てあなたは
どんな感覚を感じますか?

人の感性というのは実に多様で、

例えば私自身が一番
しっくり来るものも、

それはあくまで私という個人の
感覚であって、

身体に対するイメージや
感覚というのは人それぞれ違います。

だからこそ健康に関する
情報をお伝えする為に、

できるだけ誤解がないように
伝えたい気持ちはあるのですが、

どうしても微妙なズレが
生じる場合もあると思います。

スポンサーリンク

健康に目覚めるメカニズム

しかし、それで良いと思っているのです。

このサイトの内容がきっかけとなり

あなた自身があなたの身体と
向き合い、気づき、

健康になる為の体の声を聞く
きっかけになれば、

本当に嬉しいことです。

コーチングやコンサルなどを通じ、

実際に私が出会いアドバイする
する方々も、

徐々に自分の身体に対する
意識に目覚めながら、

その奥深さの探求に
面白さを見つけて行きます。

それが積み重なり、

健康体を手にして行くのです。

今ではお互い健康マニアとなり
ディープな話を交わしています。

体と向き合うことがない?

しかし、そう言った方々の
全員が始めからそういう

スタンスを持っていたわけでは
ありません。

彼らと話をしていると、

「そんなに深くいつも体のこと、
健康のことばかり考えていません。」

と言われるのですが、

それはごもっともでしょう。

アスリートならいざ知らず、

普通のビジネスマンや主婦の方が
いつも健康の事や体のメカニズムを
考えるわけはないというのも、

確かにその通りです。

実際私も以前はそう考えていました。

だからそんな時に私も
決して強要はしません。

しかし、体と向き合う事で、

体の感覚を認識し、
健康を取り戻すことができます。

それを何かしらのきっかけで
つかみ取ってほしいとは願っています。

体の感覚を認識するのがスタート

人の体はその人のものであり、

その人が管理すべきです。

私ができることはいくつもある

体の捉え方のヒントを伝えたり、

変化のきっかけを与えることです。

世の中にいくつもある健康法から
最良なものと信じ選んだものを
提案して行きますが、

それが万能ではありません。

もし聞いても理解できない、
やってみてしっくりこないなら、

当然、それを選択する必要はありません。

ましてはやってみたら
違和感を覚えるとか、

後から想定外の反応が
体に出たのであれば、

それは中止すべきでしょう。

これはこのサイトの情報だけでなく、

どんなものから学ぶときも
心得として持っておきたいものです。

答えはあなたが知っている

ただ、何を選ぶにしろ、

自分の体と向き合う、そして
体の声を聞きながら体の感覚を認識し

健康に目覚めるメカニズムは
実感してほしいと思います。

必要なのはその健康法、美容法が、

自分にとって良い物かどうか、

それを判断するに足るベース
となるものを手に入れることです。

それは知識だけではなく、
技術だけでもなく、感覚だけでもなく、
直感だけででもなく、環境だけでもなく、

あらゆるものの複合体で
構築されて行くのでしょうが、

まずはそんなベースを作るべく
考えて行きましょう。

最終的に判断する為の自分の体
に対する意識を磨くことが、

健康を手に入れる遠回りのようで
一番の近道ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>