無意識の行動の健康管理と意識的な行動の美容、健康、長寿法

無意識の行動の健康管理と意識的な行動の美容、健康、長寿法
今回のテーマは、

無意識の行動の健康管理と
意識的な行動の美容、健康、長寿法

について紹介します。

人間というのは、

みな何となくボーッと
生きているものです。

いきなりそう言われれば
心外だと怒る人もいるかもしれませんが、

残念ながら事実なのです。

もちろんあなただけでなく
私もその一人です。

人間の行動の95%は
無意識が支配していると言います。

例えば、

お風呂に入って体を洗うとき、
ドライブしているときなど、

何か他のことを考えながらでも、
行為(体を洗う、運転など)は
完了させることができます。

また、腕組みする時にも、

左右どちらの腕を上にして組むか
なども各自で決まってしまっていて、
意識的に腕を組みません。

だから普段どちらの
腕を上にしているかを、

実際にやらずに即座に答えられる
事は普通はできません。

我々は人生のほとんどを
無意識の中を生きている

と言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク

人は無意識の行動に支配される

つまり、ほとんどの人の行動は
無意識に反射的に行われるのです。

そしてこれは日々の
健康管理についても同じです。

無意識から意識的な行動として
美容、健康、長寿法ができる
ようになれば、 

私たちの人生は大きく変わるでしょう。

こうした無意識の行動は、

行動だけでなく言動も同じで、

何気ない会話の中に自分が
発する言葉を普通は、

ひとつひとつ丁寧に意識して
考えて話しているわけではありません。

だからこそ人間関係の誤解を生み

「そんなつもりじゃなかったのに…」

と、相手に思わぬ誤解を
与えるケースも生まれるのです。

ダイエットでも、

「食べすぎちゃ行けない!」

と頭で分かっていても

テレビを見ながら気づかず
お菓子に手が伸びていたり、

運動するのは健康に良い
と分かっていながら、

「今日は疲れたから良いや」

とサボってしまったり、

健康管理や美容法、アンチエイジングでも
無意識と意識的な葛藤は生まれるものです。

無意識の行動の美容、健康、長寿法

高度に脳が発達した人間は、

全てが意識の下で動いている
と思われがちですが、

その割合は実に低いのが現状です。

この辺りの意識、無意識の研究は、

著名な脳科学者の間でも議論され、
さまざまな学説が発表されるので、
かなり興味深いのですが、

もちろんこのサイトでも重要な
部分は今後紹介して行きますが、

あまり深く入り過ぎると、

「自分は何者なのか?…」という
アイデンティティクライシス
に陥る可能性もあるので、

深入りはしない方が良いかもしれません。

意識的な健康管理が人生を変える

いずれにしても、

こうした無意識が支配する生活に置いて、

自分の体に対して意識的に
管理して行く人も少ないのです。

健康、美容、長寿は大切ということは
誰しもが感じるでしょう。

元気に仕事をして
アンチエイジングをすることに
興味がある人も多いです。

が、それを意識的に管理できている
人は少ないのです。

意外に思われるかもしれませんが、

無意識に支配される私たちは
しっかりした行動に取り組むことが
できないのが事実です。

昨今の健康意識の高まりは
ブームを通り越して、

超高齢化社会を目の前に
勢いはますばかりです。

健康ブームに乗る人は鈍感な人?

さらには、食に対する意識、
安全管理、医療費、

原発問題を始めとした
環境への不安など、

本人はもちろんのこと、

次世代を担う子供たちへの
影響を懸念し

体に対する意識は否応無しに
高まる時代に突入しています。

意識的な行動の美容、健康、
長寿法が求められる中、

メディアやテレビを始め

「あれを食べては行けない」
「○○をすると病気になる」

など、人の不安を煽るような
根拠の怪しい健康ノウハウが、

番組で喧伝されたり、
「健康本」がベストセラーになったり、

そして誰が良いと火がつけば

すぐに広がり「にわか健康ブーム」
が巻き起こります。

しかしその時々の流行に乗り
健康美容ブームに乗る

一見「敏感な人」たちは、
実は自分の体に「鈍感な人」
だったりします。

情報洪水にさらされ、
思考停止状態になっているよう
なものです。

これではますます健康管理が
無意識に流されるようになります。

そして最終的には健康が
損なわれたりするわけです。

これから美容、健康、長寿を
しっかりと実践する為に、

深い所から自分の体と向き合い
付き合って行く為の方法を
一緒に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>