ユダヤ人にとっての価値観は勤勉である事、ハードワークで成功


今回のテーマは、

ユダヤ人にとっての価値観は
勤勉である事、ハードワークで成功

について紹介します。

ユダヤ人は勤勉で地に足がついています。

怠ける事は許されません。

日本人も勤勉でハードワークを
旨とする民族ですが、

それでもユダヤ人の勤勉さは
際立っていると言って良いでしょう。

成功の条件は様々ありますが、

自分でコントロールできる要素は
とにかく勤勉に働く事、

もちろん、運や環境など
外部の要因も大きいですが、

必死に働く事は外せない
成功への必要条件と言えるでしょう。

ユダヤの母親
子供に立派な人になって欲しいと
強く願っていて、

幼少期から勤勉であることの
価値観をよく教えています。

あるユダヤ人の成功者は
成功の秘訣を

「今仕事がない人もたくさんいるのだから、

仕事があったら『恩恵』だと感謝して、
一生懸命働きなさい。

朝早く出社してたくさん働きなさい」

と成功の秘訣=勤勉と言っていました。

成功を神頼みする日本人

世界の宗教観の違いはたいへん
興味深い事がありますが、

日本のお金やビジネスに
対する考え方は、

世界と大きく違います。

例えば、

「地獄の沙汰も金次第」

と言う言葉がありますが、

これをユダヤ人が聞くと
腰を抜かします。

神はお金で買収できると
言っているようなものだからです。

「イエス・キリストは金で動く」
「ムハンマドは金で動く」

と言っているようなもので、

神を冒涜する言葉だからです。

またお金儲けの神様がいる
と言う点も、

西洋、イスラム系の宗教とは
異なる点でしょう。

毎年、初詣などでは

お金儲けにご利益のある神様に
「商売繁盛」を祈願する人が多いです。

日本の成功者や経営者にも
神社参りを欠かさない人もいますが、

これは一歩間違えると
他力本願の依存体質ができて
しまいます。

やるだけやった後の「神頼み」
であれば良いのですが、

実際には神様に頼る前に

もっとやるべき事、
考えるべき事、
議論すべき事が

ある場合が多いのでしょうか。

努力やハードワークを避けて、

神頼みで奇跡の大逆転が
起きると期待してしまう、

甘い考えを持つ人も多いです。

ユダヤ人はハードワークで成功する

ユダヤでは、お金やビジネスの
成功に関して神は助けない、
と言う考えです。

お金を稼ぐ事自体が
否定される事はないですが、

どうしたらお金が儲かるか、
商売が上手く行くかなどという
アドバイスは、

聖書のどこにも書いていないのです。

つまり、

生き抜く為にお金を稼ぐ方法、
学問で成果をあげる方法

などは自分で考えなさい、

と突き放しているとも言えます。

ユダヤの人々は、
聖書を読み神の教えを守り、

一人一人が自助努力して
成功をつかみ取る訳です。

例えば、

ロースクールやメディカルスクールでは

ハードワークに勉強し、
知識やスキルを身につけます。

その努力は生半可ものではなく、

こうした上級の学校に行くほど
ユダヤ人の比率は多くなります。

ハーバード大学などは、
3分の1がユダヤ人で占められる、
と言う統計もあります。

そして社会に出ても高給をとり
さらにハードワークで働くのです。

ビジネスで大成功した、

例えば、
フェイスブックのザッカーバーグや
グーグルのラリーページも
ユダヤ系と知られていますが、

彼らも偶然、神頼りで
大富豪になった訳ではなく、

親の教育と自身の懸命な努力に
よる結果なのです。

成功してなお勤勉に働くイスラエルのユダヤ人

さらにこうした勤勉、ハードワーク
の体質の文化は、

様々なところに見られます。

世界中に離散したユダヤ人は

現在でもロシアなど世界各国から
イスラエルに「帰還」しているため、

イスラエルの人口は増加しています。

知人の話によればイスラエルでは、
ゴミを回収した人たちを指して、

「あの人はロシアからの移民だよ。
まだヘブライ語も話せないから、

ゴミの回収難かしているけど、
弁護士やお医者さんが多いんだと」

と言われて驚いたそうです。

経済的に苦しい時は
例えエリートでも仕事のえり好みをせず、
勤勉に働くそうなのです。

大活躍したアスリートが引退し、

しばらくすると、様変わりして
怠惰そうな生活を送っている姿など見て
驚いてしまう事がありますが、

一度成功したらその過去の栄光
いつまでもしがみつき

楽をしてしまう人もいます。

しかし幼少期から勤勉という価値観を
植え付けられているユダヤ人は

成功してもなお、より
勤勉に働く人が多いようです。

勤勉さを成功の要因と語る成功者たち

ヘアドレッサーであり実業家の

イギリス生まれのユダヤ人

ヴィダル・サスーンは

「成功したければ勤勉さが必要」と
現役の時には1日14時間働いたそうです。

休みを取らなかった期間もあるほどです。

またマイケル・ブルームバーグは

フォーム酢の2011年度の世界
富豪ランキングで30位の富豪ですが、

「確実に報われるのは
他の人より熱心に働く人たちです。

早く出社して、遅くまで残業する。

デスクで昼食を済ませ、
夜や週末にプロジェクトを家に持ち帰る」

とその著書内で語っています。

ブルームバーグ自身、
ソロモン・ブラザーズで働いていた時、

朝一番に出社し、
誰よりも遅くまで会社に残っていました。

はたから見れば彼らは一夜にして
成功を手にしたように見えます。

しかし実際には裏で相当の
ハードワークを欠かさず、

成功をつかみ取っているのです。

努力は自分でコントロールできる

私の師匠は3倍努力と言う言葉を好み
人の3倍努力すれば叶わない事はない

教えてくれました。

運や環境、トレンドなど
コントロールできない外部要因に頼るより、

努力する事の方が楽である、

通しえてくれた事が今でも印象に残っています。

「どれだけ努力するか」は

時間を自由にコントロールできるという考えです。

ブルームバーグさんの成功も

「小さな仕事から始めて、
目標を一つずつ、期限を守りながら達成していく。

人生の全てをこのやり方で行うことである」

と言う言葉に表れているでしょう。

最近の日本の若者は、

「給料が安いから、仕事なんてやってられない」

「勤勉なんてばかばかしい、
出来るだけさぼった方が得」

などと考える人も多いようですが、

実はその考えは自分の成長を妨げ、
経験を積むチャンスを損失しています。

さぼって楽していれば、

評価が上がる事はないですし、
お金や成功を遠ざけてしまうのです。

困難な仕事をするほど
成長のチャンスも大きいです

苦労が大きいほど、
その見返りの大事さが分かります。

やはり真面目に苦労して
一生懸命に勤勉に働くことが

成功の王道なのでしょう。

ハードワークで成功できるのです。

ビジネスで成功している
ユダヤ人の多くは、

若いうちからコツコツ働き、
勤勉で真面目な金銭感覚を身につけているようです。

ぜひ参考にしたい価値観ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>