視覚と反射行動、ストレス反応に関わる脳の働きとメカニズム

視覚と反射行動、ストレス反応に関わる脳の働きとメカニズム
今回のテーマは、

視覚と反射行動、ストレス反応に
関わる脳の働きとメカニズム

について紹介します。

さて、敵に襲われたときでも
逃げる事ができる反応ですが、

こうしたとっさに動く
回避行動というのは、

体の中からどんな風に
起こってくるのか、

メカニズムの全容は
分かっていませんが、

もちろん脳は関わりがあるでしょう。

その中で重要な役割を
果たしていると思われる機能が、

一つ知られています。

それは「視覚」です。

つまり、物を見る働きの
中にあります。

哺乳類の身体には実は、

2系統の資格システムの働きが
宿っていると言われています。

カエルやワニなど、

より原始的な身体を持つ動物の
視覚と共通のルールを持つ
「古い視覚」と、

哺乳類になってから新たに
発達した「新しい視覚」です。

スポンサーリンク

新しい視覚と古い視覚のメカニズム

脳も古い脳、新しい脳で
層が分かれている説明しましたが、

資格も似たような
メカニズムがあります。

古い視覚の働きは、

目の前を横切った影などに反応して、
とっさに逃げたり捕まえたりする

「反射的な動作行動」

をする為のものです。

「動作」をする時にだけ
働く視覚システムがあるのです。

その中核を担うのが
脳幹の一部「上丘(じょうきゅう)」
と呼ばれる場所で、

つまり古い脳の中にあります。

上丘に入った視覚信号はその後、

大脳皮質(新しい脳)の
頭頂野という所まで到達しますが、

複雑な情報処理のプロセスを
経ずに「動け」という命令を発するのが、
反応が速いのです。

この反応は意識にのぼらない
ところで進むので、

ストレスに対する
逃走と闘争の反応のように

感覚的には「気づいたら動いていた」
という状態になります。

視覚のストレス反応に関わる脳の働き

一方で新しい視覚は、

物を見て

「これはリンゴだ」
「これはライオンだ」
「これはパソコンだ」

などと認識、識別する働き
をするメカニズムで働きます。

人間の場合は、

文字を読むという重要な機能も
担っています。

いわば「あれこれ思案」する
為の情報を集める視覚で、

通常私たちが「視覚」というとき、
この働きをイメージします。

このメカニズムを担うのが、
大脳皮質の視覚野という場所です。

色彩や形などを繊細に
見分けられるのが特徴ですが、

集めた視覚情報を複雑に処理するため、
物を識別したり、行動を起こすまでの
時間が古い視覚より長くかかります。

仮に上司=ストレスとすれば、

古い視覚だけであれば
上司を見た瞬間に逃げ出せるのですが、

新しい視覚があり
「この人は○○さんだ」
という認識をする為に、

すぐ逃げ出す事ができません。

こうした

「動作の為の視覚」と
「認識の為の視覚」が

分かれて存在しているのも、
不思議な感じがしますが、

なぜわざわざこうした仕組み
メカニズムになっているのでしょう。

生存本能としての視覚

これも生き物の進化を考えると
納得できます。

美しい芸術を見たり、
本や新聞を読んだり、
テレビを見て楽しむのも

全て視覚のなせる技ですから、

そもそも人はなぜ見る必要が
あるのかを忘れてしまいがちです。

野生の中で暮らす生き物にとって、

物を見るという行為がどう
役に立ったのかと考えると、

まずは

「エサをとる」「適から逃げる」
「仲間を捜す」「配偶者を見つける」

と言った行動が最優先だったはずですから、

野生の世界の「食うか食われるか」
の環境において、

生存や生殖と言った本能を
満たす為の視覚に存在意義があるわけです。

そして私たち人類も元々、
古い脳だけで生きていた祖先の時代、

まずはその為のツールとして
古い視覚を身につけたのでしょう。

視覚の発達と現代人のストレス

もっと後の時代になれば、

哺乳類の頭の中で大脳皮質が
発達するようになり、

「物を認識する視覚システム」

が成立したのです。

だから哺乳類は、屋上尾を
重ねたような格好で、

古い視覚、新しい視覚の
働きとメカニズムが備わっているのです。

そこから人類は進化ととげ、
文明を発達されて行きました。

こうした視覚と反射行動が
ストレス反応に関わるわけですが、

私たちの感覚の中ではこの二つの
働きはリンクしているので、

二種類の機能を個別に
感じる事ができません。

しかし例えば、

脳卒中などによって片方の
系統だけ損なわれたケースでは、

個別の働きが鮮明に
浮かび上がると言われています。

例えば新しい視覚だけ
失われてしまった人は、

リンゴを見せられても

それを「リンゴです」と答えられず、
意識としては目に見えないのです。

でも古い視覚は生きているので、

リンゴをとる為にそこ向かって
手を伸ばす事はできるそうです。

またごつごつした岩や木の根があり
歩きにくい山道でも

障害物を避けながら歩く事
もできるそうです。

こうした不思議な私たちの
視覚と脳のメカニズムですが、

これらが「体の声」とどう関わるか
次回から考えてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>