交感神経と副交感神経のバランスとホメオスタシスの調節作用


今回のテーマは、

交感神経と副交感神経のバランスと
ホメオスタシスの調節作用

について紹介します。

前回紹介した、

ストレス応答のうち、

ホルモンの働きを紹介しましたが、
今回紹介するもう一つのルートが

自律神経です。

忙しくストレスフルな現代人が、

いかに心身を健康に保ち
毎日をパワフルに幸せに過ごすか…

そのカギを握るのも
自律神経です。

自律神経というのは、

原始的な脳である視床下部から
全身に伸びる神経です。

ここでもやはり起点が
視床下部という事ですから、

この神経は、内臓や血管など

私たちが意識しなくても自動的に
働く体内の活動をコントロール
するものです。

つまり、ホメオスタシスと
深い関わりがある事は容易に
想像できます。

スポンサーリンク

交感神経と副交感神経のバランス

そして自律神経には、

交感神経と副交感神経

という2種類でできている
事が知られていますが、

この二つがシーソーのように
バランスをとるのです。

交感神経は体を興奮させて
活動精を高める神経です。

昼間の活動期に優位になるわけですが、

これが働くと血圧や心拍数、
呼吸数などが上がり、

緊張感が増して活動的になります。

副交感神経は逆に、

体をゆったりリラックス
させる神経で、

夜の休息時に優位にになります。

これが働くと血圧や心拍数が
下がって落ち着いた気分になります。

こうした神経が一方だけ
常に優位だとどうでしょう?

一日興奮していれば、
すぐに燃料切れを起こしますし、

一日中リラックしていれば
仕事どころではありません。

だから体はバランスをとるのです。

しかもこれは意識ではなく
無意識のうちに切り替えるものです。

調節作用を自動的に行うのです。

自律神経とホメオスタシスの調節作用

普段この神経は、

視床下部の指令によって
シーソーのようにバランスを
とりながら働いています。

例えば、

交感神経が優位になり過ぎて
少し心拍数が上がれば、

今度は副交感神経が働き
それおを抑えたり、

こうした事を繰り返しているのです。

さてこうした調節作用ですが、

これまで紹介してきた
ホメオスタシスの作用と同じ
メカニズムであることに、

気づく事でしょう。

体温や血圧、心拍数などを
一定に保つホメオスタシスの
働きというのは、

この自律神経が大きく関わって
いるのです。

そしてストレスに
上手く対抗するのです。

例えば気温が上がったり、
階段を上ると言った

ちょっとしたストレスが
かかった時には、

交感神経と副交感神経が
微妙にバランスを変えながら、

体内の状態を大きく
変えないように調節します。

自律神経の調節で健康増進

こうした比較的軽い
ストレスというのは、

必ずしも心身の健康に
害になるわけではありません。

むしろ体の調節機能を
上手く刺激するので、

健康増進に役立つのです。

むしろ刺激の無いほど
心身の健康を害します。

この調節する作用を備えている
システムをずっと働かせないで
生活してしまうと、

システムそのものがなまってしまい
かえって不健康になるのです。

だからこそ覚えておいて欲しいのは、

ストレス自体は敵ではない

という事です。

むしろ味方にすれば
健康増進になるのです。

だから適度に運動をしたり
筋肉や心肺機能を刺激する方が、

ずっとソファに座ってテレビを
見ながらポテトチップスを
食べているより

遥かに健康づくりに役立つわけです。

要はそのバランスの舵取りを
いかにするかというのが、

ポイントな訳ですが、

ここではまずこうした微妙な
調整作用を繰り返す自律神経の
働きメカニズムを、

少し体感してみましょう。

脈拍で分かる自律神経の調節作用

やる事は簡単です。

脈拍を計ってみるだけです。

まず横になるか、安楽なイスに
ゆっくり座って、

眼を閉じてリラックスした状態で、

手首に指先を当てて
脈拍をとってみましょう。

そしてゆっくり深く呼吸を
してみてください。

このとき呼吸に合わせて心拍の
スピードが変化しているのが、
実感できると思います。

私たちの心拍のスピードは、

通常、呼吸のリズムに
合わせて微妙に変化しているのですが、

こうした呼吸は無意識ではなく
意識的にも変える事ができます。

だからこそこうした調整で
交感神経と副交感神経のバランスを
ホメオスタシス機能が調節します。

息を吸っているときは

「トットットットッ…」

と少し早いリズムになり、

息を吐いているときは

「トン・・トン・・トン…」

とスローダウンします。

これらの変化は日中よりも、

就寝前や目覚め直後のように
体がリラックスして

副交感神経が有意な時間帯の方が
差をハッキリ体感できます。

呼吸性心拍揺らぎとは?

このとき、自律神経は

一呼吸ごとに働きのバランスを
変化させているのです。

息を吸う時には交感神経が、
吐く時には副交感神経が、

少し優位になるのです。

だからこそそれに合わせて
心拍数のスピードも
アップダウンするのです。

この現象は

「呼吸性心拍揺らぎ」

と呼ばれていて、

医療の世界などでも
色々と応用されているのです。

こうした変化の幅には個人差があり、

脈を取るだけでは分かりにくい
人もいるかもしれませんが、

専門の医療機関で検査をすれば、
わずかな変化でも判別できます。

自分の脈では分かりにくい人は、

家族や友人の脈を取らせて
もらうのも良いかもしれません。

一般に高齢になるほど
ホメオスタシスによって
差が小さくなるので、

なるべく30代までの若い人の
脈を取らせてもらうと良いでしょう。

こうした交感神経と副交感神経の
バランスとホメオスタシスの調節作用
にはさらに興味深い話があります。

名古屋市立大学教授で、

自律神経の働きを専門とする
早野順一郎さんによれば、

呼吸性心拍揺らぎというのは
人間に関わらず、

様々な動物の体で見られる
現象だそうです。

犬や猫はもちろんの事、

爬虫類の変えるやサメなどの
体内でも起きている、

つまり生命の根源的な
私たちの遠い祖先の時代から

身につけたメカニズムだ
と考えられているのです。

自律神経とホメオスタシスを持つ理由

一体なぜ生物の体内では
こうしたメカニズムが働くのでしょう。

早野さんによれば、

心臓は筋肉の塊なので、
バクバク拍動させるのにかなり
エネルギーを消費します。

でも生きて行く上で
エネルギーは貴重ですから、
少しでも節約したいものです。

どこから楽をしたいと
考えるのです。

そこで息を吐いている最中は
心臓が動いても酸素を巡らせる
効率が悪い事を利用して、

その隙間で休む事にしたのではないか
と考えられています。

吐いているときは肺の中の
酸素量が減っているので、

心臓が頑張っても体に酸素を
巡らせる効果は高くないのです。

吐いているときは休み、
肺に酸素が入っている吸気時に
まとめて拍動をする方が、

少ないエネルギーで酸素を
供給できます

こんな風に呼吸性心拍揺らぎの
意味や理由は考えられています。

非常に合理的かつ、
上手く生きる為の仕組みが
体内にはあるのです。

ちなみに呼吸性心拍揺らぎは、

ストレスがほとんどない時に
現れる現象です。

体に軽いストレスがかかっときは
交感神経の働きで、

心拍がもう少しだけペースを早め、
揺らぎは目立たなくなります。

それを確認したければ、

脈を取ったまま立ち上がって、
しばらく歩いてみると良いでしょう。

脈拍がちょっとだけ
速くなるはずですから、

そしてもう一度腰を下ろして
ゆっくり呼吸していれば、

数分のうちに心拍はまた
ゆったりと揺らぎ始めるのです。

こうした交感神経と副交感神経の
バランスとホメオスタシスの
調節作用を前提に

次回はさらにストレスと
ホメオスタシスの関係について
別の角度から考えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>