腸の調子や不快が気分や感情を左右する、内臓感覚の心身の影響


今回のテーマは、

腸の調子や不快が気分や感情を
左右する、内臓感覚の心身の影響

について紹介します。

前回紹介したように、

腸には神経細胞が集まり、
脳とは別の独自の働きをする
と紹介しましたが、

とは言え腸も体の一部です。

もちろん脳とも繋がっていて、
連絡を取り合うわけです。

ただ独立志向が強く、
脳に支配される一方ではなく、

むしろ逆にときには、

脳に向かって鮮烈なメッセージを
発信する事もあるのです。

東北大学医学部の心身医学の
教授、福士審さんは、

こうした腸が発する
メッセージを

「内臓感覚」と呼んでいます。

スポンサーリンク

腸の調子、内臓感覚の心身の影響

こうした腸からの声である
内臓感覚ですが、

自覚しやすいのは、

腹部膨満感のような
お腹に直接感じる感覚でしょう。

でもそれだけではありません。

腸は私たちの情動に
も働きかけるのです。

脳科学の観点から言えば、

脳の大脳辺縁系が作るのが
情動という事ですが、

もちろんその通りです。

でも脳だけではないのです。

情動的な気分の動きは
腸の調子にも大きく左右
されるのです。

腸の調子が気分や感情を左右する

なぜ腸が感情や気分など
情動に作用するのでしょうか。

これはヒドラのような
生き様をイメージすると
理解しやすいでしょう。

全身が腸でできている
ヒドラの生活のほんとが、

食べる事と出す事

に費やされているわけです。

エサを食べカスを排泄する

というサイクルさえ
順調に営まれていれば、

ヒドラの人生は幸せなのです。

ところがもし体に外のある
異物が入ってきたら一大事です。

ヒドラの神経系は非常事態を告げ、

全力を挙げて排除にかかります。

そしてもしも、

その異物が何らかの理由で
腸の中に詰まってしまい、

排泄できない事になれば
どうなるか?

更なる非常事態としてなんとか
排除しようと必死になります。

腸が不調になるとや不快になるのはなぜ?

私たち人間の腸も
ヒドラの子孫のようなもの、

自分がおかれた状態に対し、
ヒドラと同じような反応を示すのです。

食べて排泄すると言う
サイクルが順調であれば、

腸も幸せに浸ります。

しかし下痢や便秘と言った
不調に陥ったとき、

腸の神経系は「非常事態」
という強いシグナルを発するのです。

そのシグナルを受けた脳の
大脳辺縁系が

腸に同調して騒がしく
活動する事で、

心が不快な気分で占められるのです。

うつや不安、悩みや気分が落ち込むとき、

私たちはその原因を
脳だけに見出そうとしますが、

実際にはそこに腸の状態が
関わっているケースが多いのです。

腸が担う生存本能の影響

こう言う仕組みを聞けば

「腸は余計な事をする…」

と思うかもしれません。

しかしこれは仕方ありません。

前に紹介した不快のシグナルは
行動を起こさせるための
重要な働きをする

という事を思い出してください。

腸はのうより古くから
生命に備えられた器官です。

生き物の体にまだ脳が
なかったころ、

全身をコントロールしていたのは
腸の神経系なのです。

腸が不良になれば不快感の
非常警戒信号を発するという方法は、

生きて行く為に必要であり、
合理的なシステムだったのです。

言ってみれば当時の生き物にとて

腸が発するシグナルこそが
心の全てだったのです。

内臓感覚の声を聞く事の心身の影響

その後、生き物の体には
脳が作られ、

やがて人間まで進化するのですが、

意識や理性、より繊細な感情
と言った洗練された機能が、

原始的な心と腸のメカニズム
に付け加えられた事で、

腸が発する素朴なメッセージは
つい軽視されがちになったのでしょう。

でも、腸からの声は
消えてしまったわけではなく、

今でも私たちの心の中にあるのです。

これは便秘症の人なら
経験した事があるでしょう。

例えば便通が悪くなり
何日も便が腸に溜っているとき、

何だか一日中ずーっと
重苦しい不快な感じが、

心につきまとう感じです。

こんな時に頭で

「これじゃダメだ、元気を出そう!」

などと考えて気分を変えよう
としても、

そうそう都合よく変わる
ものではありません。

腸の不調が発生源になっている
不快感は実に根深いのです。

でも逆に立派な便がスッキリ
出たときの気分の良さも、

爽快そのものです。

体と心を貫くような快感が
お腹の底から湧いてきます。

こうした感情の気分の変化も、
実は腸が引き起こしているのです。

脳と腸を大切にする事が
毎日を幸せに爽快に生きる
秘訣とも言えるでしょう。

内臓感覚を聞く事を
しっかりと身につけたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>