体の違和感を感じるアスリートが怪我を避ける為の休息の対策法

体の違和感を感じるアスリートが怪我を避ける為の休息の対策法
今回のテーマは、

体の違和感を感じるアスリートが
怪我を避ける為の休息の対策法

について紹介します。

体内の何かしらの不具合を
知らせるメッセージである、

前回、体の声を聞けない
ことが深刻な問題に繋がる

と紹介しましたが、

とは言えもちろん、

全ての体の声がすなわち
生死に関わるような深刻な
メッセージなのかと言えば、

そんなことはありません。

例えば、肩こりは

「血流が滞っている」

という不健全な状態を知らせる
状態のサインですが、

不健全の程度としては
些細なレベルのもので、

放置してもすぐに生死に関わる
訳ではありません。

だからこそ、忙しい現代人は
別の事を優先してしまうのでしょう。

とは言え些細な声のうちに
手立てを打っておかなければ、

不健全さがだんだん大きくなり
積み重なって行き、

やがて深刻な事態に
発展する可能性はあります。

健康や若さを奪う事になりかね
ないのです。

できるだけ早めの対策が
必要な事は言う間でもありません。

スポンサーリンク

体の違和感は怪我を避ける為の工夫

ここで、

例えば勉強を良くする人ほど、
物事の正誤が分かるように、

幼少期から人の心の機微が
よく分かる人がいるように、

体と向き合っていればいるほど
体の声にも敏感になります。

プロランニングコーチとして、

女子マラソンの高橋尚子さん
有森裕子さんと同じ実業団チームで
指導をした経歴を持つ、

金哲彦さんによれば、

オリンピックに出るような
トップアスリートたちほど、

そんな些細な体の声に対して
とても敏感だと言います。

スポーツニュースなどでよく

選手が

「腰に違和感があり出場を回避」

と報道されます。

素人発想からすれば怪我で
出れないのは分かるにしても、

違和感で試合に出ないのは
ただの怠慢じゃないかな…

などと思ってしまいますが、

あの「違和感」というのは、

故障に至る手前の不調段階で、
体が発するメッセージなのです。

ここで無理をせずに休息を取り
対策を打てるかどうかで、

選手生命やパフォーマンスの
レベルが変わってくるそうです。

体の違和感を感じるアスリートの感覚

以前に紹介した雑誌インタビューを
受けたアスリートも、

じっと話をして体が固まるような
状況に不快感を敏感に感じていたのも

確かにうなずける話です。

あれも一種の違和感でしょう。

ただ、私などスポーツに
縁遠い人間にとって

「違和感」と言われても
今ひとつピンと来ません。

正直そんな事で試合を休むのか…

と思ってしまうのも事実です。

そこで、違和感というのは
どんな感覚なのだろうと、

知人を通じあるアスリートに
質問してもらいました。

すると返答はこうでした。

「いつも使っている
ショルダーバッグを普段とは

反対側の方にかけて歩いて
いるという感じですよ、」

現代人の体は歪んでいる?

何となくですが納得できました。

痛みがあったり、腫れがあったり
するわけではないが、

違和感があれば、それは何かしら
体内のホメオスタシスが
ズレている事です。

その段階で休んでおけば
体は元通りになるでしょう。

しかしそこで無理をすれば
怪我などに繋がります。

そうなればその先を
多くの時間を無駄にします。

目の前の休息を怠れば
長期的な損失を生むのです。

まさに株式投資で言う
損切りのようなものでしょう。

確かに人間の体はだれでも
完全に左右対称という事はなく、

ちょっと傾いていたり
ねじれていたりするものです。

寝相であったり、
足を組む姿勢であったり、

ちょっとした事から
体は歪んで行きます。

特にバッグを肩にかける
という習慣がある人は、

そのバッグをかけた状態に合わせて
体が歪んでいる事が多いそうです。

早めの対策が必要なビジネスマン

普段通りにバッグをかければ、
その姿勢で安定するので

歪みには気づきませんが、

逆の肩にかけると
普段と違う重みがかかって

歪みの感覚が強調され、
自分が歪んでいる事に気づき
やすいのです。

これを試してみれば、

アスリートの感じる
体の違和感が味わえるかもしれません。

いずれにしても、

違和感を持った選手の体は、

体のどこかの筋肉や
関節などの疲れが溜り始め、

そこの動きが少しだけ
悪くなっているという事です。

するとかすかに体が
歪んだような状態になります。

その些細な違いを感じられるかどうか?

そしてその違和感に
どれだけ早く対処できるか?

が、体が資本のアスリート
にとっては死活問題なのです。

不具合を感じとってすぐに
休息を取るなど対策を立てるほど、

大きな故障は避けられるのです。

しかしその感覚に気づかなかったり、
気づいても無理して頑張ってしまえば、

バフォーマンスが低下する上に、

より重大な故障や怪我に
繋がりかねないわけです。

そこまでいけば体は
もっと大きな声を上げます。

痛みを発したり、腫れて来たり
全身がだるくなったり…

しかしこれでは遅いのです。

そうなる前に対応して
対策おくべきなのは、

アスリートでも一般人も
同じです。

体の違和感に敏感に感じ取り
早急に対応できる力は、

現代のビジネスマンにとっても
重要なスキルとなるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>