冷え性に自覚しない気づかないで血流が悪化するメカニズム

冷え性に自覚しない気づかないで血流が悪化するメカニズム
今回のテーマは、

冷え性に自覚しない気づかないで
血流が悪化するメカニズム

について紹介します。

前回まで見てきたように、

肩こり、あくび、便意…

という自然な体のメンテナンスを
無視し続けてしまう事で、

体の声に対する感覚が鈍り、

自分が鈍っている事自体に
気づかなくなりがちになり、

徐々に老化や病気のリスクが
進んでしまうという問題点を
紹介してきました。

客観的に見れば、

肩の筋肉がガチガチになり
硬直している事や、

週に一度しか便が出ない、

と言った健全とはかけ離れた
状況にも関わらず、

本人はしばしば

「それって何か問題なの?」

とケロッとしている事もあります。

しかしひとたびそんな状況が
改善されると、

今度は体の中から「気持ちいい」
という声が発せられるようになり、

気持ちよさを実感すると共に
これまでの問題を自覚する
というケースが多いです。

今回はこの体の声というテーマの
事例として最後に

「冷え性」

について考えてみましょう。

スポンサーリンク

冷え性で血流が悪化するメカニズム

筋肉が凝れば、その場所の
血流は悪化して行きます。

血液のメカニズムとして、

温かい体の奥の方から
熱を運んでくる働きをしますから、

血の巡りが悪くなった場所に
「冷え」という問題が起きます。

私の知人の整体師さんは、

いつも冷え性のクライアントさん
と接する機会があるそうですが、

「触ってみると、ガチガチに
凝り固まった筋肉は

まるで”冷凍ささみ”のようです。

冷たく固まっているんです。

でもそんな人に限って
”え?どこか凝ってますか?”
と何の自覚もないのです」

と言っています。

その整体師さんは助産師でもあり、

妊婦さんの体のケアをする為に
整体の技術を取得したという
経歴の持ち主です。

母子ともに健康になるために

そう言う経緯もあり、
彼女の整体院には妊娠中の
女性がたくさんやってくるそうです。

冷え性というのは、

気温が問題でもなければ
単なる不調ではありません。

人体の健康の基本は
血液にあるわけですから、

その流れが悪化する冷え性は
健康に大きく左右します。

しかもお腹に命を宿す
妊婦さんの血流は

母子の健康を左右する重要なものです。

私の知人の整体師さんは、

お腹の赤ちゃんの発育や出産
が順調に進むように、

妊婦さんたちの骨盤周りの
凝りをほぐして体を整えるわけですが、

最近ではその周辺の筋肉が
凝って冷えきっている人が
とても増えていると言います。

これも現代人の環境が
体の声を聞きにくくしている
からだと言いますが、

少しほぐして行くと、

妊婦さんたちはお腹の中や
腰回りがポカポカしてくるのを感じ、

顔色まで良くなるそうです。

これまで冷え性に気づかないで
いた事をようやく自覚するのです。

血流の悪化と改善のメカニズム

その整体師さんは、

妊婦さんたちが整体院に来なくても
自分で体をほぐせるよう、

凝りをほぐす体操も教えていますが、

冷え性を予防改善する事は
日頃の意識を少し変えるだけで
構わないのです。

さらに彼女の行うワークショップでは、

事前にアンケートをとり
体調を聞いてみると、

体の冷え性に自覚があると
答えた妊婦さんは、

21人中たったの5人だそうで、

ところがワークショップが終われば
17人が「体が温かくなった」と
答えたそうです。

最初は特に問題と感じていなくても
ポカポカして気持ちよくなった事は
はっきりと気づく事ができるのです。

当然、妊娠中、産後ともに
冷え性が改善された母子の方が
健やかに育児ができるそうです。

冷え性はもちろん問題ですが、

それに自覚しない気づかないで
放置する方が大きな問題です。

体の声に耳を傾けよう

前回まで、

あくびのケースで紹介した例でも、

緊張がほぐれてあくびが出始めると

「こんなにリラックスして
気持ちよくなったのは久しぶり」

という感想を漏らす人が続出します。

便秘のケースで言っても、

何日も出ずに溜っていた
モノがしっかり出ると、

えもいわれぬ爽快な感覚が
湧いてくるのは、

多くの人が経験しているでしょう。

こうした「気持ちよさ」も
また体の声の一つなのです。

肩こりに始まり、あくび、便秘、

そして冷え性と、

どうも今の世の中では、

体は発する声を私たちが
上手く聞き取れないという状況が、

色々と起きているようです。

それが疲労、不調、ストレス…

と徐々に心身の悪化が積み重なり、

やがて大きな病気にも
繋がって行くわけです。

ちょっとした血流の悪化が
大きなリスクにもなるわけです。

こうした悪化のスパイラルから
抜け出す為にも、

私たちは知恵を付けなければいけません。

一体私たちの体に何が起き
どういうメカニズムが働いているのか、

「体の声」と呼ばれる感覚は
どうして起きるのかなど、

その仕組みやメカニズムも
一緒に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>