脳の指令あくびを我慢するデメリット、体の声を聞くメリット


今回のテーマは、

脳の指令あくびを我慢する
デメリット、体の声を聞くメリット

について紹介します。

メディアの健康情報や
雑誌のダイエット特集、

医者の意見よりまず何より
私が聞かなければ行けないと
感じるのが、

自分の体の声です。

体の声に耳を傾ける…

というのは健康や若さを
守る上で重要なものですが、

現代人はその声を無視しすぎて
聞こえなくなっている、
とも言えそうです。

それで多くのデメリットを
生んでしまっているのですが、

前回まで紹介した

肩こりに気づかない事も
そうですし、

「あくび」も一種の
体の声と言えます。

体のバランスのズレを
整えようとする脳からの指令です。

スポンサーリンク

あくびを出す脳のメカニズム

脳の奥の方、視床下部の
中にある「室膀核(しつぼうかく)」
という神経細胞の固まりが、

血液中の酸素濃度が
下がってきた事を感知して、

あくびの指令を出すのです。

そしてあくびをしたい気分に
なってくるものです。

そして実際にあくびをすれば
アゴや首の筋肉がストレッチされ
血液の循環が改善し、

脳に酸素が届いて気分が
スッキリするというわけです。

しかし会社であくびはできない
と我慢して抑えていると、

それが脳の指令として
プログラミングされ、

あくびを出さない体になります。

すると、血流が悪くなっても
それを改善する事がなかなか
できなくなるのです。

これが習慣化すれば、

神経や血行が悪化し、
老化や病気のリスクも増えます。

つまりあくびを我慢するだけで
多くのデメリットに繋がるのです。

脳の指令あくびを我慢するデメリット

ここで体の声と言っても、

脳が指令を出すわけですが、
それは意識的に考えてやる
訳ではないという事です。

普段私たちがあくびをするのは、

「お、そろそろ血液中の
酸素量が不足してきたぞ」

などと自覚してやるわけではありません。

「よし1時45分だから
そろそろあくびの時間だ!」

などと考えてやるわけではありません。

そう言う判断は脳が
勝手にやって暮れているのです。

私たちが意識できる心の中には

ただ、あくびをしたいという衝動が
降って湧いたように表れるのです。

犬や猫をペットで
飼った事がある人は、

こう言う動物たちがあくび
をする姿を見るでしょう。

或は動物園に行けば、
ライオンやカバが大きなあくびを
している姿を見る事ができます。

人間のような意識を持って
いないであろう彼らも

あくびをしているのですから、
あくびは意識的な行為ではない
という事が分かります。

多くの動物の体に備わった
極めて本能的な行為です。

それだけメリットが多いからこそ、

体に元々備わっているのです。

本能であるあくびを我慢すると…

さらに、生まれて間もない
赤ちゃんもあくびをします。

誰に教わったわけでもなく、
生まれつき自然に湧いてくるのです。

心身にメリットのある行為
だからこそ本能的にやるのです。

こう言うメカニズムで、

頭で考えなくても
体の中から本能的、衝動的に
出てくるものを

「体の声」と呼んでいるのですが、

では本能的な行動であるなら、

生き物の遺伝子にプログラム
されたメカニズムでしょう。

職場で緊張するくらいで
抑え込まれてしまうのか?

と思う人もいるかもしれません。

その疑問は最もですが、

人間の脳の仕組みとしては

本能的な行為だからと言って
抑えられない事はないのです。

そして、実際に極めて
本能的な体の声が抑えられてしまう、

すると体内は徐々に
調子を崩して行きます。

そして体の声を無視して
我慢する事で生まれるデメリット

最もポピュラーな現象を、
あなたもよくご存知のはずです。

それが「便秘」です。

便意を我慢して便秘になる
メンタルと体のメカニズムを
次回もう少し深く考えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>