将来の不安、不安定でやる気が出ない、使い捨て社会の問題点


今回のテーマは、

将来の不安、不安定でやる気が
出ない、使い捨て社会の問題点

について紹介します。

では、やる気を出して
とりあえず動く事で、

何か良い事がキチンと
起きるのでしょうか。

残難ながら、

「やる気を出せば、
必ず良い事がある」

と断言しにくいのが、

現代社会の真実の
一部と言えるでしょう。

やる気を出してこう動力を上げて
なぜ必ずしも成功できないのか?

そこのは最近の日本の風潮が

「使い捨て社会」

になっているからです。

ファーストフード、
ファーストファッション

使ってたらすぐ捨ててしまう、、

そこで働くアルバイトも、
いわば誰でもできる仕事です。

人員がいなくなれば
補填すれば良い、

まるでロボットのような考え方です。

スポンサーリンク

日本はますます使い捨て社会となる?

医者の世界でもこの使い捨て
という現象が顕著になって
いるようです。

例えば、

全国には数百カ所の
救命救急センターがありますが、

ここは生死の境をさまよう
重篤な病状の患者さんに、

高度な医療を提供する場所です。

そしてこの場所には、

人名をなんとか救いたいと言う
使命感に燃えた

やる気のある医師たちが
集まってきます。

私たちは誰も知るように、

長年の努力と多くの学費をかけ
医師たちは医師免許を苦労してとり、

そして医療の現場に飛び込みます。

救急救命医師の厳しい環境

ところが救急センターの現場というのは、

就労時間が不規則で
拘束時間が驚くほど長く

ろくに睡眠すらとれないようです。

さらに常に人間の死に向き合う
過酷でストレスの多い、

医療現場の中でな最も
厳しい現場の一つと言えます。

それに比べ他の現場より
給料が良いかと言えば
そんな事もありません。

もちろん志を高く保ち、

やる気と強い体力で
過酷な業務を乗り切る医師もいます。

しかし、当然
中には身体を壊したり、

メンタルがやられてしまい
使命感を維持できなくなる人も
出てきます。

そんなとき、

非常な事ですがその医師たちは
現場から使い捨てられるのです。

プライドが高い人ほど不安を感じる

もちろん実際には解雇ではなく、

肉体的にも精神的にも
負担の少ない別の科に
異動するだけです。

客観的に見れば

「ストレスの少ない科に
移れてよかったのではないか」

と感じるものですが、

救命救急を志すやる気があり
プライドの高い医師は、

「使い捨てられた」
「一線を退かねばならなくなった」

という意識に苛まれ
深刻に考えてしまうのです。

肉体や精神を壊してまで
働く必要はありませんし、

年を取って続けられる
仕事でもなく、

いずれその立場を離れるなら
その時期が多少早まったに
過ぎないわけです。

それでも中にはその処遇を
不満に思い、

使い捨てられたと感じてしまい、

立ち直るのに時間が
かかってしまう人も
それなりにいるのです。

将来捨てられるのではないか?…

では、使い捨てられた
と感じやすい人には

どんな特徴があるのでしょうか。

そう感じやすい人は、

まじめで、融通の効かない人が多く、

小さな事に悩みがちと言う
傾向があると思います。

そしてそう言う人に限って、

将来、使い捨てられるのではないか
という不安を人一番抱え込んで
しまいます。

ではなぜ、

「使い捨てられやすい世の中」

になったのでしょうか。

私はここに成果主義の
影響が色濃く出ているように
思います。

最も分かりやすい例が
総理大臣です。

ここ何年もの間日本の
総理大臣は、

ほぼ一年ごとに交代しています。

最初は高い支持率で
期待されたとしても、

成果が出ないと瞬く間に
支持率は急落し、

すぐにクビになってしまいます。

日本の政治家は使い捨て?

総理大臣だけでなく、

政治の世界では議員全てに
使い捨てと言う言葉が
当てはまってしまいます。

2012年12月に行われた
衆議院選挙では、

始めて政権を取った民主党が

失政によって議席を
大量に失いました。

これも成果が出せなかった
事が原意で、

たった一期も持たずに
評価はゼロにまで
落ち込んでしまったわけです。

まさに「0か100か」
の世界です。

こんな不安定な事はありません。

部分的に見れば民主党も
成果を出したものもあるでしょう。

しかし期待された全ての
面で成果を出せなければ、

一気にゼロになってしまうのです。

今の日本にはそんな怖さが
漂っているのではないでしょうか。

これが使い捨て社会の
大きな問題点なのです。

使い捨て社会で湧く不安定な感情

使い捨てにされる問題は
政治家だけではありません。

芸能界も同じような
世界と言えるでしょう。

例えば芸人さんなら、

昔であれば一発屋と
呼ばれるような人も、

一度売れたら3年くらいは
持つような業界だったと思います。

しかし今ではブレークしても
もって一年、悪ければ半年で
テレビから消えるような、

短いスパンで使い捨てられる
と言って良いでしょう。

来年もまだ生き残っているか
どうかを逆にネタにして
人気を引っ張る芸人さんもいますが、

彼らにしても心中穏やか
ではないはずです。

首相という日本のトップが
使い捨てにされ、

日本の行く末を託した
政治家も使い捨てにされます。

華やかに見える芸能人も
使い捨ての世界です。

そんな非情な世の中に
いきているせいか、

将来の不安定を目の当たりに
感じてしまいます。

私たちも不安ばかりが
先に立つのでしょう。

もちろんこれはビジネス
の世界も無関係ではないのです。

将来の不安、不安定ではやる気が出ない

昔は正社員でさえいれば
全てが安泰でした。

しかし現代では
非正規雇用や契約社員など、

雇用形態が不安定な人が
激増しています。

まさに彼らは使い捨てを
前提に雇用された人と
言えるのではないでしょうか。

将来の保証や安定がなく
毎日を不安の中で生きています。

昨今は正社員と言えども
いつ切られるか分からない
という世の中になってきました。

いつ使い捨てられるか
分からない社会でやる気を出せ
と言われても、

それは難しい事でしょう。

やる気を出して一生懸命に
仕事をすれば、

自分の価値観に見合った
ものが手に入り、

将来も安定するというのが
モチベーションになるのです。

しかし、やる気を出しても
良い事があるかどうか分からない、

やる気を出しても
使い捨てられるかもしれない

という不安や不安定な感情が
充満しているのですから、

そうした状況もやる気を
阻害しているのでしょう。

こうした使い捨て社会の問題点を踏まえ

しっかりモチベーションコントロールの
やり方を学んで行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>