集中力の限界に注意、休憩やメリハリでコントロールするコツ

集中力の限界に注意、休憩やメリハリでコントロールするコツ
今回のテーマは、

集中力の限界に注意、休憩や
メリハリでコントロールするコツ

について紹介します。

万物には残念ながら限界があります。

時間も有限ですし、
寿命も有限です。

どんな力も無限にはありません。

だからこそ貴重なものであり、
大切に使わなければ行けないのですが、

中でも集中力は貴重な
エネルギーと言えるでしょう。

スポーツにおいても、
ビジネスにおいても、

成果をあげる為には
集中力を持ってタスクに
取り組むことは重要です。

その為に、

成功者や一流のアスリート
たちは集中力を高める

メンタルトレーニングを
行っているのです。

しかし、残念ながら
人間の集中力はそれほど
長くは持たないのです。

一般的に、集中力の限界は
60分から90分程度と
言われています。

個人によって異なると思いますが、

二時間以上集中力を持続させる
ことはかなり難しいでしょう。

この辺りの力の配分やコントロール
するコツを覚えておくべきです。

スポンサーリンク

イチロー選手の集中力の秘密

こうした集中力の限界を
知っておくことは、

集中力を有効活用する為に
必要なことなのです。

スポーツの世界では
既に常識となっていて、

だからこそイチロー選手は、

毎打席、儀式のように

「ここぞ」という時に
集中力を高める心理テクニック
を取り入れて、

ピンポイントでゾーンに入る
工夫をしているのでしょう。

いくらイチロー選手でも
試合中ずっと集中はできません。

だからこそここぞという場面で
力が発揮できるよう、

メリハリをコントロール
しているわけです。

ビジネスの現場でも
集中力の限界に気を配る
必要があるでしょう。

10時間ぶっ続けで仕事を
しようと思っていても、

それは不可能なことです。

集中力の限界に注意!

無理にデスクにかじりついていると
かえって効率を落とすことにも
なりかねません。

集中力を維持したいと思うなら、

逆に長時間集中しようとは
思わないことです。

集中力には限界があることを理解し、

1時間か2時間仕事をしたら、

10~15分程度の休憩を
入れてリフレッシュすることを
オススメします。

休憩中にコーヒーを淹れて、
ゆったりと味わうのも良いでしょう。

何も考えず、ただボーッとして
いるのも良いと思います。

デスクワーク主体なら、

軽く体操のようなことをして
身体を動かすというのも
気分転換になります。

もちろん一日の終わりは
睡眠と言う休憩も大切です。

こうしたメリハリを聞かせた
集中力のコントロールが

長期的に集中状態を長く
持続させる為に必要なのです。

集中と休憩のメリハリが大切

一日集中して仕事を続け、

夜も休まず仕事を続けていれば、
身体を壊してしまいます。

一日の間に休憩を入れるのは
現代人に必須のスキルです。

ただここで問題は、

休憩を終えて仕事を再開するとき、

再び集中状態に入るのに
時間がかかるということです。

また集中する為の儀式ルーティンや
心理テクニックを使って、

集中力を呼び込むのも
良いのですが、

休憩する度に時間が
捉えてしまうことです。

そんな時に役立つテクニックを
一つ紹介します。

それはとても簡単な方法で、

普通は仕事に一区切りついたとき、

「じゃあ、キリが良い
からちょっと休憩しようか」

ということになると思いますが、

あえて次の仕事にちょっと
手をつけて休憩に入るのがコツです。

メリハリとコントロールするコツ

ちょっとやりかけの状態に
あえてしておくことで、

休憩をしていても
頭は完全にオフにならず、

どこで次をどうしようかと
ぼんやり考えています。

するとさあ「仕事を再開しよう」

という時にすぐにスイッチが
入りやすくなるのです。

例えるなら、

パソコンをシャットダウン
するのではなく、

スリープ状態にして休憩
するようなものでしょうか。

オンとオフを上手に使い分ける、

オフもシャットダウンではなく
スリープにしておくのです。

こんなちょっとした
工夫をする事によって、

休憩を取っても集中を完全に
途切れさせることなく、

すぐに集中状態を呼び覚ます
ことができるのです。

集中力の限界に達しないよう
休憩やメリハリでコントロールする
コツや秘訣を身につけておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>