優先順位を付け集中力アップ、焦り・散漫になり集中力ダウン


人生を変える力のある集中力…

ですが、それを内側・外側と
分けることもできるのです。

これまでいくつか集中力を
高める為の心理テクニックを
紹介してきましたが、

それは自分のコンディションを
整えて集中力をアップさせる、

という方法でした。

ただ、これらをやっても
ときにはなかなか集中
できない日もあるでしょう。

集中しなければ行けないと
思えば思うほど、

意識が散漫になり、

なかなか一つのことに
意識が向けられない…

私も当然経験があります。

集中できない原因の
ひとつは「焦り」でしょう。

仕事が山積みになってどこから
手をつけていいか分からない、

目の前に襲いかかってくる
難題や課題やトラブル…

どれだけ頑張れば片付けられるのか、
いくら頑張っても終わりが見えない。

そんな焦りが、集中力を妨げるのです。

スポンサーリンク

優先順位を付けると集中力がアップ

これが外部の集中力です。

そしてこれも整理整頓し、
フォーカスして絞り込むのです。

やらなければいけない
のは分かってても、

集中力がダウンしてしまった…

そのような状況に
陥ってしまった時は、

仕事を整理して優先順位
をつけてみることです。

溜った仕事を、今すぐ
やらなければならないもの、

明日でも間に合うもの、
もう少し余裕があるものと
リストアップして行きます。

そして、

「今日やるべきことはこれ」

と優先順位を付けるのです。

頭の中で漫然と考えていると
焦り、考えが散漫になり、

知力、体力、気力が少しずつ
奪われて行くものです。

1日24時間は限りがあります。

人生も限りがあります。

集中力アップダウンをコントロールする

無駄なこと無意味なことを
だらだらやって振り回される。

非常にもったいない時間の使い方です。

だからこそ優先順位をつけるのです。

仕事をするとなれば、
やれることはたくさんありますが、

やるべきことは限られています。

それに集中してやる方が
結果は出るものです。

あるチームで監督をする

サッカーの試合に臨む
為のプランニングも、

同じような考えを出すそうです。

試合の二ヶ月前、一ヶ月前は、
フォーメーションの確認や

連係プレーの精度の向上、

個人スキルのレベルアップなど
やるべきことはたくさんあります。

二週間前、一週間前になると、

ある程度戦略もまとまり、

それに向けた練習も
積んできているので、

やらなければならないこと、
覚えなければならないこと

は減って行きます。

やるべきことをリストアップしよう

そして、試合前日、

選手たちがやらなければ
ならないのは、ただひとつだけ

気持ちよく眠ることです。

大事な試合前に集中力が
ダウンしてしまわないよう、

あらかじめ環境を作るわけです。

ちょうどピラミッドの
頂点を目指すように、

したからやらなければ
行けないことを片付けて行き、

最終的にゆっくりと
休養をとるという一つの
目標にたどり着いた時、

ピークを迎えられるように
プランニングをするのです。

スポーツの世界でも
ビジネスの世界でも

できる人ほどこうしたエネルギーの
管理が上手いのです。

このときも、やるべきことの
リストアップと優先順位づけが
ポイントで、

何をいつまでにやらなければ
行けないのかを

「見える化」しておくことが
重要になってきます。

いつでも目に見える場所に置く

いくら音楽や呼吸で
心を整えたとしても、

目の前の現実が乱雑であれば、
集中力は発揮できません。

そこから考えると、

頭の中だけで優先順位を
付けるだけではなく、

きちんと紙などに書き出して、
やるべきことをTODOリストとして
リストアップした方が良いでしょう。

それほど込み入った
プランニングをする必要がなければ、

やることを付箋に書き出して
優先順位を付けて、

分かりやすくパソコンの端にでも
貼り付けておくのも良いでしょう。

「あ、そうか今自分はこれを
やらなければいけないのだ」

と分かれば、行動も楽になります。

頭の中が焦り・散漫になり
頭が混乱すれば集中力もダウンします。

そう言ったときは頭の中を
整理整頓し優先順位を付けると
集中力がアップするのです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>