メンタルトレーニングと目標設定、イメージと現実のギャップ


今回のテーマは、

メンタルトレーニングと目標設定、
イメージと現実のギャップ

について紹介します。

精神的な強さを身につけるには、

まず目標設定から始まります。

目標をしっかり設定するのは
メンタルトレーニングの
ベースとなるものです。

目標が定まっていない限り、

どれだけ精神力を強く鍛えよう
と思ってもうまく行きません。

明確で具体的な目標があるから、

人はやる気が出て行動力が上がり、

強い気持ちで前に進んで行く
事ができるのです。

なので早速、考えてみてください。

スポンサーリンク

メンタルトレーニングと目標設定のコツ

あなたの夢は何ですか?

今ここで頭の中に思い描き
イメージしてみてください。

あなたの夢や目標は何でも
よいです。

「お金持ちになりたい」
「ポルシェが欲しい」

でもいいですし、

「素敵な恋人が欲しい」
「家族が笑顔で暮らせる生活」

と言ったものでも構いません。

では次に一枚の紙とペンを
用意してください。

そこに、

ドラえもんの絵を描いてみてください。

何かを見て写すのはNGです。

あなたが頭の中で覚えている
ドラえもんを絵にするのがポイントです。

ではいいですか?

早速書いてみてください。

日本一有名なロボットなはず

いかがでしょう。

上手く描けましたか?

ここで正解の絵をネット検索して

ドラえもんの実際の容姿を
しっかり確認してみてください。

どうだったでしょう。

恐らく、多くの人は実際の
ドラえもんとは似ても似つかない、

へんてこな絵を描いたはずです。

このエクササイズで
自分の絵心を嘆く必要はありません。

ここで理解して欲しいのが、

イメージ・想像と現実の
ギャップに気づいて欲しかったのです。

日本人の誰しもが知っている
身近なドラえもんでも、

まともに描けないのが現実なのです。

誰でもドラえもんをイメージできるが…

脳の中にドラえもんの
イメージはあるはずです。

その証拠に、ドラえもんの
絵を見た時に、

「これはドラえもんだ」と
誰しもが認識できます。

つまり、頭の中には存在します。

アフリカのテレビも無い
村の人ならいざ知らず、

日本人なら誰もがドラえもんを
イメージすることができます。

にもかかわらず、

それを自分の手によって
具体化しようとすると、

まるで未知の生物のような
不思議な絵しか書くことができないのです。

これがイメージと現実のギャップです。

そして効果的なメンタルトレーニングと
目標設定をする為に、

この現実を知ることが重要なのです。

イメージと現実のギャップを埋める=成功

ここでもう一度先ほど
あなたが思い描いた夢や目標を
思い出してください。

あなたがどれだけ素晴らしい
夢を思い描いたとしても、

それを現実化しようとすると、

手元にあるドラえもんの
絵のようになってしまう可能性が
高いです。

頭の中に素晴らしい
イメージがあったとしても、

このまままではそれを
現実化して達成するのは
難しいのです。

では、夢や目標を達成して
現実化するのはどうすれば
いいのでしょう。

ここで必要になるのが、
トレーニングなのです。

例えば、

ドラえもんを上手に描けるように
なるにはどうすればいいか?

答えは簡単です。

実際のドラえもんを見ながら
毎日書く練習をすれば良いのです。

またポスターを貼り、
デスクトップの絵柄を変え、
Tシャツからマグカップまで、

日常使うものにドラえもんの
絵柄のあるものを使い、

毎日眺めていればどうでしょう。

ドラえもんのテレビや映画を見て
マンガを毎日読む、

こう言った生活をしていれば

誰でもどんな状況でも、

一ヶ月もあれば本物そっくりの
ドラえもんを上手く描けるようになります。

これがメンタルトレーニングと
目標設定の極意でもあります。

これと同じく、夢や目標の
実現に関しても、

しっかりトレーニングして、
常に意識して確認できる環境が重要です。

イメージと現実のギャップが
あるものですから、

そのギャップを埋める作業が
大切になってくるのです。

毎日目標を目にして、
自分がどこに向かおうとしているか、
どこに向かっているかを、

いつも頭に焼き付けておくのです。

そしてよりは訳より確実にその
実現をする為には

いくつかツールがある訳ですが、

メンタルタフネスを身につける、

目標達成ツールについて
次回紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>