リズムに合わせて繰り返し暗記する勉強・学習、脳への効果

リズムに合わせて繰り返し暗記する勉強・学習、脳への効果
今回のテーマは、

リズムに合わせて繰り返し暗記
する勉強・学習、脳への効果

について紹介します。

これから効率的に
何かを覚えて行くテクニック

について考えて行きましょう。

私の知人にお寺の息子がいます。

生まれてから20年以上、
お寺に住んでいたのです。

そのためか、かなり
長い経文を「経本」なしで
そらんじる事ができるそうです。

あんなに長いものを
どうやって暗記しているのか、

と尋ねた所、

少なくともその一部は、
物心がつく頃にはすでに
「暗記していた」そうです。

お寺という環境で育つ、

ある意味、親に強制されていた
とも言えるのですが、

毎日

「お経を唱えさせられていた」

のです。

しかし、それは彼にとって強制ではなく
むしろ遊びの一部であり、

2、3歳と言えば、

親にまとわりついて、
片時も離れずに一緒にいたがるころに、
親とお経を読む事が嬉しかったのです。

スポンサーリンク

繰り返し暗記する脳への効果

馴染みがない人にとって

意味も分からない、単調な文字を唱える
お経を覚えるのは大変なことでしょう。

しかし彼は自然に覚えて
しまったのです。

つまり、努力をして
「覚えよう」としなくても、

また意味を理解して
納得しようとしなくても、

とにかく

「十分な試行回数の繰り返し」

があれば、脳は覚えてしまうのです。

これは学習や勉強にとって
最も基本的なことになります。

ということは、

「とにかく繰り返して暗記する」

という方法が有効なのです。

算数で言えば「九九」
がそうですし、

化学の「元素記号表」
もそうでしょう。

だからこそまず
記憶術として使えるのが、

余計な事を考えずに、

リズムよくお経を読むように、

ただひたすら読んでいれば、

そのうち脳が勝手に
記憶してくれるはずです。

繰り返し暗記する勉強・学習は非効率?

ただし、

このやり方だと時間も
かかりますし、

意欲もなかなか沸きません。

大人になってから

興味もなく、信仰心もなく

お経をただ繰り返せと言われれば
苦痛以外の何者でもないでしょう。

何もかもを

「ただひたすら暗記する」

というのは上手い方法
とは言えないでしょう。

あれもこれもと欲張らず、
覚える必要のある

「コアな事柄」だけを、

ただひたすら暗記してしまう
というのが効率的でしょう。

今読んだばかりの文章など、

一時的に記憶した内容を
「短期記憶」と言います。

そして、そこに
とどめられた情報を、

何回も反復して思い出す事を
「リハーサル」と言います。

「短期記憶」の保持時間は
短く、何もしないと失われます。

そこでリハーサルによって、

短期記憶の情報をとどめる
時間を延長し、

脳の長期記憶へと転送する
確率を高める事ができるのです。

繰り返して暗記するというのは、

勉強、学習の基本になるので
ここは外せないポイントです。

リズムに合わせて繰り返し暗記する効果

退屈だが重要な繰り返しの学習を
いかに効率的に工夫できるか?

がポイントになってきそうです。

ところで、お経と言えば、
木魚が出てきます。

ある流派では木魚ではなく
太鼓を変わりに使うのですが、

木魚でも太鼓でも
要するに「リズムを一定に保つ」
事を目的にします。

リズムを一定にしながら
暗唱していないと、

すぐに人間の脳は疲れてしまいます。

人間は「リードされる」と
楽ができる訳ですから、

分かりきった内容を
ただひたすら暗唱するなどという
精神作業を行う時には、

リズムを保つ事ができないです。

また木魚でなくても
リズムを取る目的の為に、

メトロノームを使う
というテクニックもあります。

メトロノームというのは

ピアノの練習をする際に
最も使われる、

リズム調整装置ですが、

正確にリズムを刻んでくれるので、

脳に一定の安心感を与え、
退屈な作業を楽にこなせる
ようになります。

「メトロノームが鳴ったら、
暗記の勉強をする」

という習慣が身に付く
ようになれば、

暗記もすぐに達成されるでしょう。

リズムに合わせて繰り返し暗記する
ことは脳への効果が高いのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>