仕事、スキル、趣味も上達が早い人、上達が遅い人の違いと特徴

仕事、スキル、趣味も上達が早い人、上達が遅い人の違いと特徴
今回のテーマは、

仕事、スキル、趣味も上達が早い人、
上達が遅い人の違いと特徴

について紹介します。

何事もスピードが求められる
現代社会では、

仕事をしている限り、
私たちは絶えず新しい知識や
技術やスキルの習得に迫られます。

新しい資格を取得したり、
新製品について知識を取得したり、

新しいコンピューターソフトを
使いこなしたりする必要性に
絶えず迫られるものです。

また、仕事を離れても、

趣味の世界で、心の翼を
心地良く伸ばす事が、

良い休憩になり、明日の仕事に
対する活力を再充電してくれます。

けれども、趣味であっても、
やる限りは上達したいものです。

何年やっても技量が進まない…

では嫌になってきますし、
自分自身が楽しめません。

万年初心者ではつまらないものです。

そんなとき周りを見ると、

何をやってもしばらく経てば
ある水準まで上手になる人が
いるものです。

スポンサーリンク

結果が出る人でない人の違い

そう言う人は、

元々才能があるのかもしれませんし、
いわゆる器用な人なのかも知れません。

たとえ接待と言っても、

ゴルフをそつなくこなし、
自分もほどほどに楽しみ、

カラオケに行けば、

よった客がふと静かに
耳を傾けるほどに歌を歌い、

英語が必要となれば
いつの間にか身に付けている、

そう言う上達が早い人を見ていると、

器用貧乏という言葉では
片付けにくいものです。

そうかといって額に汗を流して
必死に努力をしている感じも
しないのです。

ものすごく進歩が速いと
いうわけではないものの、

一定時間の後には
キチンとこなしています。

信頼される上達が早い人の特徴

新しい仕事や難易度の高い
仕事を与えられても、

いつの間にかキチンと自分の
ものにしていたりする。

そう言う人がどの会社にも
いるものではないでしょうか。

あいつに任せておけば
とりあえずある線まではキチンと
やりそうです。

そう言う感じに信頼できる
雰囲気も漂っていたり、

そんな人もいるものです。

そう言う人は、実は、
上達の法則を身体で知っている人
と言えるでしょう。

多くの場合、子供の頃に

何かをかなり深く身に付ける
経験を通じて、

上達の一般側を体得しているのです。

その体得が、新しいものを
身につける時に、

自然に活かされているのです。

上達には法則があります。

近道かどうかはおいておいて、
法則があるのです。

その法則が把握できている人ほど
努力の効率がいいと言えます。

そして上達が遅い人も、

その法則を知れば、
上達の早い人になれるのです。

仕事、スキル、趣味でも

同じ努力をするなら、せめて
効率の悪くない努力をしたいものですね。

仕事の上達が遅い人であれば…

現代社会は能力主義の時代
と言われています。

終身雇用的な職業観の
時代が終わりを告げ、

グローバルな能力の
競争時代が始まろうとしています。

また職業のIT化によって
同じ職業についても

次々に新しい知識、
新しい感覚を取り込む事が
必要になってきています。

ここ十年間の職場の変化
だけを見ても、

多くの職場で一卓に
パソコンが一台ずつあるのは
当たり前になっていますし、

社内の稟議や相談も
LANの使用が当たり前になっています。

OSもソフトも次々と更新され、

最新のソフトをすぐ使いこなさねば
すぐに追いつかなくなります。

仕事以外でも求められる上達スピード

事務的な仕事だけでも
これだけの変化があるのですが、

それに加えて、多くの産業で

規制緩和などによる資格や
商品知識の多様化が急速に
起こっています。

そして身の回りを見れば、

そのような変化に、
ある程度悠々とついてきている
上達の早い人と、

ギリギリでついてきている人と、
置いてきぼりになりつつある
上達の遅い人もいます。

さらには、

変化について来れるだけでなく、
変化を楽しみ、

その先どのような
状況になりそうかを

ある程度正確に予測できる人
までいます。

一方で、その対極には
変化そのものがストレスに
なる人もいます。

上達が早い人、遅い人の差は広がる

変化に気後れせずに
ついて来られる人は、

上達という事を自分なりに
掴んでいる人なのです。

上達という事を
自分の経験として掴んでいると、

いざという時にはキチンと
追いつけるという自信があるので、

必要な技能はすぐ身に付け、
今すぐ必要でない技能の習得は、

自分の判断で見送るという
心理的な自由度もあります。

そう言う人は仕事において
安心感があります。

今、どうにもできないスキルでも

あの人なら、いざとなれば
きちんと間に合わせるだろう
という信頼感があるのです。

まだ何もしていなくても
潜在的にこのように、
信頼される人と、

間に合わないのではないかと
信頼されない人とでは、

大きな差があると言わざるを得ません。

この種の信頼を勝ち得る人も、
往々にして上達を知っている人なのです。

あなたはこれから

上達が早い人になりたいですか?
それとも上達が遅い人で良いですか?

少しでも早い上達を臨むなら
これからの話をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>