国際競争では個人も日本だけではグローバル社会で取り残される

国際競争では個人も日本だけではグローバル社会で取り残される
今回のテーマは、

国際競争では個人も日本だけでは
グローバル社会で取り残される

について紹介します。

日本脱出して、海外生活
する人の多くは、

日本が嫌いだったり、
日本の未来を悲観して捨てた…

と言う訳ではないです。

たまたまのきっかけ、

ビジネスを行うチャンスが
あったのが海外であったり、

ちょっとした興味や好奇心から
海外で住むようになった人が
ほとんどです。

海外生活をしている人と話しをすれば、

みな日本が大好きで、
再び繁栄して欲しいと願い、

日本社会の事を日本国内に
暮らす人より真剣に考えています。

スポンサーリンク

グローバル社会で取り残される日本人

しかし、
特に子供の教育を考えると、
日本に戻りたいと感じる人は少ないです。

世界を股にかけて活躍できる
人材のスタートラインに立ち、

日本に刺激を与えるような
存在になって欲しいと願う場合、

子供たちは海外で教育を受ける事で、

日本だけでなく、世界にとって
役に立つ人材に育つ可能性は高いです。

これからますます国際競争は
激しくなって行く中、

勝ち残れるスキルが必要です。

今の日本の停滞を救う、
一番の可能性は人材でしょう。

海外に出て日本人を
世界レベルで比較した時、

非常に有能である事は
間違いないでしょう。

ただ、多くの人が世界に
目が向いていないが為に、

その力を日本国内だけでしか
発揮できず、

海外を上手に利用できていない
と言うのが惜しい点です。

最近では以前うまく行っていた
日本の大企業が国際競争に
勝ち残れなくなっています。

この流れは個人にも波及します。

上手く行く人はいつの時代も
しっかり未来を見据えて
準備をしている人だけです。

個人が国際競争で生き残る方法

島国で安住する保守的な人ほど、

国際的なグローバルな視点で
ものを見るのが苦手なため、

市場が先細りしているのが
今の日本かもしれません。

例えば英語で情報を
発信する事ができれば、

インターネットが発達して現代では、

世界中から注文を集める事も
難しくないのは、

理解してもらえるのでは
ないでしょうか。

あまりにも海外の事情を
知らない為に、

日本国内だけで報われない
努力をしたり、

間違った方向に力を
注いでしまう人が多すぎる
のではないでしょうか。

これからの社会では日本だけでは
グローバル社会で取り残される
可能性が高いです。

わざわざ市場が狭くなって行く
厳しい競争の中に身を投じる
必要はまったくないのです。

成長している国であれば、
日本のビジネスや技術を
そのまま持って行くだけで、

ある程度の成功は見込めたりします。

日本の常識は通用しない

私たちが望もうが、望まないにしろ、

社会は独自のスピードで動くのです。

これからの社会が、

情報化、知識化、グローバル化

に進む事は紛れもない事実です。

であれば、考え方としては、

個人もしっかり準備をする事です。

日本社会で上手く行くルールと
グローバル社会で上手く行くルールとは
まるで違うものです。

自分と違う考え方を受け入れない

はっきりとした返事をしない、

やたら謙遜したり謝るなど、

日本人のビジネス習慣は独特で、

他にあまり例を見ないと
言って良いでしょう。

そしてその事に気づかず
ビジネスを進め、

うまく行かないケースも
少なからず目にします。

交渉下手というのもありますが、

やはり一番の大きな原因は、

異なる文化の人たちと接する
機会があまりにも少なく、

自分の意見を伝える事が
お互いの為だと言う事を
理解していないからかも知れません。

グローバル社会のルールを身につける

日本が経済的に強かった
時代はそれでも良かったのです。

諸外国がこぞって日本の
やり方を学び、

取り入れようとさえしていたのですから。

でも今は時代が違います。

自分たちにやり方に固執していては
取り残されるだけです。

こちらが、世界の
ビジネスマナーを学び

相手と対等に渡り合えるように
しなければなりません。

個人も国際競争で戦える
スキルを身につけて行くべきです。

日本人は、意見を交わさず、
ぶつけることは、

プライベートには影響しない事を
知った方が良いでしょう。

オフィシャルな場面での
意見の対立はあくまでも
お互いの利益の為であり、

個人攻撃されている訳では
ないのです。

グローバル社会に目を向け始めよう

日本人特有の、周りとの
和を意識するあまり、

自分の意見を主張する事を
避けるのは、

国際社会では通用しません。

自分の考えを伝える
=お互いを理解し合う為の良い事

と考えるのが国際社会の
ルールな訳です。

コミュニケーションのルール
一つとっても、

日本の常識だけでは立ち行かないのです。

また、日本人は親しく
なればなるほど、

シビアにスキルやお金の話が
できなくなる傾向にあります。

ビジネスはビジネス、
プライベートはプライベートと
きっちりと分け、

どんなに仲良くなっても仕事で
言うべき事は伝えなければなりません。

関係が近くなっても仕事上での
確認すべき事はしっかりする、

できる事、できない事は、
ハッキリ伝えるのがお互いの
為なのです。

以上、さまざまな考え方がありますが、

これから進む国際競争の中で

組織も個人も日本だけに
視点を向けているだけでは

グローバル社会で取り残されるのです。

一歩ずつ世界に視点を向けて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>