国際感覚を持ったグローバルに活躍する子供の育て方、教育方針


今回のテーマは、

国際感覚を持ったグローバルに
活躍する子供の育て方、教育方針

について紹介します。

私たち大人だけでなく、

私たちの子供の世代には、

やりたい事を実現し、
幸せに暮らす為には、

グローバルに活躍の場を
広げなければ、

何も叶わない時代になっている
と私は確信しています。

日本人の教育方針として、

これまでのように

国内で良い大学に行って
良い就職をする…

と言うのは時代遅れになりかねません。

どういった人生設計をするにせよ
そこにグローバルな視点が
必ず必要になります。

もちろん今でも時代は、
急スピードで変化していますから、

働き盛りの年齢の人も

海外と言う選択肢に目を
向けて欲しいと思います。

スポンサーリンク

国際感覚を持った人が活躍する時代

これからの時代は、

日本だけを視野にいれているのは
あまりにも危険でしょう。

今の日本企業は意固地になっている
昔気質の職人さんのようなものです。

せっかくの技術を活用した
商品を売ってくれと言う
お客さんが後を絶たないのに、

知り合いにしか売っていない
ようなものです。

また、多くの日本人は
その職人さんに弟子入りしていて、

マジメに働けば何かきっと
いいことがあると、

それだけを信じて外に
目を向けていないようなものです。

ちょっと視点を変えて
外国に売る、

真面目に働くなら場所が
海外でも同じと考えられる
ようになるだけで、

人生は一変します。

特にこれからの時代は
この流れが加速するでしょう。

国際感覚を持った
グローバルに活躍する子供の
育て方をしなければ、

取り残される可能性もあります。

日本人=英語ができないと言う常識

あるとき香港で、
ショッキングな事がありました。

あるときテレビ番組の企画で
旅行者向けに

「あなたはなぜ香港に
きているのか?」

と言う該当アンケートを
行っていました。

ところが何をやっているのか
興味を惹かれた私が近づいても、

話しかけてきません。

相手が喋っている英語を聞けば、

「あの人は日本人だから、
英語がわからないから
話しかけても無駄だよ」

と言っているのです。

日本人は英語が苦手という
イメージは世界にも広がっています。

これは非常に悔しい話です。

子供の育て方と語学教育の問題点

当時はまだ

「ジャパンアズナンバーワン」

と国内では言われていて、

みなが日本と日本人に
興味があると思っていた
私にはショックでした。

それと同時に英語が
理解できないと言うだけで、

知らされていない事がたくさんあり、

取り残されているのでは
ないかと不安になったものです。

特に日本、学校の英語教育は
非常に非効率な事も原因しています。

しかしこのままではまずいです。

子供の教育方針として
しっかり語学教育も考えなければ
いけません。

国や既存のシステムに
頼っていては行けません。

これからは家庭内でしっかりと
グローバルな育て方をしなければ、

子供の国際感覚は磨かれません。

日本は歴史的に見ても、

海外の文化を上手く取り入れて
自分のものとしてきました。

きっかけさえあれば、

自分たちのアイデンティティは
残しながらも、

外国と上手くやっていけるでしょう。

逆に自信がない、

海外の事を良く知らないと
言うだけで怖じ気づいて、

多くのチャンスを失う、

そんな事だけにはなって
欲しくないと思います。

国際感覚を教育方針に加えよう

これからの子供たちには、

色々な語学を習得する
マルチリンガルがどんどん
増えて行って欲しいと思います。

これからは、

英語だけでなく中国語を
学ぶのも役立つでしょう。

日本人は漢字を知っているので、

他の諸外国の人たちより
遥かに学びやすい言語でしょう。

漢字の読み書きができれば
コミュニケーションはできるので、

それをきっかけに興味がでれば、

後は会話を練習すれば
上達して行きます。

子供ならもっとスムーズに
習得できるかもしれません。

余談ですが、

中国以外の国に住む華僑たちは、

会話はできても漢字は
書けない事が結構あります。

漢字の読み書きができる
日本人は尊敬されたりします。

このサイトでも語学習得の秘訣など
どんどん紹介して行くつもりです。

グローバルに活躍する子供の育て方

今グローバル化はどんどん
進んでいます。

国内に引きこもっているだけでは
世界に取り残されてしまいます。

ましては自分たちの
子供の時代には

グローバル化と言う言葉も
当たり前すぎて聞かなくなるくらい
地球は一つになって行くはずです。

そんな時代に向けて、

あなたが子供に贈れる
最大のプレゼントは、

海外と親しむ環境であり、
国際的に通用する教育、

なのかも知れません。

また、自分自身にも可能性を広げ、

ポジティブな未来を作り、

夢を実現する為に
海外を活用すると言う選択を

与えてあげて欲しいと思います。

国際感覚を持ったグローバルに
活躍する子供の育て方を
教育方針に加えて欲しいと思います。

ではこれから、

世界的視野を鍛え、

「国際的に活躍する」
グローバルビジネスマン

としての一歩を踏み出しましょう。

気負う事もなく、
特別な事も不要です。

あなたのペースで一歩一歩
歩んで行きましょう。

あなたや大切な人の人生は
100倍楽しくなる事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>